« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008/05/24

デビュー。

名古屋期待のオーバーエイジ、吉田麻也がトゥーロン国際大会のフランス戦で、ついにU-23デビューを果たしました。後半開始早々から、立て続けにバイタル付近にスルーパスを通され、大ピンチを招いてしまいましたが(まぁ、これは彼ひとりの問題ではなくチームとしての課題だと思いますが)、対人プレーでは負けてなかったし、ディフェンスラインでのパス回しも落ち着いていて、昔からこのチームにいるみたいな堂々とした立ちふるまいでした。

フランスは、チリ相手に初戦を落としていて、ましてや地元ということもあってここは負けられないとばかりに激しいプレーをしてきました。パススピード、大きな展開力(サイドチェンジ)、1対1での強さなんかでは差があるなぁと思わざるを得ませんでしたが、最後のところで踏ん張り、8番が再三決定機を逃したこともあって(西川の好セーブもありました)2-1で勝利です。深夜の割には最後まで眠らずにいけたように、けっこう見ごたえがあって面白かったです。

・エスクデロのプレーを初めてちゃんと見ました。レベルは違いますが、サビオラ、テベス、メッシ、アグエロといったアルゼンチン伝統の小柄なアタッカーを連想させるプレーでした。やっぱり血は争えないといった感じです。

・珍しく(失礼)上田康太が存在感を出してました。ボールに触る回数も多かったし、相手のややラフな当たりにも怯むことなく積極的なプレーで2点に絡む活躍でした。1点目はアシストした岡崎への縦パス(いわゆる起点になったというやつです)。2点目は左サイドの深いところから冷静にマイナスの折り返し。走り込んできたエスクデロの右足アウトサイドでのワンタッチシュートはGKに防がれたものの、こぼれを森本がしっかりと押し込みました。

・晴れて海外組となった本田圭佑が後半途中から出場。オランダでのプレーを経てどのくらい変わったのかちょっと楽しみでした。2-1とリードしている場面ということで、リスクを冒すよりも安全なプレーに終始していたようです。体は、この半年でだいぶ強くなった感じでした。ボールが落ちつくので、それまでの速いテンポとは違う独特の間を作り出してました。ちなみに、ドタドタした走り方は今までとあんまり変わってなかったです。あとビッグマウスぶりも相変わらずです。言うよね~。

・後半途中で、自陣左サイド中ほどで相手にアフター気味に蹴られた梅崎の治療のために日本が出したボールを、フランスが返さないで14番がPA内までドリブルで切り込んできた挙句に青山直とぶつかってシュミレーション気味に倒れるという荒業を展開。日本チームが激怒して両チームがもみ合い乱闘寸前というシーンがありました。これは、シュミレーションに対してではなくて、ボールを返さなかったことに対してのことだと思うのですが、ギリギリの展開とか中東アウェーとかでは、こういうのはいくらでもありえる事だと思うので「戻ってくるのがアタリマエ」というナイーブな考えは無くしておくべきだと思いました(フランスは監督もかなり熱くなってましたし、地元のメンツもあるでしょうし)。でも、しっかりと相手に食ってかかっていったところは、逆に頼もしさを感じたりもしました。今までこのチームは淡々とし過ぎていて、あのように感情を露わにする事があんまりなかったですからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/23

いろいろと

名古屋の青山隼がC大阪へレンタル移籍だそうです。出場機会を求めてのことなのでしょうが、C大阪系のブログをチラッと見てみると、何故ボランチを?みたいな反応もちらほら。不動のボランチ、ジェルマーノ+羽田がここ数試合のファーストチョイスみたいですが、ここに割って入ることが出来るのか。CBも出来るポリバレント性(古い?)を活かして、少しでもたくさん試合に出ていい経験をして欲しいです。ところで、ジェルマーノといえばあのえげつない時間差PKでお馴染みですが、あれってG大阪の遠藤のと同じで、GKに動くのをギリギリまで我慢されるとけっこうモロい。ていうか、蹴る前にGKが動いたらやり直しなのでは・・・?PKといえば、ちゃんぴょんずリーグ決勝もPKまでもつれ込む大接戦でした。C・ロナウドも助走で変化をつけるタイプだけど、チェフは最後まで動かずにしっかりとセーブしてました。テリーは可愛そうでしたね。一番の見所は、前半33分~34分のマンチェスターUのカウンター。ルーニーのサイドチェンジ→C・ロナウドのトラップとセンタリング→テベスのダイビングヘッド→チェフのセーブ①→キャリックのワンタッチシュート→チェフのセーブ②。素晴らしいプレーの連続でした。結果を知っていたにもかかわらず、思わずTVの前で叫んでました。

トゥーロン国際大会のフランス戦、吉田麻也が先発ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/18

2位キープだし、通算250勝だし

札幌 1 - 3 名古屋

しかしいつ見てもクライトンはプレデターっぽいな。前半は、そのプレデター率いる札幌の鋭いチェックを前に、名古屋の面々はなかなかボールが足につかない様子。判断の悪さから単純なミスも多く、かなりストレスの溜まる展開でした。そんな中でも、前節の神戸戦とは違ってサイドも崩せていたしチャンスもあったのでなんとなく期待はありました。

後半は、札幌のディフェンスが緩んできたので押し込む時間が増えてきました。小川が再三相手DFのウラを狙ってみたり、小川、中村、吉村が珍しくミドルを放ったりと(しかもどれも枠内、けっこう際どかったりした)攻撃パターンも多彩になってきました。そして理想的な時間帯に同点、逆転、ダメ押し。大宮戦もそうでしたが、マギヌンの左足はツボにはまると凄いです。思わずカニを忘れてしまうほどの興奮ぶり。杉本は「札幌の芝が合っていた」とのことです。競走馬か。そのおかげか、いつもと違う(失礼)華麗なステップで1アシスト&PKゲット。この試合、ヨンセンには絶対にゴールを決めて欲しいと思ってたので3点目は嬉しかったです。

そのヨンセンへのマークがかなり厳しくなってきてます。ここ数試合、ゴール前で満足にプレー出来てません。クサビのボールに対しての相手DFとの競り合いも熾烈で、なおかつほとんどの場合ヨンセンのファウルになってしまっているのも気になります。もう少し相手のファウルも取って欲しい。7節目までのヨンセンのシュート数は1試合平均3本なのに対して、その後6節のシュート数が1.5本。対戦相手は、今後も名古屋のサイド攻撃とヨンセン封じを施してくるでしょうから、中断期間には、それらを跳ね返すための何かを確立させなければならないでしょう。ヨンセンを囮に使うとか、セットプレーの精度を高めるとか、サイドチェンジをもっと早くするとか、サブメンバーを充実させるとか。

あと、バヤリッツァが右サイドをオーバーラップしてクロスを上げるシーンがどうしても想像出来ないです。この試合でもクロスは1本だけだったと思います。守備の面では悪くはないけど、あれくらいなら竹内でも出来るはず。攻撃面でのプラスを考えたら右SBは竹内>バヤリッツァだと思います。

この勝利で、名古屋はJ1通算勝利数が鹿島(306勝)、磐田(285勝)、横浜FM(276勝)、清水(269勝)に次いで250勝に到達しました。名古屋以外はみんなリーグ優勝経験を持ったチームですねぇ。清水はステージ優勝のみですが。優勝したことないのにこれだけ勝ち星を積み上げていることに、逆に名古屋の凄さを感じたりして。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/13

新しい仲間が来たー

先週、かみさんの実家にニーロ君Sa3a0013(トイプードルとチワワのミックス・♂・フォーン)がやってきました。リタをうちで預かるようになって(飼うようになって)から1年、実家のほうでは、やっぱり寂しさが募っていたようです(特にお義父さんが)。 それを紛らすために、今年に入ってからセキセイインコとオカメインコインコを飼い始めたりしたのですが、それだけでは物足りなかったようです(ちなみに最近、セキセイインコのヒナが4羽生まれたそうですが、それでも物足りなかったようです)。ニーロという名前の由来は、弟のつよし君がデ・ニーロ好きなことから。まだ生後2か月だそうです。ぬいぐるみみたいです。かなり腕白らしい。犬づきあいが苦手なリタでも仲良く出来るかな?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/05/12

シンプルにいこう

名古屋 0 - 0 神戸

名古屋にとって苦手なピッチコンディションなうえに、チーム全体のコンディションもあまり良くなかったのでしょうか。FC東京戦のような気持ちの入った試合を期待したのですが、あまりピリッとしない内容でした。今季ここまでの中では一番悪いパフォーマンスだったように思います。連敗中もそれなりにいいところがあって、この試合よりはましだったと思います。開幕当初は、確か名古屋よりも高い評価を受けていたはずの神戸。レアンドロを欠いていたにもかかわらず、G大阪、鹿島、浦和相手に互角に渡り合う地力を持ち、今回はボッティが出場停止でいないけど(ラッキー)、そのレアンドロが復帰。大久保、ノリカル、古賀、石櫃と、活きのいいシューター(レンジが広い)が揃っており決して侮れない、むしろ怖い相手でした。そんな神戸に対して、あの出来で無失点での引分けなら悪い結果ではなかったのかな、なんて思うようにしています。それにしても途中出場した玉田の存在感が薄かったなぁ。

スカパーのアフターゲームショーで、小川が野々村氏にいじられてました。伏し目がちに、模範的な受け答えに終始。ちょっと物足りなかったです。野々村氏によれば、あれは好感度UP狙いでやっているということだそうですが。そのインタビューの中で、野々村氏の「今季の名古屋のサッカーを一言で言い表すと?」という問いに対して小川は「シンプルなサッカー」と答えていました。開幕当初は、シンプルにテンポよくボールや人が動き、全くストレスを感じさせなかったのですが、最近はボールを持った選手が止まって(考えて)しまうシーンが散見されます。もっと簡単にやればいいのになぁと思うことが多い。出しどころがないのか(フォローの位置が悪い?相手に研究されている?)コンディション不良で判断力が落ちているのか、原因は色々とあるのでしょうが。キーワードである「シンプル」をもう一度思い出して実践して欲しいところです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/05/07

勝つことの難しさとうれしさと

FC東京 0 - 1 名古屋

文字通りのラストプレー、近藤の2連発を楢崎がビッグセーブした瞬間に試合終了の笛。PA内で、まるで優勝したかのように歓喜の輪を作る選手たちを見て、トリハダがたちました。こんな嬉しい勝利は久しぶりです。ムービング、ハードワーク、サイド攻撃といった似たようなキーワードで語られる両チームの対決は、終始名古屋ペースの試合だったと思います。ただ、PKを取られたり、絶好の位置でFK取られたり(あれは大竹が蹴ってたほうが絶対に嫌だった)、ラストの痺れるようなシーンだったりと、簡単には勝たせてもらえませんでした。厳さを乗り越えた分、勝利の喜びは大きなものになりました。個人的には、ローソンチケット(東京V戦チケットを購入時に初利用)じゃなくてぴあでチケット購入してよかった、前日垢すりしておいてよかった、ヒゲ剃っていってよかった、五本指ソックス履いていってよかった、といった感じです。

・バヤリッツァの右SB。安心してボールを預けられるけど、正直いって攻撃性に関しては竹内>バヤリッツァだと思った。

・エルゴラによると”パスサッカーキラー”だというFC東京のCB藤山を置き去りにした、杉本のスピードと小川のスルーパス(ヨンセンのスペースメイクも)に巧です。

・中村吉村コンビのボールホルダーへの寄せに迫力が戻ってきた。

・その一方、小川をスタートから真ん中に置いてもいいような気がしてきたこの頃です。小川=セスクとなるのです。そうすると、サイドに杉本か深井を配置できてさらに攻撃的にいけるはず。

・マギヌンの玉離れの悪さは相変わらず。だけど相手を引き付けることが出来るから、そこでうまく打開出来れば大きなチャンスになる可能性も秘めている。

・米山が入ってMFが一息つくことが出来た。

・マギヌンOUT竹内INで5バックと言われているけど、ミスターとしては阿部を一列上げて4バック維持という考えだったと思われる。ていうか、そういったフォーメーションだけで守備的だとか攻撃的だとかいうのはナンセンスだと思う。帰ってからスカパー見てたら、実況がしきりに「杉本のゴールを守りきるための采配」とか言ってたけど、普通守備固めに入ったDFが相手PA内に侵入してクロスバーに当てるシュートなんて打たないでしょう。その跳ね返りをカバーしたのもアンカー的な役割の米山だったし。その前に、左サイドで”5バック”の一員であるはずの阿部→吉村→ヨンセン→阿部と美しく崩してクロスから中村のダイレクトボレーの場面でも、さらにその後ろに走りこんでいたのはやはり”5バック”の竹内だったし。これと阿部のロングフィードからヨンセン→米山→ヨンセン→米山→中村と展開したシーン。”5バック”になった後でもこれだけの攻撃的な姿勢を見せられる今の名古屋。「守備をしに東京へ行くのではない」とミスターが言った通りの魅力的な全員サッカーだと思います。追加点が取れれば文句なしなんですけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/04

2勝1敗ペースだし3位だし

名古屋 1 - 2 G大阪

スカパーの録画に失敗してしまい、まだ試合を見てません。昨シーズンも3連敗してしまったGW期間、相手はあまり調子が良くなく、しかも天敵(バレー)がいるチームと、名古屋にとっては悪い条件が重なってしまいましたが、結果はともかく内容は悲観するようなものではなかったみたいです。ミスターは、6連勝、3連敗とも考えられなかったとコメントしていたようだけど、2勝1敗ペースだと考えれば上々のペースとも言えます。次はFC東京戦。GW中伸ばしておこうと思っていた髭は綺麗に剃って、再び味スタに乗り込みます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »