« やっぱりそれが大事なんだな | トップページ | 幸福な2分間 »

2008/03/31

極上の45分間

名古屋 2 - 1 大分

名古屋グランパスの試合をスカパーで初観戦です。前半45分は、あのプレーとあのプレーを除けば素晴らしい出来でした。開始早々に、中村のクロスを玉田がカンフー気味に蹴り込んで鮮やかに先制。アフターゲームショーで野々村氏が、「着地で転ばないところが素晴らしい」と妙なところを褒めてました。その後は、高い位置からのプレスと全くストレスを感じさせないスムーズなポゼッションでゲームを支配。昨シーズン、どの試合だったかは忘れたけど、サカマガかサカダイのゲームレポートに”確かに名古屋はボールポゼッションは出来ていているかもしれないが、ゲームそのものは支配出来ていない”みたいなことを書かれていたことがあったけど、この日の前半は、シュートこそ少なかったけど完全にゲームをコントロールしてました。4対1のカウンターを仕留められなかったり、自陣での吉村の横パスがミスになって失点の遠因になってしまったりと突っ込みどころはありますが、逆に言えばまだまだ伸び代があるということです。後半は、大分が出てきたために前半ほどうまくはいきませんでしたが、そのままずるずると悪い流れにせずにしっかりと踏みとどまると、竹内の”左足”のクロス→マギヌンの移籍後初ゴール&カニダンスで勝ち越し。右サイドでちょっと手詰まりになっていた杉本の背後を、労を厭わずに周りこんだ竹内。いいプレーでした。これで、名古屋は今季ナビスコも含めると6ゴール中5ゴールがサイドのクロスからということになります。別に真ん中から決めてもいいんですけどね。4対1とかね。サイド攻撃という狙いがしっかりと結果になって表れてます。竹内はアシストランキングで堂々?トップタイです。終盤、シャムスカが繰り出してくる攻撃的なカードに冷静に対応したミスター(二人は同い年なんですね)もいい感じでした。同い年といえば、この日名古屋にとって唯一の脅威だった大分の金崎ムウと、吉田マヤもそうですね。一昨年の高円宮決勝が思い出されます。

それにしても、シュート4本だったというのは少し意外でした。ゲーム内容が良かったし、いずれもSOG(スカパー風に言ってみた)だったように、シュートの質も良かったのであまり気にはなりませんでしたが。

|

« やっぱりそれが大事なんだな | トップページ | 幸福な2分間 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/31342/12019280

この記事へのトラックバック一覧です: 極上の45分間:

« やっぱりそれが大事なんだな | トップページ | 幸福な2分間 »