« ○○におめでとうを言ってる場合ではない | トップページ | 悩める左サイド »

2007/08/21

やっぱり柿谷いいわ~

あの時間帯は、タヒチのDFがスカスカだったとはいえ、河野とのコンビで柿谷が決めたダメ押しゴールは鮮やかでした。ハイチDFの裏を取るスピード。予測していたよりもワンテンポ早いタイミング、普通なら右足のタイミングのところを左足でタッチすることにより、飛び出してきた相手GKをサラっとかわすセンスの良さ。トップスピードのまま、角度のないところからきっちりとゴールに流し込む正確な技術(ほめすぎか)。フジテレビでやっていたハイライトのゴールシーンにチラッと出てきた、”バルセロナに所属するスペインの新星”ボージャンよりもぜんぜん良く見えました(ほめすぎか)。河野の決めた勝ち越しゴールも良かったです。右サイドを抜け出した水沼からの絶妙なクロスのこぼれ球を、右足で左足の後ろを通して(クライフターンっぽく)持ち替えマイボールにすると、しっかりと腰を捻って強いボールを蹴りこみました。あんな事を、ゴール前のハイプレッシャーの中でさりげなくやってしまうとは、小っさいけど彼の技術も面白いです。終了間際の、この二人による時間稼ぎの競演、お洒落だったなぁ。あと、水沼のクロスはいいですねぇ。普段オトナの試合で(Jリーグとか代表とか)、日本人の蹴るセンタリングが、あまりにDFにバコバコ当たってしまう光景に目が慣れてしまっていたもんで、相手DFに引っかからずに、しかもある程度意図を感じさせるボールになっていたのが、なんだかとても新鮮に感じられました。

試合のほうは、中盤でのパスミスから、ハイチのいたってシンプルな攻撃を受けてしまう場面が多かったけど、北中米王者の割とあっさりとしたフィニッシュと、CBの鈴木、金井、GK廣永らの好守にかなり助けられた感がありました。同じようなパスミスがあったら、ナイジェリアは黙ってはいないでしょうから「そんなのカンケーねぇ」という訳にはいきませんよ。次はピリッといって欲しいものです。真ん中でどっしりと構える、いわゆるポストタイプを置かず、前の選手が流動的に動くことでスペースを作り出して、そこを他の選手が使っていこうという狙いなのですが、そこに至る前の段階で、例えばセンターサークルあたりでの細かいつなぎの部分でミスパスが多いため、攻撃が滞ってしまうことが多かった。大きなサイドチェンジは良かったんですけど。要するに、U-20の初戦とは違って攻撃面ではチームとしてはそれほどいい出来ではなかったと思うのですが(期待値が大きすぎた?)、逆にそれだけ今後の上がり目があるとも言えます(期待しすぎ?)。温存しておきたかった柿谷を使ったのは誤算だったのかも知れませんが、あまり消耗していないようなので何よりです。

それにしても、8月22日は大変なヨルになりそうです。A代表(カメルーン戦)、五輪代表(ベトナム戦)、U-17(ナイジェリア戦)とトリプルヘッダーですから。全部見たいけど、体がついていかない・・・。五輪予選はスルーかも。一番フラストレーションが溜まりそうだし、まさに結果が全てですからね。結果が分かればいいかな、という感じです。

|

« ○○におめでとうを言ってる場合ではない | トップページ | 悩める左サイド »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/31342/7609362

この記事へのトラックバック一覧です: やっぱり柿谷いいわ~:

» 柿谷 離脱 [おもろいニュース]
U-17柿谷&河野が決勝T進出の鍵デイリースポーツ決勝トーナメント進出が懸かるフ... [続きを読む]

受信: 2007/08/26 17:35

« ○○におめでとうを言ってる場合ではない | トップページ | 悩める左サイド »