« やさしすぎ | トップページ | 不思議だ~ »

2007/09/24

高円宮杯 準決勝だ!

広島皆実

   0  -  1 (延長 0  -  1)

         名古屋グランパスエイトU18

西が丘サッカー場に、高円宮杯準々決勝を見に行ってきました。名古屋U18のフォーメーションは343のようでした。アルベスはベンチにもいなかったようです。怪我?

Imgp1130

GK 鈴木規

DF 三宅 津田 西部

MF 三島 安藤 西山 中田

FW 太田 鈴木崇 磯村

気温がだいぶ下がっていたこともあるのでしょう。試合開始~10分過ぎくらいまでは、名古屋がいい動きを見せていました。低い位置でではなくて、相手を自陣に押し込んだ状態=かなり高い位置でポゼッションを見せるなど、いい感じでパスが回ってました。パスが回っているだけではなく、PAの外からとはいえ、右から左からといいタイミングでミドルを枠内に飛ばし、ゴールの匂いを感じさせていました。が、10分過ぎくらいから、広島皆実も落ち着いてきたようで、プレスを強めて名古屋のパスを寸断、MFの底にいる⑦加藤(キャプテン)の展開力で両サイドにボールを運び基点を作り、Imgp1131 徐々に名古屋DFをあわてさせるようになってきました。前半20分過ぎの相手CKの時、パク監督がたまらず西山に「(西部)将成を上げて(西山と)ダブルボランチ、安藤を左、太田を右」みたいな指示を出していました。つまりCBに三宅と津田、両SBに三島、中田の4バックにするということのようです。その後は広島皆実の勢いをなんとか食い止めて前半終了。けっこう際どいFKがあってハラハラしました。

後半に入ってもどちらかといえば広島皆実ペース。惜しかったのは、津田が攻撃参加してシュートまでいったシーンくらい。Imgp1132両サイドの攻防は、少々荒っぽい相手のチェックで押され気味。中央の磯村にボールが入ってもサポートが薄くて孤立。それでも磯村は、前を向けば(前を向かなくてもうまく入れ代わることが出来る)独特のリズムのタッチで相手をスルスルとかわしていき可能性を感じさせてくれてはいたのですが・・・。 後半途中、鈴木崇→岸の交代で名古屋が少しペースを取り戻してきました。左サイドで溜めておいて右にスペースを作って太田、三島を走らせるカタチで2、3回右サイドを突破するシーンがありましたが、太田のクロスがわずかに合わなかったり、相手の左サイドバック⑬崎原の厳しいチャージ(監督がかなり怒っていた)を受けたりで決定的なチャンスにはなりません。終了間際の嫌な位置からのFKを二つしのいで、とうとう延長戦に突入です。

Imgp1134

延長戦も同じような流れでした。広島皆実はサイドで優位に立ち、名古屋は磯村の一発にかける感じ。そしてとうとう、延長前半終了間際、ドリブルでPA内に進入した磯村を広島皆実DFが押し倒してしまいPKゲット。この瞬間、こぼれたボールを名古屋の選手が蹴りこんでいたのですが、ゴールは認められず(当たり前だが)、あくまでもPKの判定。そのPKを中田が右足で冷静に決め、ついに名古屋がリードを奪いました。ウォーミングアップしていた控えの選手たちがベンチの脇で肩を組んで見守っていたのが印象的です。その後、名古屋の左サイド深い位置で広島皆実がFKを獲得。が、ゴール前の競り合いの際に広島皆実の加藤の手が西山の顔面をヒット(多分)。故意ではないと思うのですが(多分)これで一発退場。この判定は少しかわいそうな気もしました。延長後半は、一人少くなった広島皆実の捨て身のアタックで危ない場面を作られるものの、集中して守り最後は時間をうまく使って1-0で逃げ切り。準決勝進出を果たしました。

やっぱりサッカー専用スタジアムは良いです。ピッチまでの距離が近いから迫力があります。選手たちの声も良く聞こえます。競り合いの度に発せられる名古屋キャプテン西山の気合の唸り声だとか。あと、監督のパフォーマンス(選手への指示とか、審判へのアピール(いや、クレームか)とか、リードした延長後半、味方スローインのボールを持ったままなかなか渡さなかったりとか、試合終了時の満面の笑顔とか)もしっかりと見えて面白かったです。

◎その他の試合結果

M45 G大阪ユース 1-3 サンフレッチェ広島ユース

M47 浦和レッズユース 3-1(延長) 市立船橋

M48 流通経済大付属柏 4-1 青森山田

◎準決勝組合せ

M49 サンフレッチェ広島ユース×名古屋グランパスエイトU18

M50 浦和レッズユース×流通経済大付属柏

流通経済大柏が不気味です。ここまで全勝。決勝T1回戦でジュビロ磐田ユースを破ってます。手数をかけない速い攻撃をする印象があるのですが、そういう戦い方をするチームってクラブチームは苦手な感じがします。ここまでチーム合計12得点中6ゴールを上げている”小さなFW”大前に要注目。春先にプリンスリーグの八千代戦で見たのですが、小さいけどスピードとパワーがあって、J1鹿島から新潟へ移った深井のようなタイプに見えました。

|

« やさしすぎ | トップページ | 不思議だ~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/31342/8088633

この記事へのトラックバック一覧です: 高円宮杯 準決勝だ!:

« やさしすぎ | トップページ | 不思議だ~ »