« 名古屋の守備戦術とフランサ | トップページ | 行っておいで »

2008/07/13

ミスター語録「お前らオトコだろ!」

名古屋 1 - 0 

暑い中、最後まで運動量の衰えなかった名古屋が走り勝ちました。ハーフタイムの檄が効いたかな。フランサ対しては、まぁまぁやられました。吉村なんかもスコーンと抜かれてました。フランサが絡んだ時の柏の連動した人とボールの動きは敵ながら面白い。あれでまだ連携は30%くらいだとか。100%になったらどうなっちゃうんでしょう。ただ、フランサから李なりポポなり太田なりに決定的なパスが出るというのはあまりなかった。逆に、フランサのところに決定的ボールがこぼれてくることが多かったです。決してシュートがヘタな人ではないのでしょうけど、この日はことごとくシュートを外してくれました。李、太田がシュートするほうが怖かったかも。

後半開始から中村→山口の交代。ミスターによると中村があまり良くなかったからということなのですが、普通はチームの中心選手をあのように代えるのは勇気がいることだと思います。それをあっさりとやってしまうところは、温情とか贔屓目とかを排除して、選手の出来不出来をドライに見極める目を持っているということなのでしょう。頼もしい指揮官ぶりです。チームのどの選手のことも同じように信頼していることの現れだと思いました。この日の山口は、ただスペースをケアするだけではなくて、相手のボールホルダーにまとわりつくようなチェックを見せたり、積極的に前に上がって行ったりと、ミスターの起用にしっかりと応えていたと思います。

先制ゴールの場面、ヨンセンの右足のタッチ&ターン&左足はでした。終了間際の左足のポスト直撃弾も強烈でした。しばらくゴールが揺れてましたからね。この日のヨンセンは、ヘディングもほとんど勝っていたしポストワークも終始安定。文句のない出来でした。

そのヨンセンのゴール、お膳立ては名古屋のいい頃によく見られた”流れてしまったクロスを逆サイドで拾って再び中へ”という流れからでした。玉田のインターセプトから小川の追い越しはものすごいスピードでしたから、マギヌンはよくあそこまで詰めていたと思います。また、心からの笑顔とカニを見せて欲しいです。

|

« 名古屋の守備戦術とフランサ | トップページ | 行っておいで »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/31342/22276012

この記事へのトラックバック一覧です: ミスター語録「お前らオトコだろ!」:

« 名古屋の守備戦術とフランサ | トップページ | 行っておいで »