« デビュー。 | トップページ | たくさんの夢 »

2008/06/01

名古屋グランパスというチームの素晴らしい勝利

素晴らしいポイント①

楢崎も玉田もいない、マヤもバヤリッツァもアベもいない、小川もマギヌンもヨンセンもいない、そして中村直志もいない・・・。レギュラー(と言われている)メンツが9人もいない(ベンチにも入っていない)中での堂々の勝利。このゲームに登録された18人の、自分たちがやるんだという気持ちがカタチになったのだと思います。素晴らしい。翌日豊スタで行われるというサテライトの川崎戦のことは、またその時に考えよう。

素晴らしいポイント②

開始早々(前半0分ってどんだけ)いきなりハンデを負ってしまい、苦しい展開になりながらも、最後まであきらめずに同点に追いついてみせる。速報をチェックしていた私としては、その時点で安堵、恥ずかしながらこれで充分だと思っていたものですが、若鯱たちはそれに満足することなくさらに追い込みを掛けると、ロスタイムに逆転!素晴らしい。

素晴らしいポイント③

この先10年(?)は名古屋を背負っていくであろう10代の選手たちがいい経験をしてくれた。特に、次の「○○王子」候補の呼び声が高い花井聖がついに公式戦デビュー。しかも、ロスタイムの津田の逆転弾のアシストまで記録するオマケつき。こんな時に限って739で中継がないとは・・・。この歴史的ゲームを見ることが出来ないのは残念でしょうがない。けど、31番の勇姿はこの先いくらでも見れるはず。

素晴らしいポイント④

これで、ナビスコ杯決勝T進出決定!

|

« デビュー。 | トップページ | たくさんの夢 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/31342/21322229

この記事へのトラックバック一覧です: 名古屋グランパスというチームの素晴らしい勝利:

« デビュー。 | トップページ | たくさんの夢 »