« 首位通過決定 | トップページ | アジア杯 カタール戦感想 »

2007/07/09

プリンスリーグU-18関東グループリーグ終了

グループA順位

  1. 市立船橋〔23〕
  2. 東京ヴェルディ1969ユース〔21〕
  3. 横浜F・マリノスユース〔15〕
  4. 武南〔13〕
  5. 三菱養和SCユース〔13〕
  6. 桐蔭学園〔11〕
  7. 前橋育英〔10〕
  8. 鹿島学園〔8〕
  9. 習志野〔6〕
  10. 韮崎〔2〕

グループB

  1. 流通経済大学付属柏〔20〕
  2. 浦和レッドダイヤモンズユース〔19〕
  3. 湘南ベルマーレユース〔19〕
  4. FC東京U-18〔18〕
  5. 桐光学園〔16〕
  6. 浦和東〔10〕
  7. 前橋商業〔10〕
  8. 佐野日大〔8〕
  9. 鹿島アントラーズFCユース〔3〕
  10. 八千代〔2〕

〔 〕内は勝ち点

Jのユースチームを相手に、千葉県の高校2強が両グループでトップを押さえ、高円宮杯への出場権(4チーム)を獲得。両校による優勝決定戦は7月14日に、その他の順位決定戦は7月14日、16日に行われます。ちなみにこの両校は、6月24日にインターハイ予選を兼ねた千葉県高校総合体育大会サッカーの部でも決勝を戦っていて、その時は流通経済大柏が2-0で市船を下しています。ともにインターハイ出場を決めているにもかかわらず、ベストメンバーによるガチンコ勝負だったようです。プリンスリーグの決勝も白熱しそうです。残り2つの高円宮杯の出場枠はグループリーグ2位、3位のチームによって争われます。今年の千葉県はハイレベルというか、現時点では2強がちょっと抜けてしまいました。習志野もけっこうやるんじゃないかと思っていたのですが、45分見ただけですがそれほどでもなかった。リーグ初戦こそ浦和レッズユースに引き分けて好スタートを切った八千代でしたが、結局9試合を戦って2分け7敗。いいところなく終わってしまいました。5月の流通経済大柏戦の頃は、負けはしたものの想像していたよりも差はないと感じたのですが、少し甘かったですねー。最初のうちは結果はともかく内容は悪くなかったと思うのですが、結果が出ないうちにどんどん内容も悪くなっていってしまった感じです。このところ、6月23日に行われたインターハイ予選準決勝で流通経済大柏に0-5、プリンスリーグの第8節、浦和東に0-4、第9節、桐光学園に0-5と毎週のように大量失点を喰らってしまっています。7月14日に韮崎と裏決勝戦(19位‐20位決定戦)に臨むわけですが、気持ちを切らさずになんとか立て直して欲しいところです。

|

« 首位通過決定 | トップページ | アジア杯 カタール戦感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/31342/7080041

この記事へのトラックバック一覧です: プリンスリーグU-18関東グループリーグ終了:

« 首位通過決定 | トップページ | アジア杯 カタール戦感想 »