« 選手権決勝 流通経済大柏×藤枝東 | トップページ | 新しい始まり »

2008/01/18

伊豆修善寺温泉へ②

伊豆修善寺温泉へ①

元日も朝からいい天気でした。そして豪華な朝食にびっくり。雑煮やおせち料理がしっかりと用意されていたのは嬉しかったです。昨夜パンパンだったはずなのになぜか空腹になっていたお腹は、またもや一杯になってしまいました。チェックアウトは10時。来た時もそうだったのですが、Imgp1254ここはフロントに寄るとお茶やコーヒーを勧めてくれたり、対応も良くて、とても好印象な宿でした。細い急坂と、この時期だと寒い風呂だけは少し困りましたが。クルマは置かせてもらって、 まずは修善寺に初詣に行きました。屋台なんかも出ていて、昨日よりもだいぶ賑やかになってました。その後はお土産を買ってからクルマに戻って、再び「だるま山高原」の展望台へ。よく晴れていたのですが、富士山の頂上付近にだけ常に雲がかかるような状況・・・。しばらく待っていたのですが、結局スッキリと全体を見ることが出来ないまま展望台を後にし、Imgp1262 伊豆半島の西岸方面へ向かいました。駿河湾沿いに戸田、土肥、宇久須、田子、堂ヶ島、松崎とめぐることにしました。このあたりは、10年ほど前からお気に入りのコースなのです。最終目標は、松崎町にある「フランボワーズ」というケーキ屋です。曲がりくねった山道を下っていくと、やがて前方に青い海(戸田港)が見えてきます。この風景は好きですね。沖合いにはあちこちに白いさざ波が立っていて、この日も風が強いことを物語っています。戸田港の前を通過して、クネクネと南へ進んで行き、土肥の町を通過。そこから少し行ったところにある恋人岬でちょっと休憩。ここからも富士山が見えるのですが、やっぱり雲に邪魔されてました。ソフトクリームを食べてさらに南下。うぐすの湯を横目に、今度はその先の黄金崎に立ち寄ってみました。ここは、夕陽に照らされる岸壁が黄金色に染まることからその名前がつけられたのですが、この日は何しろ風が強いし、夕方まではまだ時間が早いということで、あまり長居はせずに出発しました。堂ヶ島は素通り。強風のせいか正月休みだからなのかはわかりませんが、遊覧船は動いてなさそうでした。そして、ようやく2時頃に松崎町まで来ました。136号沿いの定食屋で軽くそばを食べてから、とりあえず「松本写真館」へ。 040817_1210001 そう、ドラマ「世界の中心で、愛を叫ぶ」の舞台になったのが松崎町なのです。2、3年前に来た時にこの写真館(もちろん普段はただの民家です)を探し当てた時は、妙な達成感があったことが思い出されます。別に何をするわけでもなく、そこから1分程度のところにある「フランボワーズ」へ。ここも、10数年前に初めて西伊豆へ行った時に偶然見つけて以来のお気に入りで、伊豆方面に行った時は必ず寄るところです。みかんの輪切を上面に埋め込んだ”みかんケーキ”が有名なのですが、この日は店名と同じフランボワーズのケーキとコーヒーで一息つきました。その後は、来た道を北上して土肥まで戻り(途中、黄金崎付近に差し掛かった時は、ちょうど夕陽がきれいな絶好の時間帯だったのですが、今回はそのまま通過。また来たいと思います)右折。山を越えて修善寺方面へ。この頃、クルマの中では、早くも夜ごはんの意見交換がなされていました。そして、数年前に寄ったことのある、回転寿司屋を目指すことになりました。実は、場所も店名もはっきりと覚えていなかったのですが、136号を北上し三島を過ぎてからしばらく進んだところにありました。それがこの店。沼津港直送の新鮮なネタがおいしかったです。それにしても、たっぷり朝ごはん食べて、2時過ぎに昼ごはんを食べて、間髪入れずにお茶して、7時過ぎには寿司ですか・・・。我ながら、旅行へ行くと、ついつい食べ過ぎてしまいます。帰りは裾野から東名に入って、海老名で休憩を取って3時間弱で埼玉の家に戻ってきました。渋滞ピークの間隙をうまく避けることが出来て、往路復路とも道が空いていたのでとても快適な旅でした。ただ、持っていったデジカメの電池(充電式)が寿命で、写真をほとんど撮れなかったのが想定外ではありました。

|

« 選手権決勝 流通経済大柏×藤枝東 | トップページ | 新しい始まり »

コメント

こんにちは。
yamamo8さんの旅行は美味しそうですね。
でも、旅行に行ったら美味しいものを食べたいですからね。
わたしも食いしん坊なので(笑)
フランボワーズってラズベリー・・・ヨーロッパキイチゴですよね。
みかんケーキを見て来ました。
とても美味しそうでした。
主人は伊豆に行った事があるので今度はわたしも連れて行ってもらおうと思います。

投稿: *aprile | 2008/01/18 11:11

ダンナの実家へ挨拶詣での我が家ですが、こんなお正月の過ごし方もオサレでステキですねー
温泉宿でTV三昧ってのもなかなかいいではないですか。
何より、渋滞に巻き込まれなかったのが最高でしたね。やっぱりここがツボでしょう☆

投稿: コリアンダー | 2008/01/18 14:30

*aprileさん
歳のせいか、旅行の目的がそこへ行って何をして遊ぼう??という発想にはならないもので・・・。ついつい食べ物に走ってしまいます。「フランボワーズ」へは伊豆に行ったらぜひ立ち寄って下さい。本当に美味しいですよ。

コリアンダーさん
本当は、年越しの瞬間は修善寺の境内で迎えるつもりだったのですが、寒さで断念しました。大晦日、正月は渋滞の盲点をついた感じで本当に空いてました。ただ、宿は特別料金だったりするので善し悪しありますね。

投稿: yamamo8 | 2008/01/18 18:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/31342/9823854

この記事へのトラックバック一覧です: 伊豆修善寺温泉へ②:

« 選手権決勝 流通経済大柏×藤枝東 | トップページ | 新しい始まり »