« 2勝1敗ペースだし3位だし | トップページ | シンプルにいこう »

2008/05/07

勝つことの難しさとうれしさと

FC東京 0 - 1 名古屋

文字通りのラストプレー、近藤の2連発を楢崎がビッグセーブした瞬間に試合終了の笛。PA内で、まるで優勝したかのように歓喜の輪を作る選手たちを見て、トリハダがたちました。こんな嬉しい勝利は久しぶりです。ムービング、ハードワーク、サイド攻撃といった似たようなキーワードで語られる両チームの対決は、終始名古屋ペースの試合だったと思います。ただ、PKを取られたり、絶好の位置でFK取られたり(あれは大竹が蹴ってたほうが絶対に嫌だった)、ラストの痺れるようなシーンだったりと、簡単には勝たせてもらえませんでした。厳さを乗り越えた分、勝利の喜びは大きなものになりました。個人的には、ローソンチケット(東京V戦チケットを購入時に初利用)じゃなくてぴあでチケット購入してよかった、前日垢すりしておいてよかった、ヒゲ剃っていってよかった、五本指ソックス履いていってよかった、といった感じです。

・バヤリッツァの右SB。安心してボールを預けられるけど、正直いって攻撃性に関しては竹内>バヤリッツァだと思った。

・エルゴラによると”パスサッカーキラー”だというFC東京のCB藤山を置き去りにした、杉本のスピードと小川のスルーパス(ヨンセンのスペースメイクも)に巧です。

・中村吉村コンビのボールホルダーへの寄せに迫力が戻ってきた。

・その一方、小川をスタートから真ん中に置いてもいいような気がしてきたこの頃です。小川=セスクとなるのです。そうすると、サイドに杉本か深井を配置できてさらに攻撃的にいけるはず。

・マギヌンの玉離れの悪さは相変わらず。だけど相手を引き付けることが出来るから、そこでうまく打開出来れば大きなチャンスになる可能性も秘めている。

・米山が入ってMFが一息つくことが出来た。

・マギヌンOUT竹内INで5バックと言われているけど、ミスターとしては阿部を一列上げて4バック維持という考えだったと思われる。ていうか、そういったフォーメーションだけで守備的だとか攻撃的だとかいうのはナンセンスだと思う。帰ってからスカパー見てたら、実況がしきりに「杉本のゴールを守りきるための采配」とか言ってたけど、普通守備固めに入ったDFが相手PA内に侵入してクロスバーに当てるシュートなんて打たないでしょう。その跳ね返りをカバーしたのもアンカー的な役割の米山だったし。その前に、左サイドで”5バック”の一員であるはずの阿部→吉村→ヨンセン→阿部と美しく崩してクロスから中村のダイレクトボレーの場面でも、さらにその後ろに走りこんでいたのはやはり”5バック”の竹内だったし。これと阿部のロングフィードからヨンセン→米山→ヨンセン→米山→中村と展開したシーン。”5バック”になった後でもこれだけの攻撃的な姿勢を見せられる今の名古屋。「守備をしに東京へ行くのではない」とミスターが言った通りの魅力的な全員サッカーだと思います。追加点が取れれば文句なしなんですけど。

|

« 2勝1敗ペースだし3位だし | トップページ | シンプルにいこう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/31342/20811593

この記事へのトラックバック一覧です: 勝つことの難しさとうれしさと:

« 2勝1敗ペースだし3位だし | トップページ | シンプルにいこう »