« スイス戦感想 | トップページ | 鹿島に完勝&高円宮杯決勝T進出 »

2007/09/16

高円宮杯 vs大阪桐蔭戦

名古屋グランパスエイトU18

      0  -  0

            大阪桐蔭

ここを勝って、グループリーグ突破を決めておきたい名古屋。市船戦の時は最後尾にいた西部が中盤に上がり、岸の代わりに磯村を入れた442になってました。大阪桐蔭も442。

GK 鈴木規

DF 三島、津田、三宅、中田

MF 安藤、西部、西山、磯村

FW アルベス、太田

後半は、磯村と太田がポジションを代えて、さらに安藤と太田が左右入れ替わっていたっぽいです。

この日はあまりいい出来ではなかったです。客観的に見れば終始大阪桐蔭のペースだったといえるでしょう。ディフェンスの場面では、特にMFでは大阪桐蔭のパスを後から追いかけていくだけで、Imgp1124 相手がミスでもしない限り取れる気がしなかったし、攻撃では全体的に動きが少ないので、MFでの細かいパスは相手のしつこいプレスにかかってしまうし、アルベスへのくさびに対しても3人目の効果的なフォローがなくてつぶされてしまうことが多かったです。磯村がちょっと元気なかったです。そういえば、自分たちのスローインの時も、誰も動かないのでなかなか投げられないといったケースも多かったです。可能性があるとしたら、中田、安藤、アルベスが左サイドで絡んだ時とセットプレーくらい。Imgp1125 後半に左サイドのスペースに流れたボールにアルベスが追いついてボールキープ→後ろにサポートに来た中田へ戻す→PAの角付近にいた安藤へタテパス→安藤はヒールで中田へリターン→中田はPA内に進入し相手DF一人を交わすと角度のないところからシュート、の流れは相手GKのファインセーブに阻まれてしまいましたが、しっかりと崩した惜しいプレーでした。安藤が左サイドをドリブル突破していき、PA内で持ちすぎてしまって相手DFに詰められてしまうシーンも2回ほどありました。

大阪桐蔭には、ボールは支配されるもののそれほど危ないシーンは作られていなかったと思うのですが、暑さ(第1戦の時より暑かった)のせいか、市船を破ったことにより少し気が緩んでしまったのか、ピリッとしない試合でした。そのせいなのでしょう。キャプテンの西山が試合序盤からずーっと怒っていて、最後のほうは完全にふてくされてしまっていたようでした。かなり険悪な雰囲気に見えました。中1日しかないですし、チームに悪影響が残らないように、スタッフはうまくコントロールして欲しいところです。

Imgp1127

ここまでの順位は

1位 名古屋U18 1勝1分 勝点4 得失点差+1

2位 市立船橋  1勝1敗 勝点3 得失点差+2

3位 大阪桐蔭  2分     勝点2 得失点差0

4位 徳島ユース 1敗1分 勝点1 得失点差-3

となっており、名古屋は次の徳島戦に引分け以上でグループリーグ突破が決まります。ひたちなかまではちょっと応援に行けないですが、自分たちのサッカーを取り戻してもらって、スッキリとした気持ちで今回の遠征を終えて欲しいです。

そういえば、大阪桐蔭のCKの時に面白いサインプレーがありました。GKとDF二人(前線に残っていた名古屋の太田?をケア)とImgp1128 キッカーの4人を除いた7人が名古屋ゴール前(ゴールエリア内)にポジションをとるのです。名古屋もそれをマークするので選手が密集。あそこに精度の高い速いボールが入ったら何か起こりそうで、アイデアとしては面白いと思いました。鈴木規はちょっと嫌だったろうと思います。まぁ、キックが今ひとつで企画倒れに終わったんですけどね。

|

« スイス戦感想 | トップページ | 鹿島に完勝&高円宮杯決勝T進出 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/31342/7970808

この記事へのトラックバック一覧です: 高円宮杯 vs大阪桐蔭戦:

« スイス戦感想 | トップページ | 鹿島に完勝&高円宮杯決勝T進出 »