« 勝つことの難しさとうれしさと | トップページ | 新しい仲間が来たー »

2008/05/12

シンプルにいこう

名古屋 0 - 0 神戸

名古屋にとって苦手なピッチコンディションなうえに、チーム全体のコンディションもあまり良くなかったのでしょうか。FC東京戦のような気持ちの入った試合を期待したのですが、あまりピリッとしない内容でした。今季ここまでの中では一番悪いパフォーマンスだったように思います。連敗中もそれなりにいいところがあって、この試合よりはましだったと思います。開幕当初は、確か名古屋よりも高い評価を受けていたはずの神戸。レアンドロを欠いていたにもかかわらず、G大阪、鹿島、浦和相手に互角に渡り合う地力を持ち、今回はボッティが出場停止でいないけど(ラッキー)、そのレアンドロが復帰。大久保、ノリカル、古賀、石櫃と、活きのいいシューター(レンジが広い)が揃っており決して侮れない、むしろ怖い相手でした。そんな神戸に対して、あの出来で無失点での引分けなら悪い結果ではなかったのかな、なんて思うようにしています。それにしても途中出場した玉田の存在感が薄かったなぁ。

スカパーのアフターゲームショーで、小川が野々村氏にいじられてました。伏し目がちに、模範的な受け答えに終始。ちょっと物足りなかったです。野々村氏によれば、あれは好感度UP狙いでやっているということだそうですが。そのインタビューの中で、野々村氏の「今季の名古屋のサッカーを一言で言い表すと?」という問いに対して小川は「シンプルなサッカー」と答えていました。開幕当初は、シンプルにテンポよくボールや人が動き、全くストレスを感じさせなかったのですが、最近はボールを持った選手が止まって(考えて)しまうシーンが散見されます。もっと簡単にやればいいのになぁと思うことが多い。出しどころがないのか(フォローの位置が悪い?相手に研究されている?)コンディション不良で判断力が落ちているのか、原因は色々とあるのでしょうが。キーワードである「シンプル」をもう一度思い出して実践して欲しいところです。

|

« 勝つことの難しさとうれしさと | トップページ | 新しい仲間が来たー »

コメント

こんにちは。
この試合、見てました。
グランパスがシーズン最初の頃と何か違うって主人と言ってたんです。
ボールを持った選手が「どこに出そうか」と迷っている感じでしたね。
もっと簡単にボールを出せばいいのに・・・と思った場面もありました。
シンプルなサッカーを見せて欲しいです。

投稿: *aprile | 2008/05/15 14:49

*aprileさん
やっぱりそう見えますよねー。相手チームも色々と研究して対策を立ててきているようです。それを乗り越えれば、1ランクレベルアップできるということなのでしょうね。中断明けは、いきなり鹿島と対戦ですね。

投稿: yamamo8 | 2008/05/16 13:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/31342/20902874

この記事へのトラックバック一覧です: シンプルにいこう:

« 勝つことの難しさとうれしさと | トップページ | 新しい仲間が来たー »