« 11位でフィニッシュ | トップページ | 冷たくなければアイスクリームではない »

2007/12/04

市船×流経 4度目の決戦へ

12月1日に市原臨海競技場で行われた高校サッカー選手権千葉予選準決勝の結果は

市立船橋 2 - 0 八千代

市立柏 0 - 2 流経大柏

となりました。

これで、今年の決勝は市船×流経という超豪華な組合せとなりました。豪華だけど、この両校のうちどちらかが消えてしまうというのはもったいない感じもします。それと、今年の千葉は決して全体としてのレベルが高いというわけではなくて、この2校が別格だったということが言えそうです。新人戦、インターハイ予選、選手権予選と、本当に他の高校の付け入る隙が全くなかったのですから。プリンスリーグ関東の優勝決定戦もカウントすれば、これが4度目のファイナルでの対戦になります。す、すごいぃ~。

Imgp1232

第一試合の市立船橋×八千代を見てきました。一言で言うと市船の完勝。八千代はほとんど何も出来ませんでした。まず、個々の能力・技術が違う。八千代で抵抗出来ていたのは、右サイドMFの服部くらい。昨年の選手権でも活躍したFW高橋は、ドリブルしては潰されるという悪循環が目立ちました。MFでのプレス合戦でも劣勢。マイボールを落ち着かせることが出来ず、相手へのチェックは空回り。チーム戦術でカバーしたいところだけど、その完成度も市船のほうが一枚も二枚も上でした。左サイドをあっさりと破られ前半のうちに2失点。後半は、少しペースを落とした市船に対してなんとか格好はつけるものの、市船ゴールを脅かしたのは、後半左SBから一列前にポジションを上げていた佐々木のシュートと、2度ほどあった、クロスが市船ゴール前を抜けていった場面くらい。八千代の選手が詰めてきているんだけど合わない、みたいな感じ。春先に感じた力の差を、埋めることが出来ないまま終わってしまったのは残念でした。来年はプリンスリーグの出場権もないし、また一から積み上げていかなければなりません。でも、応援してます。

一方の市船、特徴はサイド攻撃。右サイドをFW若狭(前半はやりたい放題だった)、左サイドはMF渡部とSB濱田。そこにFW中村、MF加藤、山田(足が長い)がからんで厚みのある攻撃を見せます。後半に、ハーフウェーラインあたりから流れるようなパス回しで右サイドを崩してシュートまで持っていったシーンがあったんだけど、あれは素晴らしかった。3人目の動きなんかも当たり前のようにこなしているし(2点目がそうでした)。190cmのCB橋本(浦和内定)を中心とした伝統の堅守に加えて、今年は攻撃面でもアイデアのある面白いプレーを見せてくれる。流経相手にどのくらいやれるのか、見に行きたいなぁ。八千代戦では、途中接触プレーにナーバスになっていたようだけど、深刻なケガ人が出ていないか少し心配ではあります。

|

« 11位でフィニッシュ | トップページ | 冷たくなければアイスクリームではない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/31342/9251058

この記事へのトラックバック一覧です: 市船×流経 4度目の決戦へ:

« 11位でフィニッシュ | トップページ | 冷たくなければアイスクリームではない »