« 明日は選手権決勝戦 | トップページ | 伊豆修善寺温泉へ② »

2008/01/15

選手権決勝 流通経済大柏×藤枝東

流経大柏は、ゴールどころか自陣にすら入れさせないっ、と言わんばかりの強烈なプレッシング。高い(位置が)、速い、強いと3拍子揃ったそれは、私の空回り予想を完全に吹き飛ばしてしまいました。藤枝東の10番、河井陽介を自由にさせなかった策もズバリでした。準決高川学園戦(前半しか見てないが)では面白いように炸裂していたスルーパスは影をひそめ、やっかいだと思っていたパス攻撃もシャットアウト。藤枝東は、河井のチームに及ぼす影響が大きすぎました。一方流経は、誰をつぶせばいいという対象がなくてどこからでも攻撃できる。全員攻撃全員守備のトータルフットボール(ほめすぎか)。河井対策で6番海老原を入れたために、今大会ここまで攻撃面で重要な役割を果たしてきた田口泰士(3ゴール4アシスト)が抜けましたが、そんなの関係なかった。仮に大前が密着されていたとしても、他の誰かが決めていたでしょう。サブのメンバーも含めた総合力の差といってしまえば身もフタもないですが、スーパーサブ中村龍一郎がいる藤枝に対して、流経には”スーパーな”サブはいませんが、久場、田口、保戸田、小島、河本などレギュラーと遜色のないメンバーが揃ってました。彼らを何の躊躇もなく起用し、相手や状況に合わせて柔軟に戦えたことが、大会を勝ち抜くことが出来た大きな要因でしょう。大前が素晴らしいのは言うまでもないのですが、この決勝では名雪遼平、中里崇宏、村瀬勇太のMF3人が素晴らしかったです。多分、こねくり回そうと思えばいくらでも出来るんだけど(セーフティリードを奪ってからから時折見せた相手陣内左サイドでのパス廻しとか、静岡のチーム相手にあれをやるんだから、手がつけられない)、シンプルで効率の高いプレーを攻守両面で見せてました。あとはFW上條宏晃。大前のスーパーボレーも、そのワンプレー前にPA内でのポストワークで絡んでるし、チームの3点目では、ゴール前でつぶれ役。その基点のところでは、中盤で村瀬からの縦パスを左SB比嘉(アシストを決めた)に絶妙のポスト。そこからけっこうな距離を一気にゴール前まで突っ込んで行ってつぶれてる。つぶれるつもりではなかったのでしょうが、まさに献身的なフリーラン。あの3点目は上條なくしては生まれなかったでしょう。もっとも、このフリーラン、無駄走りは上條に限らず、チーム全体に浸透していた基本プレーなのですが・・・。とにかく彼の復活も大きかったと思います。

と、ここで改めて思ったことがふたつ。それは、県予選決勝で惜しくも敗れた去った市立船橋のこと。もし彼らだったらどんな戦いをしていただろうか・・・。それと、ヨーロッパや南米では、この年代ですでに強豪チームのレギュラーポジションを勝ち取っているプレイヤーがいるという現実。「すぽると」ったら・・・。

|

« 明日は選手権決勝戦 | トップページ | 伊豆修善寺温泉へ② »

コメント

最後の30分くらいしか見れませんでしたが、流経大柏のプレーが藤枝東よりも一段上でしたね。特に中盤でのプレスの早さが目に付きました。
あと、(今年からなのか、昨年、一昨年あたりからなのかは分かりませんが)準決勝から一週間空くっていうのはどうかなぁと思いましたね。距離的に国立に近いチームの方が有利になる気が、、、

投稿: ガッちゃん | 2008/01/16 23:08

遅くなりましたが、今年もよろしくお願いします!

投稿: ガッちゃん | 2008/01/16 23:09

ガッちゃん
今年もよろしくお願いします。
確かに関東のチームには首都圏でやる優位さがあるでしょうね。そこを差し引いても流経は強かった。アウェイのインターハイでも1位と3位ですから、今年の千葉県勢というか市船、流経は抜けてました。日程面は一長一短ありますよね。流経はFW上條が間に合っちゃいましたからね。

投稿: yamamo8 | 2008/01/17 16:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/31342/9896738

この記事へのトラックバック一覧です: 選手権決勝 流通経済大柏×藤枝東:

« 明日は選手権決勝戦 | トップページ | 伊豆修善寺温泉へ② »