« いろいろ | トップページ | インハイなでしこナビスコU23 »

2008/07/28

川崎戦感想&阿部キタ

川崎 1 - 1 名古屋

前半立ち上がりは川崎ペースも、先制してからは名古屋のペースだったと思います。相手に持たれることが多かったけど、取ったらカウンター気味に素早い攻撃を仕掛ける意図が見られ、そのカウンターに移る時の切り替え、各選手の動きも無駄がなく、チームとしてやることが整理されているように見えました。ポゼッションは相手に譲っていたかもしれないけど、要所は抑えていてそれほどやられている感はなかったです。むしろ追加点を取っておきたかったと思えるくらいの前半でした。
後半は、川崎の中央突破が激しさを増してきて同点とされてしまいますが、そこで落ち込むことなくしっかりと立て直していました。ピンチもあったけど、チャンスも作っていて互角の内容だったと思います。
今の名古屋は、一人のスペシャルな選手に任せるのではなくて、誰もがチャンスメイクをし誰もがフィニッシャーになるようなサッカーをしてます。だから、ゴールという結果は、その時攻撃の仕上げに関わった選手のプレーの精度や判断というものに左右される。この日は、特に小川の出来があまり良くなかったです。誰もがチャンスメーカーでありフィニッシャーになるとはいえ、その頻度が高いのはやっぱり小川(あとマギヌンもか)です。幅広い動きでチャンスを作っていた小川ですが、受けるまでは素晴らしいのですが最後のプレーが代表レベル以下。前半、後半に1回ずつあったDFの裏に抜け出してクロスという場面。どちらも中に合わせることが出来なかったのが残念でした。最近はミドルシュートも枠にいかないことも多いしちょっと疲れてるのかな。
左SBの阿部翔平が、とうとう日本代表候補に選出されました。粘り強いディフェンスに加え、ボールホルダーの外をクロスオーバーして数的優位を作る動きをサボることなく実行し(相変わらずマギヌンは阿部にあまりパスしないですが)、ボールを持ったら長短のパスを織り交ぜ攻撃のリズムを作る。ハーフウェー手前あたりから、逆サイドの深いところへビシッと通すサイドチェンジや、サイドライン際ギリギリを狙うグラウンダーの縦パスは見事です。

|

« いろいろ | トップページ | インハイなでしこナビスコU23 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/31342/22608632

この記事へのトラックバック一覧です: 川崎戦感想&阿部キタ:

« いろいろ | トップページ | インハイなでしこナビスコU23 »