« ナビスコカップを踏み台に | トップページ | セフ=なぎら健壱説 »

2007/05/25

イタリアの底力を見た

録画してあったCL決勝を見ました。この対戦が決まった時は、正直言ってリバプール有利と思っていました。いくらカカが本格化したとはいえ、2年前の対戦時のメンバーからシェフチェンコ、クレスポというポイントゲッターが抜け、マルディーニ、ピルロ、ガットゥーゾ、ネスタ、インザーギと、主力は軒並みピークを過ぎたと思われるミランに対し、リバプールは、2年前よりもメンバーが充実し経験も積んでいるうえに、バルセロナ、チェルシーを退けるという勝負強さ・勢いも備わっているように見えたもので。試合は、終止リバプールがペースを握っていたように思います。中盤高い位置からのプレスは最後まで衰えず、カカがなかなかボールに触ることが出来ません。ミラン陣内でボール奪取するシーンも多く、そこから両サイドを広く使ってのダイナミックな攻撃で決定機を作っていきます。が、最後のところでミランDFの踏ん張りや、自らのミスで多くのチャンスをフイにしてしまいました。そしてミランには、「オフサイドラインを自在に行き来する男」フィリッポ・インザーギがいました。1点目はややラッキーな感じでしたが、2点目は狙い通りの抜け出し。インザーギの得意技。「インザーギが2ゴール」と聞いた時、頭に思い浮かんだとおりのゴールでした。ボールがコロコロと転がっていくところは、ドイツワールドカップのチェコ戦のダメ押しゴールみたいでした(少し角度は違うけど)。今回の対戦に関しては、リバプールの経験プラス勢いもACミランの熟練の前に封じられてしまった感じです。それにしても、これでイタリア勢は2006年のワールドカップ、06/07シーズンのCLと、代表・クラブチームで最高峰タイトルを連覇です。したたかですね~。

|

« ナビスコカップを踏み台に | トップページ | セフ=なぎら健壱説 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/31342/6546806

この記事へのトラックバック一覧です: イタリアの底力を見た:

» チェコの情報ページ [チェコの情報ページ]
東欧の美しい国チェコの情報を集めてみました。 お役に立てれば幸いです。 [続きを読む]

受信: 2007/05/25 20:00

« ナビスコカップを踏み台に | トップページ | セフ=なぎら健壱説 »