« やっぱり柿谷いいわ~ | トップページ | アフリカンパワーを真に受けて »

2007/08/23

悩める左サイド

北京五輪亜細亜地区最終予選がスタート。ベトナムに1-0で勝利。勝ち点3をゲット。まさにそれだけの試合でした。はっきり言って、4チーム中1位しか出場権を得られないというこのレギュレーションはかなり厳しいです。ひとつでも負けたら、そのショックは相当大きい。トーナメントみたいなものです。そういう意味では、最小得点差だろうがなんだろうが勝ったという結果は良かったのですが、試合っぷりを見てるとカタール、サウジに勝てるのかどうかかなり心配になってきました。

柏木が良かったです。少なくとも一番多く動いていたし、動きの質、プレーの質(選択)も良かった。A代表の中村俊・憲、遠藤枠の後継者にぴったりだと思います。U-22の中にU-20が紛れるとあんなに躍動感に違いがあるものなんですかねぇ。梶山、本田拓がかすんでしまいました(この二人がしっかりカバーしたから柏木が自由に動けたとも言えなくはないですが)。本田圭は、監督の指示なのか自分の判断なのかはわかりませんが、あれならもっと守備のうまい誰か別の選手がやったほうがいいんじゃないかと思うくらいディフェンシブでした。特に後半は、攻撃参加するでもなく、守備機会もあんまりないという状態で、ハーフウェーライン付近をフラフラしている姿がテレビにしっかりと映ってしまっていて、コイツは何がしたいんだ?と思った人も多かったのではないでしょうか。セットプレーのキッカーも柏木に取られるし、いいところがなかったです(実際は高さ要員だったんでしょうけど)。まぁ、4バックの一員だったことを考えれば、ゼロに押さえたことは悪くないと思いますが、最低限の任務を果たしたにすぎません。もう少しリスクを冒すほうに重心を掛けてもいいんじゃないかと思いました。これはチーム全体にも言えるんですけど。だからと言って、本田圭に代えてイケイケの安田を入れたら、アクセル踏みっ放しでそれはそれでイライラではなく逆にハラハラすることになっていたかも知れないですけど。とにかく、本田圭はそんなこと、いろんなバランスを気にしないわけにはいかないほど大人になってしまったということなのでしょうか。それは良いことなのか悪いことなのか・・・。

あと、細貝が時々宮沢ミッシェルに見えました。

|

« やっぱり柿谷いいわ~ | トップページ | アフリカンパワーを真に受けて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/31342/7647391

この記事へのトラックバック一覧です: 悩める左サイド:

« やっぱり柿谷いいわ~ | トップページ | アフリカンパワーを真に受けて »