« 試練の6月スタート | トップページ | サッカーって »

2007/06/12

コロンビア戦前半

今頃になってようやく噂の「カミカゼシステム」見ました。稲本、中田浩のコンディションが悪い+1トップで前線が薄い+ほとんどコロンビアに押し込まれていた=前半は最悪だった、というようにネガティブなことをいろいろと見聞きした上で改めて見てみると、案外まぁまぁに見えました。その理由は、気持ちの良いサイドチェンジがけっこう決まっていたり、MF戦でかなり後手を踏まされていたので回数は少なかったけど、うまくカットできた時は、けっこうスムーズに展開してコロンビアゴール付近までボールを運ぶことが出来たりしていたから。それと、”使う人”中村俊がスペースに走って中村憲に”使われ”たり、右サイドで駒野の外を回って”囮”になったりと(あそこは使ってあげたかった)、ある意味貴重な、いい意味で彼らしくないプレーが見られたのも好印象の理由のひとつです。前半40分くらいに右サイドで、中村憲→中村俊→中村憲→駒野とつながったシーンが印象的です。以前の俊だったら、憲からパスを受けたところでボールをこねてしまっていた(あるいはいいパスを狙おうとした)と思うけど、シンプルに憲に落としてオーバーラップしていた駒野へのパスにつなげたところが良かった。タイミングもばっちりでした。問題は、クロスやシュートといった最後(あるいはそのひとつ前)のところで、正確な技術・判断が足りない点。「組織」だとか「個」だとかよく言われますが、適度に個人プレーを織り交ぜながら、ベースとしてはチームが連動して組織的にプレーしていこうという方向は大賛成です(千葉といういいサンプルもありますし)。ただ、いくら組織で崩してもフィニッシュにかかる場面では、結局は個がしっかりしていなけりゃどうにもならないという、身もフタもないことも思ったりしました。そんなことは以前からわかっていることなんですがね。まぁ、組織で完璧なお膳立てをしてあげて、私でも決められるような場面をたくさん作れるようになれば、ゴールも増えるでしょう。

|

« 試練の6月スタート | トップページ | サッカーって »

コメント

こんにちは。
わたしの印象もそんなに悪くないじゃない、という感じでした。
新聞とかを見ると最悪とか書かれていたけど・・・シンプルなサッカーが出来てたと思います。これで試合の数をこなせば面白いチームになりそうな気がするんですけどね。
決定力はいままでと同じでしたね。
正確なクロスやシュートがこれに加わればいいですよね。

投稿: *aprile | 2007/06/13 13:58

*aprileさん
ハードル思いっきり下げていたから、良く見えたということもあるでしょうね。リアルタイムで見ていたら、「何やってる」ってなってたかも。一人一人がボールを持つ時間が少ないのが面白くないという向きもありますが、私はあんなサッカー好きです。もっと突き詰めていって欲しいです。

投稿: yamamo8 | 2007/06/14 16:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/31342/6758047

この記事へのトラックバック一覧です: コロンビア戦前半:

« 試練の6月スタート | トップページ | サッカーって »