« 行っておいで | トップページ | 花井聖Jリーグデビュー戦全プレー »

2008/07/18

花井Jリーグデビューも

磐田 2 - 1 名古屋

開始早々に相手のミスに乗じて先制。そこまでの試合への入り方も良かっただけに、これは楽勝か、なんて浮かれていたのも束の間、そこからは一方的に磐田ペース。パスミス。持ち過ぎ。生命線であるプレスは絶妙な距離と角度でサポートに入る磐田のパスワークにあしらわれ、逆にジウシーニョあたりが仕掛けるフォアチェックに引っかかりまくる。セットプレーの精度も酷い。バイタル手前がスカスカなのも相変わらず。本当に全くいい所がありませんでした。交代で巻、花井、津田が入ったことで、なんとか興味はつなぎ止めていたものの、見ているのが辛かったです。原因は暑さによる集中力の欠如?吉村不在による中盤のバランスの悪さ?シンプルさ、サイドチェンジといった基本的なやり方をもう一度思い出して欲しいところです。Jリーグデビューを果たした花井。巻からのリターンを受けてPA手前で引っ掛けられてFKをもらった場面、あそこは花井に自分で蹴って欲しかったな。この日の出来なら、先輩たちが蹴るよりは可能性高かったと思う。ちなみに、その後に右サイドやや遠めからのFKを蹴ったんだけど、あれはなかなかいいボールでした。その他のプレーは可もなし不可もなしといったところでしょうか。津田へのいいスルーパスが一本ありましたが、かなり安全運転でした。

何とも後味の悪い試合だったのですが、その後見た「マッハ!」のおかげでちょっぴり気持ちが晴れました。最後の戦いのフィニッシュブロー(ダブルニードロップ?)には痺れました。主役のトニー・ジャーが、なんとなく阿部翔平っぽく見えました。

320367view004 320367view006

320367view014 320367view011

|

« 行っておいで | トップページ | 花井聖Jリーグデビュー戦全プレー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/31342/22390115

この記事へのトラックバック一覧です: 花井Jリーグデビューも:

« 行っておいで | トップページ | 花井聖Jリーグデビュー戦全プレー »