« A代表 オーストリア戦感想 | トップページ | 勝ち点1ゲット U-22サウジ戦 »

2007/09/10

高円宮杯 名古屋U-18、インハイ王者に勝つ

名古屋グランパスエイトU-18

     2  -  1

            市立船橋

秋津サッカー場で行われた高円宮杯のオープニングゲーム、名古屋グランパスエイトU-18×市立船橋の一戦を見に行ってきました。昨年の準優勝チームと今年のインターハイ王者の対決は、ジュビロ磐田ユース×G大阪ユース、横浜FMユース×サンフレッチェ広島ユースと並ぶグループリーグ屈指の好カード。市立船橋といえば、古くは初代小川、野口に始まり、原竜太、中村直志、最近では阿部、2代目小川を輩出している、名古屋にとって浅からぬ縁のある高校です。気温30℃を超える中、両チームとも最後まで走り続け、集中し続けた好ゲームでした。

Imgp1121

会場に到着した時には、すでにゲームが始まって5分くらい経過していました。お互い様子を見る感じでゆったりとした立ち上がり。 市立船橋が浅いラインの442。名古屋U-18の布陣は361でしょうか。相手ボールの時は541のようにも見えました。Imgp1119両サイドの三島②、中田③が、高い位置にいる市船の両サイドハーフ(FW登録?)若狭⑨、渡部⑩をかなり警戒して下がり目のポジションをとっていたようです。でも、攻撃の時はタイミング良く上がっていき、決して押し込まれているわけではありません。先制したの市立船橋。ピッチ中央で西部21がトラップミスしたところを若狭に奪われ、そのままドリブルから鮮やかなミドルシュートを叩き込まれてしまいました。名古屋U-18も次第に積極的な攻めを見せ始め、サイドからいい感じでクロスが入ったり、太田⑦や中田がドリブルで中へ切り込んでシュートを放つなどペースをつかんできました。そして中央やや右よりで得たFKのチャンス。中田の無回転気味の強烈なシュートを相手GKがファンブルしたところを、ゴール前につめていた三宅⑤がワンタッチで蹴りこみ同点。その後は市船にほとんどチャンスを作らせず、名古屋ペースのまま前半終了。

後半になるとアルベス⑨のポストプレーが目立つようになってきました。開始早々、そのアルベスが、右サイドのスペースに出たボールに追いついてボールキープ。後ろからサポートにきた三島に戻すと、三島はすかさずクロス。Imgp1120 逆サイドに走りこんでいた安藤④にぴったりと合い、ヘディングでゴール。見事なカタチで逆転に成功しました。その後は徐々に市船が圧力を強めていき、名古屋U-18が攻め込まれることが増えてきました。中村⑮のキープからサイドで数的優位を作られて、あっさりとクロスを放り込まれるといったシーンが目立ちました。しかし、最後まで集中力が途切れず、市船のあせりにも助けられ、インターハイ王者に競り勝ちました。

両チームとも、DFラインから丁寧にパスをつないで攻撃を組み立てていくスタイル。特に市船は、GKがパントキックをすることがほとんどなかったことも、そのスタイルの徹底ぶりを表していると思います。Imgp1123名古屋にとっては、昨年の決勝の滝川第二のように、裏を狙ってどんどん蹴ってこられたほうが嫌だったような気がします。 ディフェンスでは、この日は合わなかったから良かったけど、サイドのけっこう深いところからあれだけ簡単にクロスを上げられるのは少し心配です。攻撃では、みんなしっかりと走ってボールも良くつながっていました。MF中央で冷静にボールを捌くキャプテン西山⑧が良かったです。それと、1トップ気味だったアルベスのポストプレーが巧でした。市船のCB橋本⑤(190cm!)のプレッシャーにも負けず、ボールがよく収まっていました。左右スペースにもよく走りこんでチャンスを作り出していました。

|

« A代表 オーストリア戦感想 | トップページ | 勝ち点1ゲット U-22サウジ戦 »

コメント

試合に行かれたんですね。
暑い中(と聞いてます)、お疲れ様でした。
市船はカウンターサッカーで、後半はリトリートしたグラユースを崩せなかったと聞いたんですが、違ったようですね。(見る人によって、受け取り方に差があるのかもしれませんが)
 
この大会は、ほとんど静岡~関東で行われているようなので、見に行かれないのが残念です。(U17代表みたいに、せめてTVで放送してくれれば)
ともあれ勝利は嬉しい。この調子で上がっていってほしいです。

投稿: エリコ | 2007/09/10 15:26

エリコさん
名古屋U-18も市船も自分たち主導でしっかりとパスをつないでくるサッカーで、カウンター狙い=リアクションには見えなかったですよ。市船なんかは、逆に攻撃に手間を掛けすぎていたようにも感じました。それが名古屋のリトリートの効果なのかは微妙ですが。どちらかといえば、リードしてからの名古屋U-18は、リトリートしていたというより下げさせられたといった感じに見えました。でも、暑い中最後まで集中を切らさず、運動量も落ちずなかなか見ごたえのあるいい試合をしていたと思います。

投稿: yamamo8 | 2007/09/11 00:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/31342/7875902

この記事へのトラックバック一覧です: 高円宮杯 名古屋U-18、インハイ王者に勝つ:

« A代表 オーストリア戦感想 | トップページ | 勝ち点1ゲット U-22サウジ戦 »