« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008/03/31

極上の45分間

名古屋 2 - 1 大分

名古屋グランパスの試合をスカパーで初観戦です。前半45分は、あのプレーとあのプレーを除けば素晴らしい出来でした。開始早々に、中村のクロスを玉田がカンフー気味に蹴り込んで鮮やかに先制。アフターゲームショーで野々村氏が、「着地で転ばないところが素晴らしい」と妙なところを褒めてました。その後は、高い位置からのプレスと全くストレスを感じさせないスムーズなポゼッションでゲームを支配。昨シーズン、どの試合だったかは忘れたけど、サカマガかサカダイのゲームレポートに”確かに名古屋はボールポゼッションは出来ていているかもしれないが、ゲームそのものは支配出来ていない”みたいなことを書かれていたことがあったけど、この日の前半は、シュートこそ少なかったけど完全にゲームをコントロールしてました。4対1のカウンターを仕留められなかったり、自陣での吉村の横パスがミスになって失点の遠因になってしまったりと突っ込みどころはありますが、逆に言えばまだまだ伸び代があるということです。後半は、大分が出てきたために前半ほどうまくはいきませんでしたが、そのままずるずると悪い流れにせずにしっかりと踏みとどまると、竹内の”左足”のクロス→マギヌンの移籍後初ゴール&カニダンスで勝ち越し。右サイドでちょっと手詰まりになっていた杉本の背後を、労を厭わずに周りこんだ竹内。いいプレーでした。これで、名古屋は今季ナビスコも含めると6ゴール中5ゴールがサイドのクロスからということになります。別に真ん中から決めてもいいんですけどね。4対1とかね。サイド攻撃という狙いがしっかりと結果になって表れてます。竹内はアシストランキングで堂々?トップタイです。終盤、シャムスカが繰り出してくる攻撃的なカードに冷静に対応したミスター(二人は同い年なんですね)もいい感じでした。同い年といえば、この日名古屋にとって唯一の脅威だった大分の金崎ムウと、吉田マヤもそうですね。一昨年の高円宮決勝が思い出されます。

それにしても、シュート4本だったというのは少し意外でした。ゲーム内容が良かったし、いずれもSOG(スカパー風に言ってみた)だったように、シュートの質も良かったのであまり気にはなりませんでしたが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/26

やっぱりそれが大事なんだな

オシム退院。ほんと、よかったです~。夜更かしはほどほどにして下さい(笑)。メッセージは、まじめな中にもちょっぴり小技をを効かせたりしているところ(いらない冗談とか)が相変わらずでうれしいです。日本サッカーの進歩に、常に関心を持ち続けてくれているなんてありがたいことです。そして、3~4か月の間に忘れてしまいそうになっていた「走ること」「考えること」の重要性を、サッカーに関わる全ての人に改めて意識させてくれました。それだけでは出来ないけど、それがないといいものが出来ないのがサッカーなんだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/24

ついに・・・

スカパーがうちの部屋に、きたー。2週間無料視聴できるので、プレミア4強の直接対決が生で見れる・・・。見なかったでPk2008032402197894_size0すけど・・・。深夜のサッカー中継はやっぱりキツいです。その前にフジテレビ739でナビスコの神戸×名古屋を見ようと思ったら、中継なしでした。おいおいおい・・・(藤岡弘っぽく)。 花井のJ公式戦デビューはお預けとなってしまいましたが、阿部→巻のかっこいいヘディングシュートで好調神戸を相手にアウェーで完封勝利。やべっちでハイライトやってくれなかったので、映像は見てないのですが、迫力満点の写真を見ると、かなりかっこいいゴールだったように思われます。相手は大久保、金南一抜きだったとはいえ、こっちも楢崎、バヤリッツァ、中村、玉田、ヨンセン抜き。それでこれだけ出来たことは評価していいんじゃないでしょうか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/03/23

ジャックと黒猫

音燃え!2ndシーズン準決勝。Jack in the Boxは森山直太郎の「さくら」。このバンドはここまで2回見たけど、正直言ってボーカルがちょっと頼りないかなぁ、という感じがしてました。でも今回は良かったです(というか気にならなかった)。シンプルなギターロックで抑え目に入っていってサビで一気に盛り上げるアレンジはかっこよかったです。メンバーの息もぴったりで音にスキもなくばっちり決まってました。さすがCRAYMERに勝っただけのことはある。見直しました。黒猫チェルシーはキャンディーズの「春一番」(笑)。途中までは小細工なしの王道スタイルであれっ?と思わせておいて、後半に思いっきり捻じ曲げてきました。いわゆる黒猫ワールド全開、そうこなくっちゃ。今回も思わずニヤッと笑ってしまいました(←ほめ言葉)。見慣れてくるとかっこいいもんです。ジャックと黒猫という見事に対照的な両バンドで争われる決勝、優等生にちょっかいを出す悪ガキといった様相です。オリジナルで勝負ということなのでなおさら楽しみです。敗者復活戦でまさかの敗退となってしまったCRAYMERを含む3バンドは、2ndシーズンの中では抜けてました。それぞれ持ち味が違うところが面白いです。CRAYMERは音燃えキングへの挑戦権と引き換えにRIZEのオープニングアクト(6月2日・水戸)というチャンスを得ました。勝ち残らせておいて、OAの打診という手もあったと思うのですが、RIZEのJESSEがそうしなかったのは、もっと大きく成長して欲しいと考えて、敢えて試練を与えたような感じがします。ジャッジの理由とか聞いてると、CRAYMERのために言ってるような気がしましたしね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/16

祝・ミスター初勝利

浦和 0 - 2 名古屋

名古屋の完勝でした。バヤリッツアが欠場。青山、竹内、吉田、阿部という若い4バックが急遽?先発ということで正直不安もありましたが、最後まで果敢にラインを上げ続け、集中も切らさずに完封勝利です。楢崎の安定したプレーや、中村、吉村の中盤での存在感もなかなかでした。攻撃で目立っていたのはマギヌン。ボールを持てるので溜めが作れる。タテへの速い攻めだけではなくて、マギヌン経由でサイドを変えたり(相手の薄いところを突いたり)、オーバーラップを引き出したりと攻撃に多様性が生まれました。それと、特徴的だったのが、例えば①小川からヨンセンにクサビを入れる②いったん下げる③その間に玉田がダイアゴナルに動いてパスを引き出す、みたいな連携がちょくちょく見られたことと、いわゆるデコイの動きが浸透していること。攻守の切り替えが早いというか、ボールを失った直後のハードなチェックというのも目立ちました。前半20分前後に見られた、浦和の攻撃をハーフウェーライン手前でことごとくインターセプトして波状攻撃を仕掛ける様は圧巻でした。運動量を要求されますが、単純なパスミスとかをもう少し減らすことができれば、体力温存にもなると思います。

オシム氏も観戦に来てたようですね。「今日の勝利が最後にならないように(笑)」ですか・・・。らしい祝福の言葉ですね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008/03/14

玉田代表復帰

「Yahoo!スポーツ」のサッカーJリーグのページではすっかりお馴染み?のレーダーチャート。名古屋のが浦和のより大きいなんていうのはいつ以来のことだろう。あまり参考にはならないんでしょうけど、こんなことからも明日の試合が待ち遠しい気分になります。

バーレーン戦といえば、やっぱりこの人。アジアカップ2004CHINAセミファイナルで、あのセルジオ越後を昇天させた男、玉田圭司。代表復帰おめでとう。正直に言うと、ちょっと複雑な気持ちでもあります。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008/03/12

ジュニーニョが帰化したら

名前はどうなる?

じゅ>>>寿儒受呪樹鷲・・・

に>>>弐煮邇爾似丹・・・

い>>>射威亥猪偉維・・・

にょ>>>如女

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008/03/10

J開幕戦ベスト5

やべっちFC他で2008Jリーグの開幕ゲームを一通り見て印象的だった出来事ベスト5(順不動)。

大分ウェズレイのミドル。いいFWだと改めて思いました。

名古屋の同点ゴール!右SB竹内の超高速クロス、ヘッドで突き刺すヨンセン。今節のベストゴール。

川口~。

クライトン

大宮のペドロ・ジュニオール。今年新加入かと思いきや、去年からいたらしい。PA内でヤツにボールを持たれるとかなりキケンな香りがする。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/03/09

開幕戦勝利ならず、totoBIG4等ゲットならず

名古屋 1 - 1 京都

例によって試合は見れませんでした。スカパー入ろうかな。携帯の試合中継とスポーツニュースの映像しか見てません。結果は決して満足できるものではありませんが、今後に期待が持てるいい試合だったようです。小川のシュート5本というのが目を引きます。そのうち前半のふたつはなかなか巧でした。まず、ゴール前に人数がかかっているところがいい。だから次のプレーの選択肢が増え、ワンタッチで無理なくつないで相手DFをはずし、フリーに近い形でシュートを打てていました。だからこそ決めておきたかったのですが、いずれも相手GKに触られてゴールをそれてしまいました。こういう3人目が絡んでくるような崩しは、昨シーズンはあまり見られなかったように思います。次の浦和戦、地力の差で押し込まれる場面も増えると思いますが、そんな中でどれだけ同じようなプレーが出来るか注目です。こういうのは、特に浦和のDF相手にはけっこう有効だと思いますから。それにしても、深井がベンチにも入ってなかったのが謎です。今日のFC刈谷戦には出ていたという情報もあります。もしも浦和戦に向けて隠したというのなら、ミスターもなかなかの策士だと思います。ただ、それなら(温存したのなら)なおさら京都戦は勝っておきたかったという意見もありますが。

totoBIG外れました。3試合ハズレの4等(配当1万ちょい)にかすったのが一口だけありましたが・・・。一瞬的中したと思ったのですが、3回くらい見直ししたら外れてました。totoのHPには簡単に当せん確認出来る機能があるのですが(後から知った)、1試合1試合をアナログで確認していくと、つい自分に都合がいいように解釈してしまいます。次回もキャリーオーバー継続です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/08

キャリーオーバー発生中

初めてtotoBIG買いました~。試しに5口買ってみたら、名古屋の負けと引分けしかなかったので、あと3口追加しました。合計8口。それでも結局名古屋の勝ちは1口だけ。名古屋には勝って欲しいけど、そうするとただでさえ夢のような6億の可能性はさらに低くなる、ということで現実路線(2等狙い)に切り替えます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/03/07

有馬温泉からの一撃

アングラなテイストと、そこはかとない昭和な雰囲気を漂わせる神戸出身の4人組バンド、黒猫チェルシー(GOING STEADYっぽい)。普段の様子と、とても高校生には見えないステージでのパフォーマンスのギャップの差がすごい。すごいを通り越してなんか笑える(←褒めコトバ)。音燃え!一回戦(RED WARRIORSのバラとワイン)は、ちょっと悪ノリしすぎた感もあったけど、和田アキ子の「どしゃぶりの雨の中」を演った今回は良かった。もし優勝したら(実力的には大いにありえるはなしだと思います)、彼らが番組スポンサーである三ツ矢サイダーのCMに起用されるはこびとなるのですが、そうなったらぜひとも見てみたい。企業イメージを損なわないよう?さわやか路線に黒猫をはめ込むのか。それとも、あくまでも黒猫のキャラクターをそのまま活かすというギャンブルに出るのか。どちらにしても見ものです。本当に優勝したらですけど。個人的には、今のところCRAYMER>黒猫チェルシー>Jack in the Boxかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »