« U-22シリア戦 | トップページ | 過密日程に突入 »

2007/04/02

強さはホンモノ?

横浜FC 1-2 名古屋

暫定順位を見ていて「明日負けても3位(or4位)でいられるんだー」と少し気を抜いてしまったりもしましたが、選手たちには全く気の緩みはなかったようです。先制されるもわずか4分で逆転!NHKのスポーツニュースで見たのですが、本田のインターセプトから始まった杉本のゴールは見事でした。また、中村→杉本のホットラインで右サイドを崩して山口慶が決めた逆転ゴールも良かったです。それにしても、楢崎が前半10分で早くも負傷交代。キムの交代も負傷絡みみたいだし。いつになったら、この負傷者の連鎖は治まってくれるのでしょうか。名古屋が首位でいるためには、毎回誰かが犠牲にならなければならないのか、なんてことも考えてしまいます。二人とも軽症だといいのですが・・・。

ともかく、これで開幕から4連勝で首位キープです。「春の椿事」とか、「地球温暖化の影響」とかいろいろ言われていますが、前線からの積極的なプレス、素早い好守の切り替え、それらのハードワークを90分間持続させるスタミナ・フィジカルの強化、セフ監督の戦術の徹底など、昨シーズンからプレシーズンにかけて取り組んできたことが、しっかりと結果に現れていて、それが自信にもつながっているのだと思います。でも、J2から上がってきてここまで負けナシの柏レイソルの快進撃は、いよいよホンモノと認知されつつある今日このごろですが、名古屋の強さにはまだまだ半信半疑なところがあるのか、メディア受けが今ひとつな感じです。やっぱりナビスコ杯が不振だったり、負傷者が続出するなど、選手層の脆弱さが懸念されているからでしょうか。まぁ、もうしばらくはバサロで泳がせておいてもらいましょう。そのうちどこかで息継ぎしなきゃならないでしょうし。ていうか、ナビスコ杯で息継ぎしてるからいいのか・・・。

|

« U-22シリア戦 | トップページ | 過密日程に突入 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/31342/5940468

この記事へのトラックバック一覧です: 強さはホンモノ?:

« U-22シリア戦 | トップページ | 過密日程に突入 »