« アウェーユニ下ろしました | トップページ | 北京五輪亜細亜最終予選進出決定 »

2007/04/16

ヒゲとスキンヘッド

大宮 1 - 0 名古屋

期待が大きいと失望も大きい。

純白のワイシャツに濃紺のスラックスとネクタイという、まるで示し合わせたかのように同じファッションに身を包んだ両指揮官。「ガチンコオランダ人監督対決」と銘打たれたこの試合、前半の名古屋は悪くなかったと思います。増川、大森、竹内、藤田でゆったりとボールを回し、相手のバランスが悪くなったところでスピードアップ。時折ヨンセンを使いながら、中村、阿部、杉本、山口、キムらが連動していくスタイルで大宮をじわじわと攻めていきます。が、例えばキムがゴール前で気持ち時間をかけすぎたり、杉本、山口らの動き出しが気持ち遅かったり(特にこの日はこの両選手に元気がなかったような感じがしました)、ヨンセンの調子が気持ち今ひとつな感じだったりで、ゴールの匂いはあまりしませんでした。DFは、時々サイドで数的不利(3DFの構造上の問題点)になるのが嫌だなぁと思っていたら、左サイドで絵に描いたような2対1の局面を作られ、どフリーになった藤本から易々とクロスを放り込まれ、中央にいたサーレスに楽々とヘディングされてあっさりと先制ゴールを許してしまいました。後半も名古屋がボールキープしていたので、ピンチはそれほど多くなかったのですが、大宮はディフェンシブながらも4DFのラインを押し上げてコンパクトにしていたので、名古屋はかなり窮屈に攻めている感じでした。とにかくスペースがない。それでも後半から入った津田が積極的に動いてボールを引き出したり、攻めにかかる人数を増やしたりして大宮ゴールをおびやかしていきます。ヨンセンのポストプレーも前半よりは良くなってきていました。が、セットプレーの流れからのボールが、自分の目の前にこぼれてくるという決定的チャンスを、ヨンセンがふかしてしまうというミス(しんじられなーい)。終了間際の中村のFKは(言いたくないけど、あそこは本田圭のにとって絶好のポジションだったなぁ)相手の壁に防がれてしまい、よりによってここまでリーグ勝ち星なしの最下位大宮に、完封負けを喫してしまいました。相手の1トップに合わせて後半メンバー(フォーメーション)を変えたということらしいけど、少しメンバーが変わったり、フォーメーションが変わったりすると、今までどおりのことが出来なくなってしまうというのはやっぱり困ります。個人の問題、フォーメーションの問題だけではなく、チーム全体としてのコンディションがあまり良くなかったのかも知れませんが・・・。しかし、ここまでのやり方を変える必要はないと思います。ただ、そのやり方を出来るだけ多くのメンバーがこなせるような完成度というか、個々のレベルアップを目指していって欲しいと思いました。

恐る恐る順位表も眺めてみると、まだ4位でした。浦和、G大阪を叩けばまだまだ上に行けます(なんだかすごい強気なんですけど)。それにしてもめっきりケガ人は出なくなったのは、首位の座を明け渡したせいでしょうか。

|

« アウェーユニ下ろしました | トップページ | 北京五輪亜細亜最終予選進出決定 »

コメント

参戦お疲れ様でした。引いた相手、システム変更への対応とトップチームもまだまだ途上段階ということをあらためて実感しています。連敗で順位も徐々に下げて中位力発揮とも言われていますが、悲観せず見守りたいと思います。

投稿: romario_11 | 2007/04/17 19:28

romario 11さん
選手のコンディションにバラツキがあったり(ヨンセンの調子が上がってこないですねぇ)、ケガ人が出てしまったり、チームとしても未完成であることが露呈されてきたりしていますが、まだまだ伸びる余地があると前向きに考えて応援していきます。とにかく、変に守りに入らずに挑戦者のつもりで戦って欲しいと思います。

投稿: yamamo8 | 2007/04/18 10:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/31342/6111793

この記事へのトラックバック一覧です: ヒゲとスキンヘッド:

« アウェーユニ下ろしました | トップページ | 北京五輪亜細亜最終予選進出決定 »