« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007/10/29

ハンデ戦

浦和 0 - 0 名古屋

相手はACLファイナリストにしてJリーグ首位をひた走る浦和。言わずと知れた過密スケージュールで、3日前に韓国のタフなチームとの120分の死闘を終えたばかり。精神的にはヤレヤレといった感じだろうし(なおかつG大阪負けたし)、肉体的にもかなりキツいと思われ、名古屋が浦和に勝つならここしかないでしょうぐらいの気持ちでした(ファンサカでも名古屋から5人チョイス、あれっ、増川出てないじゃん)。

Imgp1166

予想通り浦和は緩かったです。ホームで対戦(1-2で敗戦)した時に痛感した、チームとしての絶対的な強さや個々の強さ(=状況を打開する力=ドリブル)はほとんど気になりませんでした。やっぱりコンディションは相当悪かったのでしょうね。プレスは緩いしかかる位置も低い。結果名古屋は、易々とボールを回す時間が多くなる。こっちがミスらなきゃ、相手はボールを奪おうにも奪えない。名古屋がミスってボールを奪った時にはここぞとばかりにカウンター気味に攻めてくる浦和。でも、前半の右サイド(山口慶+吉田)がスカスカだったことと、後半の長谷部の推進力たっぷりのドリブルの他にはそれほどの危険はありませんでした。一方の名古屋の攻撃ですが、こちらもあまりピリッとしない。ポゼッションの割りに決定機が少ないのは、悪い時の日本代表みたいです。いわゆる連動した動き、3人目の動きがほとんど見られない。後半途中に一度、左サイドで渡邊が本田との目の覚めるようなワンツーで抜け出したプレーがあったけど(浦和DFは全くついて来れなかった)、ああいうのをもっとたくさんやって欲しかったです。ヨンセンは本当にポストプレーがうまいです。浦和のチェックが甘かったのもあるけど、この日はほとんどボールを取られませんでした。目の前で弾んだボールが最高点に到達した瞬間に、足をヒョイっと上げてボールにタッチしてのキープやパスは芸術的です。ただ、それをチームが好機へと結び付けられないのがもどかしいです。チャンスになりかけるんだけど、ちょっとしたズレで苦しいプレーになってしまうシーンが目立ちました。ヨンセンは偉大なポストプレイヤーだけど、ジュニーニョやワシントンのように独力で何かを出来るタイプではないので、やっぱり周りとの連携が大切になってくるのだということを改めて考えさせられました。途中出場だった杉本や小川、あと片山あたりなら、もっとうまくヨンセンと絡めそうな気がする・・・。もうひとつ気になったのはシュートを打とうとする意欲が少ないこと。前述した、渡邊がワンツーで抜け出したシーンでは、最後クロスだったけどシュートで良かったと思うし、誰とは言わないけど、中央をフリーでドリブルしてきているのに、パスの相手を探して周りをキョロキョロしてばかりでシュートのタイミングをフイにしてしまったのにはがっかりしました。

とはいえ、4分というロスタイム。ようやく浦和が押し込んできたけど、その間隙をついて2度のカウンターを仕掛けたように、最後まで勝とうとして戦った気持ちは伝わってきました。試合を通じて、セットプレーでも集中して守れていたのも良かったです。正直に言えば、この日の浦和には負ける気はしませんでした。勝てた試合だったと思います。でも、アジアチャンピオンになろうかというチーム相手に五分以上に渡り合ったということでプラスに考えて、残りの試合につなげていって欲しいと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/10/19

A代表 エジプト戦感想

見ていてとても楽しい試合でした。ベストメンバーではなかったようですが、エジプトは決して弱くなくて、コンディションも悪くなさそうでした。点差が開いても最後まで見事なパス回し&個人技を見せつけて、日本はポゼッションで完全に負けていました。でも、そんな相手から奪った4ゴールは、どれも素晴らしいものばかり。個人的には、駒野→加地で決まった4点目が好きです。左サイドバックと右サイドバックがあれだけ高い位置にポジションを取れれば、攻撃は分厚くなります。アンガールズの前田が良かったです。なぜだか分からないけど(受けに来るタイミングやポジションがいいのでしょう)、みんな前田には預けやすそうでした。そして前田から戻ってくるパスもまた気が利いていてチーム全体がとてもスムーズでした。その分、少しでもパスがブレると目立ちもしましたが。前半30分くらいの、鈴木啓→中村憲→鈴木啓→前田→中村憲→大久保とつながったシーンはダイナミックでほれぼれしました(5回ほどリプレイ)。そんな前田に釣られたのか、この試合では、山岸の積極性=追い越す動きが目立ちました。これまでもやっていたのか、やっていなかったのか、やっていたのに周りにうまく使ってもらえなかったのか、テレビを見てるだけだとよくわからなかったのですが、この試合では効果的に飛び出し、うまく使い使われている様子がテレビの画面からもよーく伝わってきました。前田のゴールも含め、この2人のコンビネーションでけっこうチャンス作ってました。それと、もうひとつ感じたのが、長短織り交ぜた後方でのパス回しのスムーズさ。オシム就任当初の各駅停車から比べたら格段の進歩です。そういえば、前半30分のシーンもDF陣のパス回しでエジプトの前線をいなし、ハーフライン手前右寄りにいた鈴木啓にパスが渡ったところから始まっていました。細かいパスミスなんかがけっこうあったり、ボール保持率で見劣りもしたけど、自分たちの狙いがしっかりと出せていたという点で、今年のベストに近いゲームだったと思います。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007/10/11

アウェイゴールは2倍?

ナビスコ杯の準決勝第1戦が行われました。カップ戦などで必ず耳にするのが、”アウェイゴール2倍ルール”ってやつです。『ホーム&アウェイで行われた2試合の勝利数、得失点差が同じ場合、アウェイで奪ったゴール数が多いほうのチームを勝者とする』というような意味。これって、そもそも消極的になりがちなアウェイのチームを活性化させるために作られたものだという認識を持っているのですが(違うのかな)、時は流れて21世紀にもなると、ホームチーム(特に初戦の)がこれを過剰に意識しすぎて逆に消極的になってきている風潮があるような気がしないでもない。ホームで失点しなければ、サイアク0-0でもオッケーぐらいの。ニュースなんかでもやたらとアウェイゴールがどうとか騒いでるし。でも、よーく考えたら、例え何失点しようがやっぱり初戦のホームゲームは勝ったほうがいいと思う。4-2で勝てば2戦目のアウェイは引分けはおろか負けても1点差までなら勝ち抜けになるわけですから。

普通のカップ戦(トーナメント)のレギュレーションでは、①2試合の勝利数、②2試合の得失点差、の次にようやくアウェイゴール2倍ルールの出番が来る。つまり①、②で決まればアウェイで何点取ろうが取らまいが関係ないのです。当然2倍にもならない(笑)。③に対するリスク管理をするよりも、①、②で決着するための方法を考えることを優先するほうが健全でいいんじゃないかなと思うこの頃です。

ナビスコの4強に残っている川崎もアウェイゴールを意識しているみたいですが、ここはちょっとニュアンスが違っているようです。先だってのACL準々決勝、その初戦のアウェイを0-0で引き分けたことが敗退の一因となったことから、別の意味でアウェイゴールの重要さを学んだ。それは「アウェイで点を取ること」の大切さです。これは、私が冒頭偉そうに嘆いた風潮である「ホームでは失点しないこと」の裏返しでもあって、パッと見イコールなことのようなのですが、実は全く意味が違う。意味というか意識・姿勢が違う。こういうチームが増えれば、カップ戦も盛り上がるし、アウェイゴール2倍ルールを考案した人も報われるのではないでしょうか。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/10/08

高円宮杯準決勝 グッドルーザー

サンフレッチェ広島ユース

    3  -  2 (延長 2  -  1)

            名古屋グランパスエイトU18

高円宮杯準決勝。攻撃力が売り物の広島ユースに立ち向かうのが、ここまで5試合で失点2という堅守を誇る名古屋U18。気持ちのいい秋晴れの国立競技場で行われた両者の対決は、勝利へのひたむきな姿勢や、サッカーの意外性、怖さを思い知らされることになる白熱した好試合になりました。

Imgp1149

名古屋のスタメンは433。

GK 鈴木規

DF 三島 津田 三宅 中田

MF 西山 西部 安藤

FW 太田 アルベス 磯村

試合は、大方の予想通り広島が序盤からペースを握ります。名古屋は、前半5分過ぎに、早くもポスト直撃弾を浴び、この先どうなるのかと心配させられたのですが、その後は広島の迫力ある攻撃にも慣れてきたのか、粘り強い守備でしのぎ、途中左サイドからのクロスをファーでピタリと合わされたシーン以外には危ないシーンはありませんでした。が、攻撃のほうがさっぱりでした。DFラインではパスを回せるものの、中盤にボールが入ると、広島のフォアチェックの網にかかりなかなか自由にプレーをさせてもらえません。比較的プレスが緩いサイドを突こうにも、守備に比重を置いているため攻撃にかかる人数が足りず、なかなかシュートまでいけません。ようやく前半のラストプレーで、連続CKから立て続けにシュートを放ち、広島を少しヒヤッとさせたところで前半終了。

後半に入ると、前半終了間際に作った流れのままに名古屋が攻勢に出ます。前半よりも相手陣内の深いところでプレーが出来るようになってきました。そんな時、前半からやっかいな動きをしていたImgp1147広島の27番大崎に裏を取られ鈴木規と1対1に。ところが、彼が選択したトゥキックでのシュートは大きく浮いてしまいピンチを逃れました。大崎は、小さいけどスピードがあってエネルギッシュに動くウインガーで、その坊主頭という外観も手伝って強い時の国見とかにいそうなイメージ。右に左にポジションを替えて基点となったり、スキを見て裏に飛び出してくるなど、前半から非常に存在感を見せていました。まだ1年生です。名古屋がペースを掴みつつあった後半10分過ぎ、名古屋陣内右サイドからの広島のFK。岡本が蹴った緩めのボールは鈴木規が出るのを躊躇してしまう嫌なコースへ。広島の横竹にわずかにコースを変えられて先制を許してしまいます。 ここから名古屋の反撃。太田OUT、岸INでMFを右から安藤、西山、西部、岸として磯山、アルベスの2トップ気味の442に変更。座って観戦していた名古屋U12と思われるちびっ子たちは、スタンドの最前列に移動して兄さんたちを声でサポート。名古屋おなじみのサポートソングがボーイソプラノで響き渡ります(もちろんバックスタンドのサポーターも負けていませんでした)。岸が良かったです。ここまで個々のマッチアップでは劣勢だった名古屋ですが、岸には独力で局面を打開できるフレッシュさがありました。この頃から、広島はDFの選手が足を伸ばしたりするしぐImgp1150さを見せるなど確実に消耗しはじめてきていました。さらに、大崎という脅威が交代で退いたこともあって完全に名古屋のペース。岸が左サイドからドリブル突破で切り込みうまくコースをついたシュートはポスト直撃。ゴール前の混戦からアルベスがループ気味に放ったシュートは相手GKがゴールラインギリギリでキャッチ(体はゴールの中に入っていた)するなど、名古屋にもゴールの雰囲気が漂いはじめてきました。ところが、時間は無常に過ぎていき、気がつくといつの間にかCB三宅を前に上げてパワープレーという時間帯に。忠実にロングボールを放り込むもののシュートまで持ち込めないままロスタイム。表示は3分。右サイドでA代表の加地以上にアップダウンを繰り返していた三島が、安藤とのコンビでサイドから切り込みCKを獲得。GK鈴木規も上がってきてこれが文字通りのラストプレー。 中田の蹴ったCKの先には三宅がいました。それまで、守備の場面でことごとくボールをはね返し続けていたヘディングで劇的な同点ゴール!この瞬間はトリハダが立ちましたねー。

延長前半は名古屋ペース。延長前半7分。左サイドのスローインから、中田と岸がパス交換しながら中へ運び中央の磯村につなぐと、磯村は右斜め前を向いてドリブル。さらに大外に走りこんでいた選手(安藤?三島?)へスルーパスを出すのかと思いきや、ぽっかりと空いたPA内中央のスペースにいたアルベスへ短いスルーパス。アルベスは冷静にボールをコントロールし、広島DFの寄せよりも一瞬早くシュート。とうとう逆転です。まだ勝ったとは思わなかったです。あと10数分の広島のフルアタックをしのげるのか、なんてことを考えていた矢先、U17W杯フランス戦で柿谷がやったのと同じような超ロングシュートを岡本に決められてしまいあっという間に同点に。鈴木規にしたら痛恨のプレーなのでしょうが、あれは岡本を褒めるしかない。Imgp1154そして延長後半、名古屋は大崎に代わって入った22番宮原に中央からドリブルシュートを決められてしまい勝ち越しを許すと、 試合終了間際の連続セットプレーのチャンスを活かせずに準決勝敗退となってしまいました。延長に入ってからは何度も足をつらせながらも、最後まで走り続け、味方を鼓舞し続けたたキャプテン西山をはじめ、ほぼ全員がピッチに崩れ落ちるという残念な結果となってしまいました。

本当に惜しい試合でした。色々なことがあった試合でした。ただ、ここまで見た高円宮杯4試合の中で一番いい試合だったと思います。選手たちにしたら、あそこまでいったら勝ちたかったでしょう。でも、ロスタイムに追いついて思いがけない20分間を掴み取り、そして、ほんとに一瞬だったけど夢のような瞬間を味あわせてくれた名古屋グランパスU18。その懸命な戦いぶりは、名古屋を応援していた人々はもちろん、それ以外の観客たちにも、インパクトを残したと思います。バックスタンドの名古屋サポーター、広島サポーターに続き、最後にメインスタンドに戻ってきて挨拶をした時のあたたかくて大きな拍手が、それを物語っていたと思います。選手、チーム関係者のみなさん、お疲れ様でした!気持ちを切り替えたら、また次の戦いが待ってます。最後までしっかりとやり遂げて欲しいです。

Imgp1155

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/10/07

それがサッカー

清水 3 - 0 名古屋

シュート数は清水(8本)を圧倒する20本。それでもスコアは0-3。勝ったのは清水・・・。それがサッカーというスポーツです。そんなこたぁ、言われなくたって分かってるでしょう、選手たちは。それよりも、私としてはチャンスを作れていたこと(シュートを打てていたこと)を評価したいと思います。いろんな記事を見てみると、前節と同じフォーメーションで戦い、清水をかなり押し込んでいたようです。シュートを打っているということは、チームがリスクを冒して前に向かっていることの証でもあると思うのです。肝心のシュートが決まらなければしょうがないじゃないか!というのももっともなのですが、シュートは水物。決まる時は決まります。それがサッカーです(本当かよ)。ここ2試合の戦いを継続していくこと。名古屋にとっては、そっちのほうが難しいミッションのような気がします。完勝完敗サイクルが続いている名古屋ですが、微妙に得失点差のマイナスが増えつつあるのがなんか嫌ですねー。あと、神戸戦に続いて連敗中の相手に勝利を献上するという役回りになってしまったのも面白くありません。が、とにかくホームでの勝利は続けて欲しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/10/03

フットサル自主大会

先週の土曜日、江戸川の体育館でフットサルの大会がありました。今回で5回目を数える、私が所属しているover30のチームプロデュースの大会です。常連さん5チームに集まってもらい、総当りのリーグ戦で行われました。結果はうちのチームが3勝1敗で見事優勝してしまいました。これまでに優勝2回、準優勝2回を誇る、「もうそろそろ呼ぶのやめようか」っていうチーム(以後BSとします)があるんだけど、初戦でいきなりこのBSと当たって4-3で勝ってしまったことでモチベーションが高まりましたね。BSには今までに一度も勝ったことがなかったのですが、今回は守備意識を高め、少ないチャンスをものにした(相手のゴレイロがちょっとアレだったというのもある)ことで初勝利です。うれしかったー。2試合目は0-1で敗れたものの(このチームもつおい)3、4試合を連続完封勝利で3勝1敗。まぁ、ホストが優勝するっていうのもどうなのかという意見もありますが、我がチームは5チーム中明らかに年齢が高かったことを考えれば(over30どころかこの日はむしろover40に近いくらいだったし)、よく頑張りました。この日のポイントは、なんと言っても守備意識が高かったこと。前線からの粘り強いマーク、攻守の切り替えの速さ、全員が上がらないで常に誰かがフィクソのスペースをカバーする、など、セフが見ていたら「しっかりと規律を守って戦ったチームにおめでとうを言いたい」と絶賛する内容が結果に結びつきました。ちなみに私は、ほとんどフィクソに入り、2試合目の失点の原因を作った他は無難にプレー。いつも5、6点は取られるBSを3失点に押さえたのは出来すぎ。4試合目にちょっとだけピヴォをやらせてもらって1ゴール。ただ、私的にはピヴォよりもアラのほうがやりやすいということがはっきりしました。あと、最近トゥキックがうまく当たらないのは練習不足だからでしょうかねぇ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/10/01

不思議だ~

名古屋 2 - 0 

やれば出来るということは分かりました。問題はなぜいつも出来ないのかということ。そりゃあ、相手のあることですけど、いい時とダメな時の違いが大きすぎます。いつも同じようにやるためには、何をどうすればいいのか、その辺をしっかりと分析して修正して、そしていつもやって欲しいと思います。小川のリーグ初ゴール、見事でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »