« 沈黙の一週間 | トップページ | 2-0は勝利のスコア(柏戦を除く) »

2007/05/10

やっぱりホームゲームは大切

名古屋 1 - 4 鹿島

先行すればなんとかなると思っていたのですが、ダメでした。弱点といわれているCKから2失点してしまったのですが、大岩に喰らった同点弾のほうは、スポーツニュースで見る限りアンラッキーなもののように感じました。野沢の蹴ったボールは、ゴールからどんどん離れていくような軌道で、走りこんだ大岩も無理めな体勢(マークはいちおう付いていた)で当てただけのようなシュート。それが何ともいえないコースに飛んでいってしまったように見えました(4失点目のように、きちんと合わせられたようなシュートではなかった)。ともかく後半開始早々試合は振り出しに戻る。でもまだ時間はたっぷりとある。だけど、そこで気落ちしてしまって、もう一度立て直せるような強さがないというところが、今現在のチーム状況を物語っているように思います。名古屋は、この試合もベストの布陣ではありませんでした。セフとしては、選手のコンディションを見極めた上での選択だったようですし、ナビスコ杯は先に進めないということもあり、テスト的な意味合いもあったかも知れません(中途半端だった気もしますが・・・)。その意図はわからないことではないし、監督も選手も勝つつもりでやっていたのでしょうけど、後半だけで4失点という現実を見ると、本当にそう思っていたのか疑問を感じてしまいます。モチベーションの差なんていうのはもってのほか(誰もそんなこと言ってないか)。何しろこの試合はホームゲームだったのですから。アウェイを軽視していいという訳ではないし、建て前としては全部勝ちにいって欲しいけど、過密日程やケガ人による選手層の薄さを考えると、それは現実的ではない。でも、選手のコンディションを云々するのなら、それならばせめてホームゲームでは、よりベストな状態で望めるような調整をするべきなのではと思いました。私は、物理的な問題で名古屋のゲームはアウェイしか見に行くことが出来ません(いや、ホームにだって行こうと思えば行けますけどもろもろ厳しい面がありまして)。あまりにもアウェイで勝てないというのもつらいけど、ホームでは強いというのならそれも我慢しますよ。ホームで強いチームというのは、いろんな意味でいい方向に進んでいくのではないかと思います。瑞穂(豊田)に戻れば負けないという自信のようなものだとか、相手チームに対する威圧感だとか、観客動員、地元の盛り上がり、興行収入など・・・。チームとして有形無形のいろいろな財産を得ることにつながる。そういったものをチームの更なる強化に活かしていく。何から手を付けていいのかわからないのであれば、まずはホームゲームに集中することでリズムを取り戻していくことは出来ないだろうか。この試合の結果を知って(それと缶詰にしんさんのこの記事を読んで)ホームに”遠征”に行けない口だけサポーターはそんなことを思ったりしました。

ちなみに私は、数的不利に陥りやすい両サイドハーフに高い能力が求められる点だとか、セットプレーでの守り方が気になるとはいえ、セフの今の戦術・フォーメーション継続でいって欲しい派です。相手に研究されているのなら、それを上回るスピード、精度を磨くこと。攻撃の起点となる1ボランチの藤田が狙われるのなら、それを回避するオプションを作り上げること。運動量が落ちているのなら、選手たちのコンディションを整えること。控えメンバー(特に藤田、本田、中村の代わりとなる選手)の底上げをすること。そしてホームゲームを大切にすること。開幕のころ見せていた(残念ながらまだ私は目にしていないのですが)素晴らしいサッカーを取り戻して欲しいです。そして、今言った事とはちょっと矛盾してしまいますが、12日の横浜FM戦は勝ち点1でもいいから欲しいです。

|

« 沈黙の一週間 | トップページ | 2-0は勝利のスコア(柏戦を除く) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/31342/6367767

この記事へのトラックバック一覧です: やっぱりホームゲームは大切:

« 沈黙の一週間 | トップページ | 2-0は勝利のスコア(柏戦を除く) »