« 玉田!楢崎! | トップページ | U23カメルーン戦 »

2008/06/09

中断がもったいない気もする

中央からのスルーパスあり、PA内でのドリブル突破(札幌戦のPKゲットと同じコース取り)あり、豪快なロングシュートあり、セットプレーあり、そして今季の名古屋の代名詞サイド攻撃あり・・・。攻撃パターンの見本市のような多彩さで(相手のミスもありましたが)今季最多の5得点。快勝です。

浦和が3バックということで「サイドが空き気味だった(阿部談)」ので、いつもならば各駅停車気味の(いや準急くらいか)サイドチェンジも、この日は通勤特急以上の速さ。一発でサイドを変えるシーンが頻繁に見られました。特に左サイド阿部からの展開は胸のすくようなものでした。2点目の起点となったパスもエクセレントでした。そして、胸がすくというより軽く震えてしまったあの3点目・・・。

まだまだ課題はあります。シュート数を見ればわかるように、決して押し込んでいたわけではなく押される時間帯もありました。ルーズボールを取りに行ってあっさりと入れ替わられるシーンや、中盤での簡単なパスミスも気になりました。MFのフィルターをすり抜けられるとDFはディレイするしかなくなり、梅崎あたりにいいようにミドルを打たれてました。けっこうヒヤリとさせられました。この精度がもっと高かったらどうなっていたかわかりません。

攻撃面では、739の実況の人にイタイところを突かれました。「中村直志にもう少し○○(忘れた)があれば名古屋はさらに良くなると思う・・・。」おっしゃるとおりです。中村はアーセナルにおけるセスクやフラミニにはなりきれてません。まぁ、それを求められてるわけでもないのでしょうけど。今はタメや変化をつける役割としてサイドにマギヌンを置いているけど、名古屋版セスクが出現すれば、マギヌンのところには、もう少しタテに速いタイプ(深井・佐藤あたりか)を置くこともできる。私としては、小川(あるいは花井)にそうなって欲しいのですが。もちろん、中村直志が今の守備力を保持しつつさらに覚醒して中村憲剛のような攻撃センスを上積みしてくれれば言うことなしです。それはちょっと贅沢すぎるか。

小川は休養たっぷりで活き活きとしてました。先制ゴールに2アシスト。5点目のアシストは、左サイドに走りこんで阿部のロングフィードを受けると、高橋峻希を抜き去りピンポイントクロス。この時(阿部にパスが渡った時)小川は、阿部へのフォローのために、センターサークルあたりまで引いてきてから一気に左サイドの深いところまで出て行ってるんですね。90分近くハードワークを続けてきたあの時間帯にあれだけのランニングが出来るのですから。受けて良し、出して良し、シュートも打てる。頼もしい選手になってきました。オシム氏が代表監督だったら速攻で呼ばれてるんじゃないでしょうかね。

|

« 玉田!楢崎! | トップページ | U23カメルーン戦 »

コメント

こんにちは。
ご無沙汰してました。
花展や何かで忙しくてお邪魔出来ませんでした。
やっと復活しました。
最近、グランパスがいいサッカーをしているみたいですね。
浦和にも勝ったし。
「オシムだったら使うよね」と思われそうな選手いますね。
A代表の監督、代えて欲しいです。

投稿: *aprile | 2008/06/12 14:28

*aprileさん
タイトルどおりです。今ならカシマスタジアムでの初勝利も達成できそうな雰囲気だったのに・・・。という冗談はさておき、中断明けはいきなり鹿島と(瑞穂で)対戦です。鹿島の4バックに対して、名古屋がどのくらいやれるのかが見ものです。岡ちゃんは、アジア予選突破がいっぱいいっぱいだと思います。

投稿: yamamo8 | 2008/06/13 23:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/31342/21523613

この記事へのトラックバック一覧です: 中断がもったいない気もする:

« 玉田!楢崎! | トップページ | U23カメルーン戦 »