« 個の力の正しい使い方 | トップページ | やっちまったなぁ »

2008/06/24

はっきりしたこと

日本の中盤はバーレーンよりも上であるということ

中盤の優位性は結果にあまり反映されないということ

バーレーンのシュートレンジは日本よりも広いということ

日本のCKは大きな武器であるということ

と同時に対戦相手に研究されるであろうということ

バーレーンを含め、アジア最終予選に出てくる国の中に日本がホーム+アウェーを通して勝ち点4以上を計算出来る相手はいないということ

|

« 個の力の正しい使い方 | トップページ | やっちまったなぁ »

コメント

こんにちは。
はっきりしたこと・・・その通りだと思います。
アジア最終予選に出て来る国はどこも日本よりも数段も上の力を持っています。
このままでは日本はここで終わりですね。
中澤が「2ランクアップ」を目指さなければと厳しい顔で言っていたのが思い出されます。

投稿: *aprile | 2008/06/25 14:28

*aprileさん
日本には日本の長所があると思うのですが、それが内容・結果に結びつかないですよね。個々のレベルアップ、チーム戦術のレベルアップがないと、最終予選を勝ち抜くことは簡単ではないと思いました。

投稿: yamamo8 | 2008/06/26 13:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/31342/21848304

この記事へのトラックバック一覧です: はっきりしたこと:

« 個の力の正しい使い方 | トップページ | やっちまったなぁ »