« 次の目標に向かってがんばれ! | トップページ | 60秒間のエレガント »

2007/07/14

UAE戦で感じた2つのこと

①決定力について

高原が絶好調です。遠藤、中村憲、駒野、山岸、巻、羽生、水野らが束になってもなかなか決められないゴールを軽やかに奪っていく姿を見ると、その決定力は2ランクくらい上を行っている感じがします。もちろん彼一人の力だけで達成出来ることではないのですが。これで代表に復帰してから5戦で5ゴール。これが通常モード=平均的な実力なのか、それともたまたま確変中だからなのかが、この先気になるところです。もうひとつ気になるのは”千葉の選手”というようなくくりで決定力を云々してしまうこと。これは少し違うんじゃないかなと思います。

(A)決定機を迎えることが出来、決めることが出来る

(B)決定機を迎えることが出来るが、決められない

(C)決定機を迎えることが出来ない=決められない

今大会に限れば、ゴールしていないという結果だけを見れば、高原(A)以外のほかの選手も同じこと(B、C)なわけですから。確かに、千葉の選手はポジション柄チャンスに絡みやすい役割だから目立ってしまいますし、内容が結果に結びつかないJ1千葉を表しているというのもあながちハズレてはいないのでしょうけど、チャンスに顔を出せているというところは大事な部分だと思います。(B)はゴールの可能性があるけど、(C)では決めようがないですからね。ただ、出場機会のない選手の中に、いきなり(A)な選手がひそんでいる可能性もありますけど。

②勝っている試合の進め方

UAE戦では、後半40分くらいからようやくボールキープに入ったけど、何ともぎこちなかったですねぇ。極論すれば、相手が寄ってこなければパスすらしないでその場でリフティングかなんかやっててもいいのでしょうけど、攻めなければいけないという強迫観念があるのか、どうしても律儀に前に進もうとする。そんな姿を見ると、日本人ってこういうのに慣れていないんだなぁと思いました。とはいえ、いちおう意識的に時間を使えたことはひとつの進歩かなと思いました。結果だけを考えるのなら、後半45分間はずっとボールキープでも良かったと思います。アルゼンチンはそういうプレーがうまいですよね。うまいと言うよりも、そうするものだという常識が染み付いている。でも、ただひたすらパスゲームに徹するわけではなくて、ここという時には、それ(=ここという時)を見極める判断力と、共通認識、確実にシュートまでいける技術も持ち合わせている。共通認識といっても前の3人くらい(例えばリケルメ、メッシ、テベス)が持っていればそれで充分なところがまたうらやましい限りです。とにかく、娯楽性やら何やら考えると、出来る限り攻めの姿勢を貫くのがいいのでしょうけど、無理をしないでスコアを維持しつつ試合を終わらせるといった選択肢を確立しておいて、今回のアジアカップのような厳しい環境だったり試合の状況によってはそれを運用していくことも必要になってくると思います。

|

« 次の目標に向かってがんばれ! | トップページ | 60秒間のエレガント »

コメント

こんにちは。
高原はオシム体制になってから、いよいよ代表でもその力を発揮できるようになりましたね。
ストライカーといえる存在がいなかった日本にとっては頼もしい限りです。
他の選手が決められないことに関しては、大舞台への不慣れなどもあるのかな~って思います。他の選手も試してほしいですね。

投稿: masamune | 2007/07/15 17:30

masamuneさん
今の高原を見てると、こんなに簡単にゴール出来るのかと錯覚を起こしそうになってしまいます。これが普通の出来だったとしたら、この先も期待が膨らむと同時に、他の選手との差を感じてしまいます。高原がいなくなったらどうなってしまうのかと。でも前田(磐田)がいるか・・・。

投稿: yamamo8 | 2007/07/16 16:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/31342/7136306

この記事へのトラックバック一覧です: UAE戦で感じた2つのこと:

« 次の目標に向かってがんばれ! | トップページ | 60秒間のエレガント »