« 2年間の積み重ね | トップページ | 市船×流経 4度目の決戦へ »

2007/12/02

11位でフィニッシュ

千葉 0 - 2 名古屋

Imgp1234_2 

前半はやや千葉のペースで進むものの、どちらも決め手に欠ける展開。後半千葉がペースダウンしてからは名古屋のゲームになりました。後半30分くらいに見せてくれたパス回しは、いつもよりもスピーディかつ滑らかなもので、チームとしての成長を感じました(千葉がちょっと弱っていたせいもあるけど)。左サイドで本田が基点となり、右サイドへ展開してフィニッシュという形で小川、玉田が連続ゴール。相手に当たってコースが変わった小川のはツキもありました。そして、PA内であれだけ落ち着いてプレー出来る玉田。千葉のディフェンスもうかつに飛び込めない独特の間合いは、杉本にはない持ち味です。一緒に見ていた千葉サポの友人曰く、CBの水本が足を痛めて動きが悪くなったことで千葉の左サイド(名古屋の右サイド)が緩々になってしまい、代わりに入った結城もジョルジェビッチとの連携がうまくいかず、そこを名古屋にうまく使われたとか。

今回は偉そうに選手評なんかをしてみる。

・楢崎  安定したセーブで完封勝利に貢献。キックの精度は見事。

・増川  久しぶりのためか、バタバタしていた。

・吉田  前半は危ないパスが目立つも、後半立ち直り、巻と五分以上に渡り合う。読みが冴えまくる。     

・阿部  チビッコのくせに競り負けないフィジカル。積極的なシュートも見せる。

・小川  守備で奮闘。1ゴールももう少し攻撃に絡みたい。

・中村  ミドルシュートを一本見せてくれたものの、まだ迷いが感じられる。

・吉村  MFの底でハードワーク。チームに安定感をもたらす。

・キム  好守に抜群の存在感。いつもより多めに回ってました。来季も見たい・・・。

・本田  水野とのマッチアップは完勝。FKは無回転よりも普通にインフロントのほうが・・・。

・杉本  スピードを警戒され持ち味出せず。まともなクロスが1本では寂しい。

・ヨンセン  相変わらずの丁寧なポストワーク。ゴール前での精度が今ひとつだった。

・玉田  相手が前掛かったこともあり、スペースを与えられ悠々とプレー。

・竹内  急な出番だったが、無難にプレー。竹内・吉田・阿部の3バック!

・山口  後半43分からプレー。

|

« 2年間の積み重ね | トップページ | 市船×流経 4度目の決戦へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/31342/9223426

この記事へのトラックバック一覧です: 11位でフィニッシュ:

« 2年間の積み重ね | トップページ | 市船×流経 4度目の決戦へ »