« CRAYMER! | トップページ | Jリーグ選手名鑑2008 »

2008/02/21

冷静と情熱

昨日の東アジア選手権の中国戦は、代表の試合では久しぶりに熱くなりました。完全アウェーな雰囲気、明らかなファウルの数々、怪しげな北朝鮮の主審・・・。ハンドボールの中東の笛に比べれば想定の範囲内なんだろうけど、選手を送り出しているJチームの側にしてみたら気が気ではなかったことでしょう。安田のケガが深刻なものではなくて良かった。後半40分頃、溜まりに溜まった鬱憤を晴らすべく鈴木啓太が相手DFとやりあったシーン(両者ともイエロー裁定)、あそこは見ているこっちもグッときました。あの気持ちは分かる気がする。仮にあれでレッドを喰らったとしても(あの主審なら充分にありえた話だと思う)、私は彼の行動を支持しちゃいますね。思えば、オシム前監督によって代表に初招集された時は今野の代役的な立場だったはずなのに、今や戦術的にも精神的にもチームになくてはならない、替えの利かない選手になってしまいました。味方にいるとすごく頼もしいサッカープレイヤーです。あと、楢崎。前半のビッグセーブは見ることが出来なかったけど、後半は終始冷静にプレー。特に後半ロスタイム、嫌な時間帯での相手のCKを見事なフィスティングで弾き出し、その直後、左サイドを抜け出されてのPA内からの強シュートも何事もなかったかのようにキャッチ、したかと思うと何食わぬ顔で味方へスローでつないだ一連の流れは、格の違いというやつを感じさせてくれました。

|

« CRAYMER! | トップページ | Jリーグ選手名鑑2008 »

コメント

こんにちは。
この試合は途中からしか見てませんが、わたしも久し振りに熱くなった試合でした。
北朝鮮の主審はどんなに中国選手がカニバサミをしようとアフタータックルをしてもイエローさえ出さない、完全アウェー。
啓太が相手DFとやりあった時も啓太に頑張れって言ってました。
中国選手とサポーターがヒートアップしても日本は冷静な試合を見せてくれたことは嬉しかったです。
本当に格の違いを感じました。
フランスが中国のラフプレーに抗議の声を上げたみたいですね。
前回のW杯前にフランスは中国に痛い目遭わされましたからね。

投稿: *aprile | 2008/02/22 15:33

審判の判定にもオドロキでしたが、中国のプレーの雑さにもオドロキでした。もうちょっと強かったような気がしてたんですが、、、gawkあれなら11対12でも勝って当然でしたね。
楢崎はカナリ冷静でしたねー。さすがベテラン。あのスタジアムで1番興奮していたのは岡ちゃんでしたね(笑)
ひょっとして、岡ちゃんが意図的に興奮することで、選手を冷静にさせていたのかもしれませんが(笑)

投稿: ガッちゃん | 2008/02/23 00:27

*aprileさん
日本の選手は大人しい、とよく言われますが、あの試合に関してはものすごく”大人”でしたね。安田も含め、大きなケガ人が出なくて本当に良かったです。鹿島の田代も、一番激しいあたりが来るところでよく体を張ってましたね。

ガッちゃん
ほんと、中国と日本のサッカーの質の違いも明らかになりましたよね。もちろん日本のほうが断然質が良い。まぁ、それでも必ず勝てるとは言い切れませんが・・・。選手たちは終始冷静でしたね。だから、啓太が一瞬熱くなった時に、ものすごくインパクトを感じました。

投稿: yamamo8 | 2008/02/23 12:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/31342/10670518

この記事へのトラックバック一覧です: 冷静と情熱:

« CRAYMER! | トップページ | Jリーグ選手名鑑2008 »