« 苦しい戦いは続く・・・ | トップページ | 高円宮杯 名古屋U-18、インハイ王者に勝つ »

2007/09/09

A代表 オーストリア戦感想

立ち上がり、オーストリアのシャープでシステマティックな動き、パススピードの速さ、プレスの強さ、カウンターの迫力なんかを見ると、なかなか手強いのか?と思ったりしたのですが、正確性に欠けるところがあって、そうこうしているうちに、MFでの稲本の派手な立ち回りや、闘莉王、中村俊、稲本のロングレンジのパスがいい感じに決まるようになり、次第に日本のリズムになっていきました。でも、せっかくサイドを変えて加地なり駒野なりがいい形で受けても、味方のフォローが遅くて(オーストリアの寄せ・戻りが早かった?)数的優位を作れずに、アジアカップ以来よく見かける、ポゼッションはするけど決定打が出ないパターンに陥ってしまいました。いわゆる3人目の動きや追い越す動きが少なく、攻撃にスピード感が感じられません。アジアカップ以降言われるようになった個の打開力(例えばドリブルとか・・・)ということでいえば、田中達や松井が時折見せてくれるのですが、ブツ切り感が強いというか、あまり効果的ではなかったように思いました。周囲の選手にも問題があるのでしょうけど。もっと全体的に運動量を増やして、チームの連動性を高める練習をしていけば、面白い試合が出来るようになると思います。中澤、闘莉王の2CBと稲本-この3人はいずれもスペシャリストといっていいと思います-のパワフルなプレーが、高さのある、そしてチェコに1-1で引き分けたというオーストリアにも全く引けをとっていなかったのが頼もしかったです。それと鈴木啓を含めた真ん中の4人は、かなり強力だと思います。が、替えの効かない存在(稲本はまだ微妙か?)になりつつあるのが少し気になります。

|

« 苦しい戦いは続く・・・ | トップページ | 高円宮杯 名古屋U-18、インハイ王者に勝つ »

コメント

パスは回せるけど、それだけって感じでしたね~、、、
2人目がパスをもらう前に3人目が動き出すというシーンはほとんどなかったのでワンタッチプレーが少なかったですね。なんだかゴールを決める為の手段としてのパスが目的になってしまっているような、、、

投稿: ガッちゃん | 2007/09/09 22:00

ガッちゃん
両中村にシュート意識の改革のあとが見られたシーンはあったのですが、全体的にはまだまだな感じですね。昨年の編成メンバーよりも個人(打開)能力の高いメンバー構成なのでしょうけど、その分チームの連動性は落ちている感じがします。

投稿: yamamo8 | 2007/09/10 11:16

こんにちは。
パスは回ってましたが、決定的な何かが不足・・・いつもこのパターンですね。
その中でもイナはいい動きをしていました。
積極的にボールに絡みにいき奪うのはイナのいい所です。
松井をもう少し見たかったです。

投稿: *aprile | 2007/09/10 14:08

*aprileさん
稲本は守備の面では以前の激しいチェックが復活してきましたね。あとは、攻撃面でもっと存在感を見せて欲しいです。松井は期待が大きすぎたせいか、今ひとつのように見えました。スイス戦ではいいところを見せて欲しいですね。

投稿: yamamo8 | 2007/09/11 00:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/31342/7871423

この記事へのトラックバック一覧です: A代表 オーストリア戦感想:

» 3大陸トーナメント オーストリア戦レビュー [サッカー代表へ愛を WELCOME BLUE HEAVEN]
3大陸トーナメント オーストリア戦レビューオシムジャパンでの始めての欧州遠征の初戦は、3大陸トーナメントにおいて地元オーストリアに挑むサッカー日本代表。ヨーロッパの中堅国との対戦になるが、きっちりいいサッカーをして日本サッカーをアピールして欲しいものだ。対戦相手としてアウェーに呼ばれるという機会を得るためにも重要であろう。さて気になる先発は、川口、中澤、闘莉王、駒野、加地の4バックに稲本、鈴木、遠藤、中村俊輔が中盤を構成し、矢野と田中のトップでスタートした。日本の方が試合を長...... [続きを読む]

受信: 2007/09/09 23:40

« 苦しい戦いは続く・・・ | トップページ | 高円宮杯 名古屋U-18、インハイ王者に勝つ »