« 名古屋の日じゃなかった | トップページ | 鬼門の向こう側へ »

2008/08/18

苦手克服?

神戸 1 - 2 名古屋

神戸は苦手なイメージがあったのですが、今シーズンは負けなし。この試合も小川の2ゴールで劇的な勝利です。1試合休んで(サテライトには出ていたようですが)リフレッシュできていたのか、豊富な運動量はそのままに、ひとつひとつのプレーや状況判断の精度が一時よりも良くなってました。小川だけでなく、チーム全体としてのスムーズなボールの動かし方や球際の強さも、良かった頃の状態に戻りつつありました。ゲームをコントロールしていたと思います。大久保のシュートがもう少しマシだったらどうなっていたか解りませんが。

一番印象に残っているのは、残り時間5分くらいで右サイドで得たFKの時に、中村直志がクイックリスタートでボールを受けようとして後方から長い距離を走って前に出て行ったシーン。その切り替えの早さと、労を厭わない献身的な動きは完全復活間近を思わせてくれるものでした。

後半に発動した2度のカウンター。最初のは3対1、2回目は4対2という圧倒的有利な状況にもかかわらず決めきれなかったのはイタイです。それ以外にも、巻のループ、ロスタイムのマギヌンのも決めなきゃいけないところです。そりゃミスターもマーカーを蹴り飛ばしたくなりますって(スカパーで見ていたのですが、自分で元に戻しているところが抜かれていてちょっと和みました)。このあたりが首位鹿島との得失点差に現れています。

U15はクラブユース決勝でG大阪ジュニアユースに1-0で勝利。見事優勝したそうです。最近下部組織も活躍が目立ってきました。クラブとしての総合的な力がついてきていることの証明になっていると思います。うれしいことです。

|

« 名古屋の日じゃなかった | トップページ | 鬼門の向こう側へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/31342/23053256

この記事へのトラックバック一覧です: 苦手克服?:

« 名古屋の日じゃなかった | トップページ | 鬼門の向こう側へ »