« まるでイタリアのような・・・ | トップページ | 高円宮杯 vs大阪桐蔭戦 »

2007/09/14

スイス戦感想

闘莉王とセンデロスのコワモテ番長対決に注目が集まったこのカードは、打ち合い(セットプレーばっかりですが)の末、ロスタイムに勝ち越しゴールを奪った日本が4-3で勝利するという、エキサイティングなものになりました。ゴールの度に流れるアイーダが、なんとなく世界陸上の「67億分の1位」のテロップのように思えてきたりして。

さんざん言われ続けている、得点力不足・決定力不足ってやつが嘘のようなゴールラッシュでした。まぁ、4つのうち2つはPKなんですけど。これまでと何が違ったのでしょうか。試合後のインタビューで、中村俊は「今までと同じサッカーをした」的なことを言ってましたが、確かに基本的な戦術は同じなのでしょう。パスをつないでポゼッションして両サイドを基点に数的優位を作って相手を揺さぶり穴を見つけて仕掛け、ダメならサイドを変えてまた数的優位を作って、みたいな感じ。そこにこの試合では、松井や闘莉王に代表されるように、チーム全体に前に向かう意識=リスクを冒す意識、がプラスされていました。松井はオーストリア戦みたいに中盤でボールにさわるよりも、裏のスペースに流れて受けることが多く、そこから積極的に勝負を挑み攻撃に変化をつけていました。後半の闘莉王はまさにリベロといった感じで、彼の攻撃参加(そして居座り)により、ゴール前の密集度も上がり、得点の匂いが強くなりました。中村俊をはじめとするMF陣も必然的に前へのパスが増えてきました。ただ、その副作用として、相手にも危険な攻撃を許してしまう場面が増えてしまったことも事実です。結果的に失点はいずれもセットプレー絡みでしたが、流れの中からも際どいシーンを作られていました。極力リスクを押さえて1-0で勝つのか(0-0で終わってしまったり負けてしまうこともある)、攻めに重心をかけて4-3で勝つのか(それでもやっぱり負けてしまうこともある)、どちらがいいのか、いい結果に結びつく「確率」が高いのか。”静”と”動”というふたつのテンポ(そんなに単純に二分化出来るものではないのかも知れませんが)を、相手やその試合の重要性、試合の流れを見ながら、選手たちが試合の中で自主判断で切り替えられる、あるいは作戦としてのテンポの使い分けがスムーズに行えるようになれば、もっといい試合が出来るようになるんじゃないかと思いました。

オシムがPK戦の時は控え室にこもってしまう話はもうすっかり有名になりましたが、試合中のPKの時はあんな風に見てる(見てない)んですね。なんか「パパとムスメの7日間」の舘ひろしみたいで笑ってしまいました。

|

« まるでイタリアのような・・・ | トップページ | 高円宮杯 vs大阪桐蔭戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/31342/7936217

この記事へのトラックバック一覧です: スイス戦感想:

« まるでイタリアのような・・・ | トップページ | 高円宮杯 vs大阪桐蔭戦 »