« リセット | トップページ | 2勝1敗ペースだし3位だし »

2008/04/30

川崎戦感想

名古屋 1 - 2 川崎

マギヌンと玉田
持ちすぎ。持ちすぎてもいいんだけど、いいこと(難しいこと)をやろうとしすぎな感じがします。周りが動けていないということもあるのかも知れませんが、シンプルにやるところとメリハリをつけて欲しい。確かに、いい頃はマギヌンのキープが絶妙なタメになっていたけど、最近はボール取られすぎです。かといって、他にMFでボールが収まるところもなかったですけど。

山口
いわゆる”バランサー”なんですね。スペースを埋めたり器用な動きはするけど、どうしても守備が受け身。いい読みからパスカットのシーンもあったけど、そのまま自分で持ち上がるでもなく、苦し紛れに横に預けるのが精いっぱいなので勢いがつかない。その点、中村、吉村(のいい頃)はバランスを取りながらも、前に出て能動的にボールホルダーに対して”狩り”にも行けていた。奪うところも高いのでそのままチャンスに繋がる。やっぱりここ(CMF)が肝なんですね、名古屋は。

バヤリッツァ
SBも魅力的ではあるけど、後ろから攻め上がってくるほうが効果的だと思う。

ミスターの采配
主力を休ませたという判断は悪くないと思いました。前半は、球際でことごとく負けてしまっていて良くなかったけど、後半は川崎がペースダウンしたこともあって、杉本、小川投入前の段階でもそれなりに攻めの形も出来始めていたと思います。深井の惜しいシュートもあったし。結果論だけど、もう少しだけスタメンを引っ張ってみても良かったような気がします。ていうか深井をもう少し見たかっただけなのですが。

その後半はかなり押し込んでました。バヤリッツァが右サイドで上がりっ放し。中村OUT藤田IN後はほとんど2バック状態。それだけ、負けられないという思いが強かったのでしょうけど、今までのような理路整然とした、計算づくな、システマチックな、美しさがあまり感じられなかった。正直言って、攻めてる割にあまりゴールの匂いがしなかったです。もう少し冷静にじっくりと攻めても良かったように思いました。順位とか相手とか関係なく自分たちのサッカーをやろうというのなら尚更・・・。

その他
失点(村上の同点弾)は、またしても戻し気味のパスをDFの前のスペースに出されたところから。今まではそこでシュートを打たれていたのですが、曲者中村憲剛は、シュートにもいけたけどさらにそこからダメ押しのショートスルーパス。敵ながら見事なアイデアでした。

|

« リセット | トップページ | 2勝1敗ペースだし3位だし »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/31342/20671416

この記事へのトラックバック一覧です: 川崎戦感想:

« リセット | トップページ | 2勝1敗ペースだし3位だし »