« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008/07/28

川崎戦感想&阿部キタ

川崎 1 - 1 名古屋

前半立ち上がりは川崎ペースも、先制してからは名古屋のペースだったと思います。相手に持たれることが多かったけど、取ったらカウンター気味に素早い攻撃を仕掛ける意図が見られ、そのカウンターに移る時の切り替え、各選手の動きも無駄がなく、チームとしてやることが整理されているように見えました。ポゼッションは相手に譲っていたかもしれないけど、要所は抑えていてそれほどやられている感はなかったです。むしろ追加点を取っておきたかったと思えるくらいの前半でした。
後半は、川崎の中央突破が激しさを増してきて同点とされてしまいますが、そこで落ち込むことなくしっかりと立て直していました。ピンチもあったけど、チャンスも作っていて互角の内容だったと思います。
今の名古屋は、一人のスペシャルな選手に任せるのではなくて、誰もがチャンスメイクをし誰もがフィニッシャーになるようなサッカーをしてます。だから、ゴールという結果は、その時攻撃の仕上げに関わった選手のプレーの精度や判断というものに左右される。この日は、特に小川の出来があまり良くなかったです。誰もがチャンスメーカーでありフィニッシャーになるとはいえ、その頻度が高いのはやっぱり小川(あとマギヌンもか)です。幅広い動きでチャンスを作っていた小川ですが、受けるまでは素晴らしいのですが最後のプレーが代表レベル以下。前半、後半に1回ずつあったDFの裏に抜け出してクロスという場面。どちらも中に合わせることが出来なかったのが残念でした。最近はミドルシュートも枠にいかないことも多いしちょっと疲れてるのかな。
左SBの阿部翔平が、とうとう日本代表候補に選出されました。粘り強いディフェンスに加え、ボールホルダーの外をクロスオーバーして数的優位を作る動きをサボることなく実行し(相変わらずマギヌンは阿部にあまりパスしないですが)、ボールを持ったら長短のパスを織り交ぜ攻撃のリズムを作る。ハーフウェー手前あたりから、逆サイドの深いところへビシッと通すサイドチェンジや、サイドライン際ギリギリを狙うグラウンダーの縦パスは見事です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/25

いろいろ

soccer小川ヨシズミが日本代表(候補)に選出
嬉しいことです。オフザボールでの豊富な運動量がセールスポイント。長友と同じ明治大出身で1年先輩。長い距離をためらいなしに駆け上がっていきパスを呼び込むプレーぶりは、最近の代表ではあまり見られなかった光景だと思うので、そこのところをどんどんアピールしてきて下さい。あと最近、シュートが枠にいかない症に悩まされてますが、そこのところは微調整して合宿に臨んで欲しいと思います。出来れば川崎戦で一発お願いしたい。

soccer日本五輪代表×オーストラリア五輪代表

同点ゴールの場面、李はスルーしたことになってるみたいだけど、本当のところはどうなんでしょう?ただ、内田→李へのパスに対して森本、香川ら3人目、4人目が意識して動いていたことで生まれたかっこいいゴールだったと思います。内田、長友の両SBがいいです。ワクワク感があります。守備もちゃんとやります。内田にあの動きを求めるのならば、水野は必要ないなぁなんて思いながら見てました。クロスの質もなかなかでした。今がピークじゃなければいいのですが。SBはこの二人に安田(G大阪)、阿部(名古屋)、駒野(磐田)とか考えるとけっこう人材揃ってきたんじゃないでしょうか。本田圭はボールを落ち着けることは出来るけど、そこからのパスがブレまくりでした。ボールの動かし方、パスの狙いどころ、球質もあまりよくなかった。もっと出来ると思うのですが。吉田マヤは、痛恨の中途半端プレーをやってしまいましたが、その後は気を取り直してしっかりとやってたと思います。DFは、たったひとつのミスが命取りになってしまうことがある。怖いポジションです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/07/22

花井アシスト!

名古屋 4 - 0 大宮

久しぶりにゆったりと見ていられる試合でした。内容としては、細かいミスが多いとか動きが少ないとか気になることはあります。けど、無理をする必要がないという試合展開、今後も続く蒸し暑い中での過密日程などを考えたら省エネモードになるのもやむなしでしょうか。いいところもありました。吉村の攻撃センスが徐々に垣間見えるようになってきたり、バヤリッツァがクロスを跳ね返すだけならかなり頼もしいヤツだったり(つなぎはいまいちですが)、マギヌンに笑顔が戻ってきたり・・・。

リードした終盤、前掛る相手と広大なスペースに対して杉本を投入してカウンター狙いというのは定石なんだけど、そこに花井が加わることのワクワク感といったら尋常ではないですよ。あの状況なら、もういくらでもゴールのイメージが湧いてきましたから。実際に2人でダメ押しゴール奪ったわけだし。ただそのゴールは、あまりイメージにはなかった花井のヘディングによるアシストというものだったけど。左サイドでレアンドロ、村山を軽やかに抜き去ったシーンは何度もリプレーして見ました。あえてツッこむならば、その後はマギヌンに出さないで、GKとディフェンスラインの間にGKから逃げて行くような軌道のグラウンダーのクロスを入れて欲しかったです。例え杉本に合わなかったとしても。それと、スタートから出た時でも同じくらいに”いくらでも”にゴールのイメージを抱かせてくれるような存在になって欲しいです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008/07/21

花井聖Jリーグデビュー戦全プレー

名古屋期待のルーキー、花井聖のJリーグデビューを記念して、彼の全プレーを記録。オンザボールのみですが・・・

65分 中村に代わって出場。セントラルMFに入る。

66分 センターサークル付近で吉田からのパスを受ける。左足で記念すべきファーストタッチ。右に持ち出し右大外の竹内へグラウンダーのパス。

67分 自陣左サイドから中央のジウシーニョに向けての横パスのインターセプトを狙うも入れ替わられてしまう。

68分 ピッチ中央で前田とルーズボールの競り合い。体をぶつけられてバランスを崩す。そのままドリブルする前田を追いかけカバーに入った竹内からのパスを受けようとするもパスは流れてしまう。

69分 相手陣内中央でマギヌンから戻しのパスを受ける。1タッチ目で右を向くが持ち直して左サイドを上がってきた阿部へグラウンダーのパス。

70分 ハーフウェーライン付近右寄りで村井からボールを奪い右サイドのマギヌンへパス。この後、マギヌンのドリブルをファウルで止めた村井。イエロー(この試合2枚目)が出てもおかしくなかったプレー。

72分 相手陣内やや右寄りでヨンセンからの戻しのパスを受けると1タッチ目で右サイドへ持ち出し大外の津田へパス。スペースでもらおうとした津田とタイミングが合わずタッチを割る。

73分 相手陣内右サイドからのスローイン→ヨンセンからの戻しを胸でトラップし前進。PA手前で中央の巻へ浮き球のパス。そのまま中央へ流れ巻からのリターンを受ける。さらに前へ出ようとしたところでファウルを受けFKを得る(小川のフェイクからマギヌンが左足で狙うも大きく外す)。

75分 ハーフウェーラインやや左寄りでディフェンスラインでのパス交換に参加。阿部からのパスを左足アウトでタッチして相手のチェイスを外して増川へバックパス。

76分 相手陣内中央で右にいた小川からのパスを受けそのまま左へ持ち出し相手のチェックをかわして左サイドの阿部へグラウンダーのパス。

76分 自陣右サイドでの守備。相手の細かいパスワーク。カレンのポストプレーから上田に通る寸前にスライディングでカットし阿部に残す。

77分 自陣やや左寄りで巻が相手と競り合ってこぼれてきたボールを1タッチで左サイドの阿部へ。

80分 相手陣内右サイドで磐田のスローイン。ジウシーニョと競り合いヘディングではね返す。

81分 相手陣内右サイドで山口からの縦パスを受けすぐ外にいる津田へ横パス。

83分 磐田のCKをしのいだところからのカウンター。楢崎からのスローを受けて左サイドを相手陣内まで持ち上がったマギヌンからサイドチェンジのパスを右サイドで受ける。少し戻り気味に胸でトラップ。相手のチェックを内側に外してPA手前までドリブル。目の前をダイアゴナルに(右のスペースに)走りこんだ津田へ右足アウトでスルーパス。津田のグラウンダーの折り返しはゴール前で相手に触られてしまいCKとなる。

84分 相手陣内左寄りで阿部からのパスを受けると2タッチして右を向き右サイドを駆け上がる津田へ大きなサイドチェンジ。

85分 相手陣内中央で右サイドにいた吉田からのパスを受けると寄ってきた小川に残す。

86分 (吉田→花井→小川)→吉田→阿部→吉田と経由したボールがPA外右寄りにポジションを移していた花井に戻ってくる。2タッチで津田へ短いクサビを入れ同じ場所でリターンを受け左に残っていた吉田へ横パス。

87分 相手陣内右寄りで山口から横パスを受け中央左寄りにいる小川へさばく。

88分 相手陣内右寄りで吉田からのパスを受け右サイドの山口へさばく。

90分 楢崎のゴールキックを巻が競り合ったこぼれをセンターサークル付近で拾い吉田へバックパス。

90分 右サイド45度からのFK(PAの角まで10mくらい)。ライナー性の速いボールを入れるもペナルティスポット付近で相手にヘディングでクリアされる。

90分 そのこぼれを相手と競り合いながらキープし小川へ残す。

92分 小川のクロス→増川のヘディングシュート→相手のクリアをPA外中央で拾いシュートを狙うも相手DFにコースを消されていて右後方の小川へ戻す。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/18

花井Jリーグデビューも

磐田 2 - 1 名古屋

開始早々に相手のミスに乗じて先制。そこまでの試合への入り方も良かっただけに、これは楽勝か、なんて浮かれていたのも束の間、そこからは一方的に磐田ペース。パスミス。持ち過ぎ。生命線であるプレスは絶妙な距離と角度でサポートに入る磐田のパスワークにあしらわれ、逆にジウシーニョあたりが仕掛けるフォアチェックに引っかかりまくる。セットプレーの精度も酷い。バイタル手前がスカスカなのも相変わらず。本当に全くいい所がありませんでした。交代で巻、花井、津田が入ったことで、なんとか興味はつなぎ止めていたものの、見ているのが辛かったです。原因は暑さによる集中力の欠如?吉村不在による中盤のバランスの悪さ?シンプルさ、サイドチェンジといった基本的なやり方をもう一度思い出して欲しいところです。Jリーグデビューを果たした花井。巻からのリターンを受けてPA手前で引っ掛けられてFKをもらった場面、あそこは花井に自分で蹴って欲しかったな。この日の出来なら、先輩たちが蹴るよりは可能性高かったと思う。ちなみに、その後に右サイドやや遠めからのFKを蹴ったんだけど、あれはなかなかいいボールでした。その他のプレーは可もなし不可もなしといったところでしょうか。津田へのいいスルーパスが一本ありましたが、かなり安全運転でした。

何とも後味の悪い試合だったのですが、その後見た「マッハ!」のおかげでちょっぴり気持ちが晴れました。最後の戦いのフィニッシュブロー(ダブルニードロップ?)には痺れました。主役のトニー・ジャーが、なんとなく阿部翔平っぽく見えました。

320367view004 320367view006

320367view014 320367view011

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/15

行っておいで

名古屋グランパスの吉田マヤがオリンピック代表に選出されました。CBは、青山直、水本が当確で、ユーティリティ性を考えると残りの枠は伊野波、森重というのが一般的な見方だったのですが、4月に初めてU23に呼ばれてから3か月という短い期間で堂々と差し切りました。6月のカメルーン戦でフルに戦えたことが大きいと思います。あそこで、青山直、水本らとフィジカル面で遜色がないことを証明できた(今にして思えば、あれは最終テストの意味合いはなくてガチンコのスタメンだったという気もしているのですが)。ならば、足元の技術だったりフィードのセンスだったりで実績のある二人よりも評価を得ていて、さらに、いわゆるいじられキャラ的な明るい性格といったプレー以外の部分の評価も加味されての抜擢ということなのだと思います。グループリーグ突破を目指して、いいプレーをしてきて欲しいです。仮に3試合で敗退ということになったとしても、その経験は素晴らしいものになるでしょう。その前に、今季J初ゴールかなんかを置き土産にしていってもらえるとさらに嬉しいのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/13

ミスター語録「お前らオトコだろ!」

名古屋 1 - 0 

暑い中、最後まで運動量の衰えなかった名古屋が走り勝ちました。ハーフタイムの檄が効いたかな。フランサ対しては、まぁまぁやられました。吉村なんかもスコーンと抜かれてました。フランサが絡んだ時の柏の連動した人とボールの動きは敵ながら面白い。あれでまだ連携は30%くらいだとか。100%になったらどうなっちゃうんでしょう。ただ、フランサから李なりポポなり太田なりに決定的なパスが出るというのはあまりなかった。逆に、フランサのところに決定的ボールがこぼれてくることが多かったです。決してシュートがヘタな人ではないのでしょうけど、この日はことごとくシュートを外してくれました。李、太田がシュートするほうが怖かったかも。

後半開始から中村→山口の交代。ミスターによると中村があまり良くなかったからということなのですが、普通はチームの中心選手をあのように代えるのは勇気がいることだと思います。それをあっさりとやってしまうところは、温情とか贔屓目とかを排除して、選手の出来不出来をドライに見極める目を持っているということなのでしょう。頼もしい指揮官ぶりです。チームのどの選手のことも同じように信頼していることの現れだと思いました。この日の山口は、ただスペースをケアするだけではなくて、相手のボールホルダーにまとわりつくようなチェックを見せたり、積極的に前に上がって行ったりと、ミスターの起用にしっかりと応えていたと思います。

先制ゴールの場面、ヨンセンの右足のタッチ&ターン&左足はでした。終了間際の左足のポスト直撃弾も強烈でした。しばらくゴールが揺れてましたからね。この日のヨンセンは、ヘディングもほとんど勝っていたしポストワークも終始安定。文句のない出来でした。

そのヨンセンのゴール、お膳立ては名古屋のいい頃によく見られた”流れてしまったクロスを逆サイドで拾って再び中へ”という流れからでした。玉田のインターセプトから小川の追い越しはものすごいスピードでしたから、マギヌンはよくあそこまで詰めていたと思います。また、心からの笑顔とカニを見せて欲しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/11

名古屋の守備戦術とフランサ

少し前のエルゴラに載っていたのですが、今年の名古屋の守備の大原則は「裏を取られないこと」なのだそうです。極論すれば、シュートは打たせてもいいけど裏にパスを通させてはいけない、のだそうです。今年の名古屋を見てると、確かに思い当たるフシがけっこうあります。中盤を通過されると、ほぼノーチェックで一気にゴール近くまで運ばれるシーンだったり、自陣のいわゆるバイタルエリアあたりで少しモタついてみたり、最近では、このエルゴラの記事からインスパイアされたのか、対戦相手は積極的にミドルを打ってきてます。そして、この守り方は、次節の相手、柏に対してあまり相性が良くないような気がします。何と言ってもバイタルの魔術師フランサがいますからね。柏×G大阪を見たのですが、上手いです。かつてピクシーもそうでしたが、外国人の中でも別格です。ポジションとしては1トップなのですが(李は2列目、つまり4231の3の真ん中に表記されることが多い)、いわゆる前線で体を張ってというポストタイプではなく、少し引いたところをフラフラ(フランサだけに)しながらボールを受け、それに周りがどんどん連動していく感じ(こういうのを0トップというのかな)。受け手のスピードを殺さない、次のプレーがしやすいように計算されたパスは絶品です。名古屋としては、このフランサにマンマークを付けるようなことはしないだろうし、彼を自由にさせないというよりも、彼へのパスの出所(ポポ、太田、山根あたりか)を潰したいところです。そして、それでもフランサにボールが入ってしまった場合のことを考えると、パワー型の増川よりも、読みの鋭さのある吉田をCBに据えたほうがいいような気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/07

走りの差

新潟 2 - 1 名古屋

録画を見ました。負けるとわかっている試合を後から見るのはしんどいと思いきや、けっこう攻撃はいいところがありました。小川のクロス→ヨンセンのシュート(この時の小川の玉田を追い越す動きはすごかった)、小川のミドル、玉田のクロスバー弾・・・。最後の巻のシュートなんか、思わず声が出てしまいました。右SBの竹内の攻撃参加も、ナビスコ千葉戦に比べるとしっかりとしてきました。面白い試合だったと思います。ただ、全体的に新潟に走り負けていた感じがします。ていうか、新潟は行くところとそうではないところのメリハリがあったように思います。一方の名古屋は常にハイペース気味で、そこに中2日という日程面、高温多湿という環境面が絡まって、完全に足が止まってしまったという印象はないのですが、肝心な場面での体のキレだとか走りの部分で新潟との差になってしまったような気がします。マギヌンがいれば、もう少しスローな攻撃(=体力温存)も出来たのかな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/07/04

梅雨なのに

今年の梅雨は雨が少ない気がします。

せっかくリタもこんなに立派なレインコートを買ってもらったのに、なかなか着る機会があまりありません。

080603_120802

080603_120701

通称「リタばあさん」。かなり派手です。でもかわいい。ていうか笑える。。。一度だけこの格好で散歩に連れて行きました。家のそばにあるパン屋さんの駐車場係のおじさんのとお揃いでした。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008/07/03

ナビスコ杯準々決勝第1戦

千葉とアウェーで対戦です。前半14分にあっさりとヨンセンが先制すると、前半はそのまま淡々と過ぎていき、なんとなく盛り上がりに欠ける印象。昨年、一昨年見ていた、他チーム同士のナビスコカップの決勝Tはもっと白熱してたよなぁ(千葉×川崎とか)、1戦目なんてこんなもんなのかなぁ、と余裕をかましてたら、後半はけっこう盛り上がりました。巻がPA内で2度の決定機、斉藤のミドルにひやりとさせられ、お返しとばかりに小川、杉本が連続シュート(千葉GK立石にセーブされる)。さらにCKの流れからバヤリッツァと増川が超決定機を迎える(外すなよぉ)。どうせアウェーゴールを取るのなら勝っとけよ、と思っていたのでいい結果だと思います。ただ、パスミスが多かったです。攻撃に関しては鹿島戦のほうが良かった気がします。これでホームでの2戦目は引き分け以上でオッケーとなりました。それがまた難しいんだろうけど。しびれるような戦いを期待する一方、あまりハラハラさせないでスッと勝ち上がって欲しいとも思います。

・前半の阿部はすごかったです。ハーフウェーラインあたりから、サイドチェンジがズバズバ決まってました。左サイドライン際を通した深井への縦パスも見事でした。後半は相手が押し込んできたので位置取りが低くなってしまい、ゲームを作ることよりも安全第一なプレーでした。

・名古屋にとって待望のセットプレーからのゴールです。今後の戦いにおいて、セットプレーが計算出来るものになれば、これほど頼もしいことはありません。

・玉田がふくらはぎの打撲で新潟戦は無理っぽいです。深井もケガっぽい。心配です。それでも、ヨンセン、杉本、巻、津田がいるのですから、FWはけっこう層が厚くなりました。

・後半、深井がダメになった時は、攻撃的なコマが巻しかいなくて、深井→巻はちょっと違うだろうしどうするのだろうと思ってたら米山を入れてきた。3ボランチにするのかと思いきや、中村吉村を少し上げて杉本小川をサイドに張らせて4141っぽくして攻撃的な姿勢を保ったのは悪くないと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/01

フーゴネス≠司令塔

スペイン×オランダを見たかったという人が多いらしい。日本人は、攻撃型のサッカーが好きなんだということを改めて思いました。そして、我が国の代表チームも、ああいうサッカーをするようになればもっと観客も増えるのかな、とも。

スペインにあって日本に無いもの。2列目のからの飛び出し。フーゴネスのように、パスの出し手にも受け手にもなれる。しかも、ただ受けるだけでなく決定的なスペースへ飛び出して受けることが出来る。中盤にそういう両方出来るタイプが日本にはいない。昨年のアジアカップの頃は、中村俊、遠藤、中村憲あたりもどんどん出て行ってたけど、最近は「パスで満足」って感じです。日本には、ストライカーは生まれにくいけど優れたMFは多いというようなことが言われるけど、今大会のスペインの”創造者”たちに比べると、日本の”司令塔”はなんだか時代遅れのような感じがしてしまいます。C大阪の香川とか、名古屋の小川、花井なんかにはセスクやイニエスタ、シャビのようになって欲しいです。

オランダにあって日本に無いもの。足元の技術も持ち合わせた、しっかりとボールが収まる1トップ。それと、4231の3の両サイド。いや、サイドのプレイヤーは日本にもいるのだろうけど、前線でしっかりとボールが収まらないからサイド攻撃がスムーズに出来ない、サイドのプレイヤーが活きないとも言えるのかな。ていうか、ファン・ニステルローイみたいなFWがいてくれたら、日本ももっと強いだろうし、もっといいサッカーが出来るでしょうけどね。

スペインとオランダ、どっちを目指すのかといったらスペインになるんでしょう、やっぱり。どっちも簡単ではないですけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »