« 梅雨なのに | トップページ | 名古屋の守備戦術とフランサ »

2008/07/07

走りの差

新潟 2 - 1 名古屋

録画を見ました。負けるとわかっている試合を後から見るのはしんどいと思いきや、けっこう攻撃はいいところがありました。小川のクロス→ヨンセンのシュート(この時の小川の玉田を追い越す動きはすごかった)、小川のミドル、玉田のクロスバー弾・・・。最後の巻のシュートなんか、思わず声が出てしまいました。右SBの竹内の攻撃参加も、ナビスコ千葉戦に比べるとしっかりとしてきました。面白い試合だったと思います。ただ、全体的に新潟に走り負けていた感じがします。ていうか、新潟は行くところとそうではないところのメリハリがあったように思います。一方の名古屋は常にハイペース気味で、そこに中2日という日程面、高温多湿という環境面が絡まって、完全に足が止まってしまったという印象はないのですが、肝心な場面での体のキレだとか走りの部分で新潟との差になってしまったような気がします。マギヌンがいれば、もう少しスローな攻撃(=体力温存)も出来たのかな。

|

« 梅雨なのに | トップページ | 名古屋の守備戦術とフランサ »

コメント

こんにちは。
新潟、ホームでは強いですよね。
結果しか見てませんが、グランパスはいい試合をしていたんですね。
新潟に走り負けた・・・メリハリが無かった?
中2日の日程は選手にとってきついですね。

投稿: *aprile | 2008/07/08 14:01

*aprileさん
その中2日でも勝ちを続けている鹿島はたいしたものですねぇ。名古屋も見習わないと。テレビで見てたのですが、新潟が攻撃に移ると歓声が大きくなるんですよね。ずーっと歌ってるだけではなくて、観客にもメリハリがありました。

投稿: yamamo8 | 2008/07/09 12:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/31342/22129940

この記事へのトラックバック一覧です: 走りの差:

« 梅雨なのに | トップページ | 名古屋の守備戦術とフランサ »