« チーム力の差を露呈 | トップページ | 高原ドライブ2007夏② »

2007/08/17

高原ドライブ2007夏①

お盆休みの8月14日、清里・八ヶ岳方面へ日帰りドライブに行ってきました。前日、GSで洗車してもらった時についでに軽く点検してもらったら、エンジンに意味不明な違和感があることが判明。中止にする手もあったんだけど、せっかくオリジナルCDも作ったことだし、かみさんが楽しみにしていたこともあって急遽レンタカーで行くことに。ビッツ、デミオ、マーチ、フィットのクラスを予約したんだけど、何が割り当てられるかは当日まで不明ということで、期待と不安が入り混じりながら、ニッポンレンタカーの店舗に行ってみると、私を待っていてくれたのがこのクルマ。

070814_132501_3 070814_152501_2

マーチ×何とも艶やかな水色×土浦ナンバー×35過ぎのオトコという奇跡のコラボが実現したのでした。でもカーナビついてるし・・・。使うの今回が初めて。

首都高は三宅坂JCTあたりで軽く渋滞、中央道は八王子~相模湖過ぎるまで渋滞、山梨に入ってからも1ヶ所渋滞があり、4時間弱で長坂へ。そこからは、八ヶ岳の東側を走る国道141号(清里ライン)を北上して、30分くらいで清里駅付近に到着。今回の旅の目的は特にないのですが、強いて挙げれば①おいしい蕎麦を食べること②ソフトクリームを食べること③感じのいい渓流を眺めながらマイナスイオンを浴びること。あとは適当にドライブするといった感じ。時間が午後1時30分を回っていたので、清里駅から程近いところにある、「そば処 さと」で昼ごはん。駐車場が木陰になっていて、クルマを降りたらけっこうさわやかでした。この店を事前にチェックした時から気になっていたのが、甘めの胡麻だれに砕いたくるみを混ぜあわせたという独特のつけだれ。普通のそば汁とクルミ胡麻だれの2つの味が楽しめる”さと味せいろ”を食べました。おいしかったです。二人前くらい食べられそうでした。その後は、横谷渓谷を目指してひたすらドライブ。途中野辺山(JR最高地点で有名)を過ぎ、きれいなお花畑や牧場の入り口をやり過ごしながら、カーナビに言われるがままに進んでいき、141号から299号に向かう県道に入ると、道は次第にワインディング度合いを高めつつ森林の中をグングン登って行きます。やがてかみさんがレストハウスを発見(ソフトクリームのノボリにピンときたらしい)。この辺りは八ヶ岳の北側、八千穂高原というところでした。070814_151801 写真はレストハウスの裏手から見た景色。知らない間にこんなに高いところまで来ていたんですね。カーナビに頼ると、地図を見ながら行くよりも場所を気にしなくなるというか土地勘みたいなものが鈍る。確かに楽なんだけど、その点があまり面白くない感じがします。地図を見ながらのほうが旅してる感が強いというか・・・。ここで軽くお土産を買って、ブルーベリー味のソフトクリーム(濃厚)を食べて再出発。この先は国道299号(通称メルヘン街道)を西へ向かって進んでいきます。下りが増えてきました。エアコンを止めて、窓を開けてみると、木々の匂いが漂ってくる。風が気持ちいい。そして森の中からは時折鳥の鳴き声。とてもいい空間でした。そうこうしているうちにクルマは蓼科近辺へ。横谷渓谷に近づいてきました。

高原ドライブ2007夏②に続く

|

« チーム力の差を露呈 | トップページ | 高原ドライブ2007夏② »

コメント

こんにちは。
涼しげな高原のドライブを一緒に楽しませてもらいました。
清里には一度行った事があるんです。
あの時はレタスの収穫の頃で畑がレタスで埋まっていたのを覚えています。
あの時に食べたソフトクリームは濃厚で美味しかった。
甘めのクルミ胡麻だれは美味しそうですね。
新蕎麦の時期にまた信州方面に遊びに行きたいと思っています。

投稿: *aprile | 2007/08/20 15:29

*aprileさん
清里に行かれたことあるんですか。標高1000mくらいあるのでまぁまぁ涼しかったです。清里といえばあちこちに牧場があって、日本アルプスを眺めることが出来て、それとやっぱりソフトクリームですね。クルミ胡麻だれで食べる蕎麦はおいしかったですよ。そこのHPアドレスです。

http://www.anacs.co.jp/~sato/

投稿: yamamo8 | 2007/08/21 09:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/31342/7572773

この記事へのトラックバック一覧です: 高原ドライブ2007夏①:

» 後をひくフルーティーな甘酸っぱさ! ブルーベリーのタルト [スイーツファン]
後をひくフルーティーな甘酸っぱさ! ブルーベリーのタルト これはこだわり続けるからこそ手間ひまをおしまず、完成まで気を抜けない焼き菓子であること。シンプルだからこそ職人の感性が反映するもの、答えがダイレクトに伝わるもの。こんなにも正直さが全面に出るお菓子はありません。 タルト生地を職人ワザでサクッと出来上がるよう形成し、クレームダマンド(アーモンドクリーム)もベタつかず、それでいてし ... [続きを読む]

受信: 2007/08/18 13:05

« チーム力の差を露呈 | トップページ | 高原ドライブ2007夏② »