« 6連勝で首位キープ | トップページ | 川崎戦感想 »

2008/04/27

リセット

東京V 2 - 0 名古屋

ピクシーの現役最後の試合の時以来の味の素スタジアム(当時は東京スタジアム)での観戦です。セットプレーの度に無数のフラッシュがたかれていたこと、アウェイにもかかわらず真っ赤に染まったスタジアム全体でピクシーコールをしたことなどが懐かしく思い出されます。

雨の影響があったと思います。もちろん相手にとっても条件は同じなのですが、名古屋の運動量がいつもよりも少なかったのは、スリッピーなピッチでのボールコントロールに気を取られるあまり、パスの受け手、出し手ともプレーが消極的になってしまったからなのでは。トラップに慎重になりすぎて速いテンポでのパス回しが出来ず、ボールロストを恐れるあまり大胆な動き出しが影を潜めた。そしてそのことは、東京Vよりも名古屋のほうに与える影響が大きかったような気がします。運動量で相手を凌駕することが出来なければ、名古屋も普通のチームになってしまうということです。

左サイドが停滞気味。ここ数試合、マギヌンは阿部が外を追い越していってもほとんど使わないのが気になります。もちろん、阿部を囮にして自分で仕掛けるプレーがあってもいいのですが、簡単にボールを失ってしまったり、あまり有効なプレーに結びつかないことが多かった(つまりミスが多かった)。それならば、もっとシンプルに阿部を使ってあげて欲しい。右の竹内は仕事してる感じがするけど(河野にやられたのは猛省すべし)、阿部にもディフェンスはともかく攻撃でももっと仕事を任せてあげていいと思う。あのクロスを活かさない手はないですから。

失点はまたしても同じようなカタチでした。千葉戦と違って、服部のグラウンダーのクロスはマイナス方向ではなかったけど、DFとMFの間のスペースを狙われたことは同じでした。シューター(ディエゴ)の前に人数はいるのですが・・・。ディエゴといえば、彼を自由にさせすぎた感もあります。

やれ連勝だ、やれプチアーセナルだと、名古屋のまわりが軽く加熱気味になっていたこの頃ですが(それはそれで嬉しかったのですが)これで少し落ち着くでしょう。選手たちもここで一度リセット出来たことを前向きに考えているみたいです。今思えば、3節大分戦~4節大宮戦あたりがピークだったような気がします。自陣に入ってくることすら許さないようなMFでの鬼プレスだったり、流れるようなパス回しが出来てました。そして、あの頃は本当にマイボールの時のイージーなミスが少なかった。ミスをするとかえって目立ってしまうような感じでした。最近は簡単なミスが違った意味で目立つようになってきています。このリセットを機に、気持ちを新たに”自分たちのサッカー”を実践して欲しいところです。それと、バヤリッツァ、中村、小川がイエロー累積3枚です。ここまでメンバーを固定してきましたが、そろそろチームとしての層の厚さを試される時期がやってきます。

|

« 6連勝で首位キープ | トップページ | 川崎戦感想 »

コメント

こんにちは。
グランパスの敗因は運動量で相手を凌駕出来なかったからですか?
プチアーセナルになって欲しいですね。
グランパスもここでリセットですね。
アントラーズもリセットして欲しい。
今まさに層の厚さを試されているアントラーズであります。

投稿: *aprile | 2008/04/28 14:44

*aprileさん
録画しておいたのを改めて見てみたけど、前半はそれほど悪くなかったです。2-0にされた後の後半30分過ぎからもかなりハイテンポで攻めてました。あれが90分間続くのがアーセナル(のいい時)なんですよね。
鹿島は、わかっていたこととはいえ、過密日程に苦しんでますね。長いシーズンの間には、いい時もあれば良くない時もある。いかにしのいでいくかが大事ですね。

投稿: yamamo8 | 2008/04/29 15:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/31342/20604054

この記事へのトラックバック一覧です: リセット:

« 6連勝で首位キープ | トップページ | 川崎戦感想 »