« SGFK | トップページ | ナビスコカップを踏み台に »

2007/05/19

赤い魂の激突

名古屋 1 - 2 浦和

赤い魂を持つチーム同士の対戦(TBS佐藤アナ曰く)。弱点と言われているCKからネネにあっさり先制され嫌なムードが漂いましたが、なんとか持ち直すと、殿様アタックで浦和の3バックを右にずらし、開いた左サイドの阿部に米山からピンポイントのサイドチェンジ。阿部は、見事な胸トラから相手GKとDFラインの間にシュート気味のクロス。ゴール前でキムがつぶれ、そのまま流れてきたボールをネネと並走してきたヨンセンが足の長さの差でさりげなく押し込み同点。このゴールのカタチは素晴らしかったと思います。このような遅攻が出来るなんて、何か違うぞと希望を抱かせてくれました。昨シーズンの豊スタでの対戦の時は、スコアこそ1-0で勝利したものの、かなり押し込まれた印象が強かったのですが、この試合ではあそこまでやられている感じはしなかったです。中盤からしっかりとプレスをかけてボールを奪うことも出来ていたし、自分たち主導で試合を進めることも出来ていたと思います。ただそのぶん、攻撃のバリエーションの少なさが気になりました。やらせてもらえないのか、バリエーションそのものがないのか・・・。浦和がスペースをケアしているせいで杉本を活かす攻撃が出来ない。そうなった時にどうするのか。特に後半はヨンセン目掛けてアーリークロスを放り込むという攻撃に終始してしまいました(大森のクロスはなかなか良かったんですけどね)。浦和と比べてみて一番違うなと思ったのは、ゴールに向かっていくドリブルの有無。浦和は、ポンテ、小野、山田あたりがドリブルを使ってチャンスを演出していましたが、名古屋にはそういったプレーがなかったですね。一度大森がドリブルでファウルも誘ったプレーがありましたけど。本田のFKという武器があるのだから、バイタルエリアあたりで突っかけていくのは相手にとっても嫌なプレーのはず。玉田がいればなぁ。それと、攻めている時も守っている時も、クリアをマイボールに出来ないことが多かったように思いました。ポジショニングの問題なのか、動き出し・予測の問題なのか、ただの不運なだけなのかはわかりませんが。ワシントンの決勝ゴールも、名古屋の攻撃の跳ね返りを浦和に拾われてしまったところから始まりました。ルーズボールの落下点にいたワシントンは、ワンタッチで小野に預けるとゴールに向かってダッシュ。小野は、左サイドを上がっていったポンテのスピードに合わせて縦パスを入れると右サイドのスペースへダッシュ。このカウンターは、昔の浦和を彷彿とさせる見事なものでした。PA内でポンテに楽にパスを出させてしまう、しかも受け手のワシントンもフリーという目を覆いたくなるような展開になってしまったことは問題ですが、不運だったのは、戻ってきた藤田がワシントンに遅れ気味にまとわりついたことで、ワシントンの正面にいた吉田マヤの寄せが中途半端になってしまったところでしょうか。小野がしっかりと右サイドに走りこんで意識を引き付けたことで、阿部の寄せも一瞬遅れてしまった感じでした。吉田はここまで、ワシントン相手によくやっていたと思います。でも、たった一回のプレーが勝敗を分けてしまうことを改めて感じているでしょう。このプレーの直後、ピッチにこぶしを叩きつけていた、その悔しさをこれからに活かして欲しいと思いました。

|

« SGFK | トップページ | ナビスコカップを踏み台に »

コメント

yamamo8さん、残念な敗戦でしたね。
あそこで何とか凌いで欲しかったですね。

浦和は、グランパスのサイドからの攻撃を
かなり警戒してサイドの守備に人手をかけていましたね。
後ろやサイドのスペースを消した守り方をされた時にはボランチのところで余裕が出来るので、ミドルシュートをもっとして欲しいですね。
今日は確か山口選手が一度ミドルシュートしていましたが、威力も精度もなく敵への脅威にはなっていませんでした。

グランパスにドリブルが少ないのは、残念ながら個人技力の差でしょうか・・・

でも、色んな課題は認識していると思うので、前を向いて成長していって欲しいです。

投稿: Shane | 2007/05/19 21:23

Shaneさん
残念な敗戦でした。中盤の攻防はかなり均衡したいい内容だったと思いますが、その先のアイデア、バリエーションで差がついてしまった感じです。米山が中盤まで上がってきてミドルを打ったり、得点シーンでもうまくサイドを変えたりと効果的だったと思います。山口にはもっと攻撃に絡んで欲しいです。吉田マヤは良かったですね。どんどん成長していって欲しいです。

投稿: yamamo8 | 2007/05/20 15:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/31342/6476847

この記事へのトラックバック一覧です: 赤い魂の激突:

» 名古屋、浦和に惜敗 [ShaneのさまよいBlog]
今日の浦和戦、いつもの様に、煩い相手の応援を 黙らせるような勝利を期待していましたが、 残念ながら負けてしまいました。 今日のスタメンは前節のマリノス戦と同じ布陣でした:    ヨンセン    杉本   本田          金        藤田  山口 阿部   吉田  米山 大森         楢崎 前半は、相手の裏へのスペースにいいボールが入り、 名古屋が攻め込むと、浦和もポンテや小野そして サイドの相馬と山田の連動した動きで攻め込み互角の内容で..... [続きを読む]

受信: 2007/05/19 21:24

» 逆鬼門を破られちゃった [エリコラム]
 勝ちたかったな〜。  昨季のホーム戦ほど劣勢な感じはなかったから、よけいに。  所詮、ワシントン頼みのチームなのに〜レッズ。(負け惜しみ)  悔しい。  逆旗門を突破されたってことで、よけいに悔しい。  先節の対マリノス戦で、グランパスは長年の鬼門を破った。今回は、相手にそれをやられた、といったところか。  いずれ、ジンクスは破れる、破られる時が来る。でもそれは、新しい歴史が始まった、ということでもあって……。  いよいよカシスタの鬼門も破られる時が来た! ってことで(?) ... [続きを読む]

受信: 2007/05/20 15:19

« SGFK | トップページ | ナビスコカップを踏み台に »