« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007/11/30

2年間の積み重ね

かばんの中を整理していたら、こんな記事のコピーが出てきました。071124_141901 名古屋が、日経のスポーツ欄で取り上げられるなんて珍しいことだったので、コピーして取っておいたんだと思います。なんだかものすごく遠い昔のような気もするけど、ほんの半年前のことなんですよね。この頃の名古屋は、とてもいいサッカーをしていた。実際には見てないのですが、当時色々なブログとかを見ていて、面白いサッカーをしていることが伝わってきました。ところが、試合毎にケガでレギュラーが欠けていき、選手層の薄さを露呈、次第にチームの歯車が狂っていってしまいました。私が見た試合(大宮戦、柏戦、鹿島戦、浦和戦、いずれもアウェー)は、残念ながらあまりいいところが見られませんでした。でも、セフの目指していたサッカーは悪くなかったと思います。日本中で走れ走れと言われている中、某サッカー誌のインタビューで「走りすぎてもいけない」というようなことを語っていたのが印象的です。今季一番気に入っているゴールは、ホームの浦和戦で、阿部のクロスをヨンセンが決めたやつです。中盤ではじっくりとポゼッション、ピッチを広く使い、ゴール前に厚みを持たせるなど、セフがやりたかったことがうまく表現されていました。いよいよ今季もリーグは残りあと一試合になりました。半年前には展開されていたはずの、躍動感あふれるサッカーを見せて欲しい。セフと一緒に2年間やってきたことを出し切って欲しい。いつも足りないと言われる”運”というやつを引き込んで、ゴールを奪って欲しい。そして、セフが千葉に「おめでとう」を言わないで済むように・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/27

直感

いわゆる 「岡ちゃん」?

なんか微妙。

アジアは手堅くいってくれそうだけど、その先がなんとも微妙な気がする。特に理由はないけど。

それに比べると、J1名古屋のピクシーは、なんとも危なっかしいけど、反面すごい楽しみです。特に理由はないけど。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007/11/25

高校選手権千葉予選4強決定

23日、24日に準々決勝が行われ、ベスト4が決まりました。

中央学院 0-2 流経大柏

千葉敬愛 1-2 市立柏

市立船橋 5-1 東海大浦安

生浜 0-1 八千代

12月1日に市原臨海競技場で行われる準決勝の組合せは

第一試合(11時~)    市立船橋 × 八千代

第二試合(13時30分~) 市立柏 × 流経大柏

となりました。

この日はフクアリで千葉×名古屋もあるので、天気が良ければトリプルヘッダーするつもりです。

と思っていたら、フクアリは14時30分からなのでトリプルは無理でした。ダブルヘッダーにします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/23

高校選手権千葉予選

高校サッカー選手権の季節になりました。地区予選のトリとなる千葉県ですが、10月27日、28日に決勝トーナメント1回戦を終了していて、ベスト8が出揃っています。今日と明日行われる準々決勝の組合せは

市立船橋  -  東海大浦安 (11月24日/東総運動場)

生浜  -  八千代 (11月24日/東総運動場)

千葉敬愛  -  市立柏 (11月23日/市原臨海)

中央学院  -  流経大柏 (11月23日/市原臨海)

となっています。プリンスリーグ関東に出ていた習志野(玉田の母校)の姿が見えませんが、1回戦で千葉敬愛にしてやられたようです。なんといっても今年の千葉予選は、ふたつのチャンピオンチーム、つまりインハイ王者の市立船橋と、高円宮王者の流経大柏がいるということでかなりの注目を集めています。順当ならば、この2校が12月9日に千葉県代表の座を懸けて争うことになるのでしょう。新人戦、インハイ予選、プリンスリーグ優勝決定戦と、節目のたびにファイナルを争ってきた両校の今季最後の決戦がここでも実現するのでしょうか。前年度チャンピオンの八千代(選手権ベスト4)は、順当にいけば準決勝で市船とぶつかります(12月1日/市原臨海)。プリンスリーグは不本意な結果に終わってしまいましたが、あれからチーム力どのくらい伸びているか、その戦いぶりに注目しています。習志野が消えた今、県内で”全国の2強”を慌てさせることが出来る可能性を持つのは八千代だけでしょう、たぶん。。。まずは明日の生浜戦、確実に勝利を!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/21

寒い夜だから

生まれて初めて羽毛布団を買いました。羽毛にもいろいろあるんですねー。ポーランド、フランス、中国といった鳥の産地の違いや、グース(ガチョウ)、ダック(アヒル)といった種類の違い、さらにはダウンの量の違いによってランクが分かれている。まぁ、うちで買うのは一番安い中国産ダックのですが。無印、千趣会、ニトリなどを見比べた中から私たちが買ったのはコチラの商品。2枚ひと組になっていて、組合せによってオールシーズン使いまわし可能なところがセールスポイント。値段は安いけど、それでも今までの布団よりも断然暖かい。おまけに軽いし(むしろ布団カバーのほうが重たい)、ふんわりしていて気持ちいい。布団に入るのがなんだか嬉くなってきます。布団から出たくなくなります。さすがは「お値段以上、ニトリ」。これでもう、寝る時にマフラーは必要ありません(うちだけ?)。リタが乗っかってきたらすぐにオシッコしそう。可愛そうだけど乗せてあげられないな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/11/19

スピラール&ヨンセン

大分 1 - 3 名古屋

ようやくJ1残留が決まりました。昼間に大宮、広島が引分けた時点で条件を満たしていたのですが、気を抜くことなくアウェーで勝利です。ヨンセンハットトリック!スピラール復帰!思えばセフが率いた2シーズン、この二人が揃い踏みすることはほとんどなかった。二人が共存したわずかな期間、つまり昨シーズンの終盤の追い込みとかを見ると、ヨンセン&スピラールがフル稼働していたら、名古屋はどんな風になっていたんだろうと思ったりもします。今更そんなこと言ってもしょうがないんですけどね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/11/16

「シュワーボ、オスタニ!」

日本のサッカーのためとか関係なく、とにかく回復して欲しい。あなたとお別れをするのは、ちょっぴり皮肉の効いた言葉(そしてちょっと肩をすくませたりする)とともに、あなたが笑顔で日本から去る時だと思ってますから。

14日にACL見て、15日は千葉の練習見て、その日の深夜(今日の未明)にテレビでプレミア観戦・・・。本当にサッカー好きなんですねぇ。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2007/11/15

浦和レッズACL制覇

日本サッカーの発展に繋がるからとか、Jリーグの代表だからとか、そんな気はさらさらおきませんでした。それほど心に余裕がないもんで。だからACLのことはそんなに気に留めていませんでした。名古屋出てないし。浦和レッズのACL制覇は、文句なしの偉業だと思います。チームに関わる全ての人たちにとって、最っ高の結果でしょう。でも、それを祝福するよりも、嫉妬・羨望・悔しさのほうが強いというのが偽らざる気持ちです。昨日の試合もテレビで見ていましたが、試合終了の瞬間は見てません。「日本×キューバ」にスイッチしました。なんて小さいヤツなんでしょう。

名古屋グランパスをずーっと応援していこうと思いました。いつの日か、Jリーグで優勝して、そしてまたいつの日か、この日のレッズと同じようなステージにまで登りつめる時が来ることを願いつつ、埼玉の片隅で。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/11/14

おやすみグララの色違い?

グアムのとあるお土産売り場にいました。

Imgp1214

Imgp1213

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/11/12

名古屋J1残留の条件

名古屋 0 - 0 磐田

20本のシュートを放ちながら0-3で敗れた清水戦の後に、「シュートなんて入る時は入る。シュートを打てているという事実が大切だ!」なんて偉そうなことを言ってたけど、ここまで入らないとは・・・。

ここで、気分を変えて(変わるかっ)名古屋J1残留の条件を、NHKのスポーツコーナー風におさらいしてみると

次節

「名古屋 ○」 

「大宮、広島が共に △ or ●」

でJ1残留決定となります(わざわざ書き記すほどのことでもないが)。

思えば、開幕時は4連勝してたんだよな~。まさかこうして残留争いにまでちょっかいを出してくるとは思わなかったです。最終節は、千葉サポの友人と一緒にまったりと観戦したいので(それと、出来れば花井聖がJ1デビューなんかしてくれたら嬉しい)、とにかくそれまでには残留決まっててくれ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/08

新しい世界だ

会社の旅行でグアムに行ってきました。この旅行での大きな収穫は、何と言ってもシュノーケリングを体験したこと。この歳になって初めてのことです。Imgp1224 誰にでも出来ると言われているにもかかわらずこれまでにやったことがなかった理由は3個。①泳ぐのが下手。まったく泳げないわけではないけど、陸上に比べると水中ではふるまいにいまいち自信が持てない。一度九十九里の海水浴場で溺れそうになったこともあったりするし(←大人になってからの話)。海は好きだし毎年海水浴にも行くけど、ひたすら日焼けに専念で、たま~に浸かるといったスタンス。②メガネ。これは、2年前からコンタクトを併用してるので現在ではさほど大きな問題ではない。③海の中を上から覗いて見てるだけで何がそんなに楽しいんだろうという思い込み。ダイビングとかなら話はわかるんですけど(やらないけど)。仮に面白いものだとしても、これまでは①の壁(=恐怖とも言える?)を乗り越えてまでも、という気持ちにはならなかったのです。今回私を駆り立てたのはいったい何だったんでしょう(大げさ)。

フィッシュアイマリンパークというところで催行している「海中展望塔見学&シュノーケリング&バーベキューランチ」ツアーに参加しました。まずは、岸から沖に向かって300mくらい伸びた桟橋を渡って海中展望塔へ。Imgp11882 深さが10mくらいあるそうです。海がきれいで魚もきれいで、まぁ普通に楽しめました。それから、「ワタシ、ニホンゴチョットダケ、チョット、チョットチョットネ」という、日本との時差を感じずにはいられない決めゼリフの持ち主であるガイドに言われるがままに、3点セットとライフジャケットを装備して、展望塔脇のはしごから海に入っていきます。今年初めて入ったのは、いきなり足がつかない深さだったのですが、ライフジャケット着用だから勝手に浮いてるし、フィンがあれば少しくらいの流れならば問題なく抵抗できる。こ、怖くない。シュノーケルを思いっきり噛んでそーっと海に顔をつけてみる。するとどうでしょう。海面を隔てただけのそこは、もう今まで見たことのない世界でした。いや、正確に言うと少し前に展望塔の中から見ているんだけど、ガラス越しに見るのと、海に浮かんでマスクを通して見るのとでは大違い。目の前をゆうゆうと泳いでいるトロピカルな魚たち。ガイドの人がくれるイカをちぎって投げてやると、すごい勢いで集まってくる。魚がこんなに近くに”いる”なんて、これまでになかった感覚でした。様々な形、色のサンゴも見ていて飽きがこない。あっという間の60分でした。そして次の日は、宿泊しているホテル(ニッコー)の前のビーチでシュノーケリング。Imgp12202 遠浅なのですが、途中から急に深くなっていてなかなかいいポイントになっている、という情報をサーファーの先輩に教えてもらって一緒に行ってきました。ここも綺麗でした。魚も、フィッシュアイよりも種類は少ない感じでしたが、けっこうたくさんいましたし。何もオプショナルツアーに参加しなくたって、ここでも十分に楽しめるっていう話でした。ちなみに、道具のレンタル料金は2時間で10$でした。この日はライフジャケットなし。これだと水面だけではなくて水中に潜るのも自由自在になります。私は潜れなかったけど。こんなに楽しいことを、これまで(サイパン、モルディブ!)やらないでいたっていうのはもったいない話だよ、と思わずにはいられない今回の旅行でした。新しい世界を知りました。あと、よゐこの濱口の偉大さもちょこっとだけ感じました。

Imgp11772

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/11/01

風は秋色

ここ最近は仕事がめちゃめちゃ忙しかったです。おかげで、名古屋グランパスの監督人事をめぐる迷走っぷりだとか、亀田家の謝罪問題だとか、浦和にPARCOが出来ただとか、沢尻エリカだとか、新型フィット発表だとか、花井聖の名古屋加入内定だとか、マッチに子供が生まれただとか、高校サッカー選手権の千葉県予選スタートだとか、ネタはいろいろあったのに(芸能かサッカーばっか)ブログ書く気力が出ませんでした。そういえば名古屋×FC東京戦もスルー(もともと試合見ないで何かコメントするのも無理がありますけど)。もうしばらくは忙しい状態が続くので、更新も滞りがちになりそうですが、とりあえず明日からは会社の旅行でグアム(!)に行ってきます。3泊4日で。今年は一度も海に行ってないので、なんだかとても楽しみにしてます。生っ白くなったお腹に紫外線をたっぷり当てて、色だけでも引き締めてこようと思っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »