« 強さはホンモノ? | トップページ | 中村直志が? »

2007/04/05

過密日程に突入

名古屋 2-2 新潟

手薄なDFの要である大森、増川、MFの中村、遠征疲れが心配されているキム、ヨンセンを中2日にもかかわらず起用してきたかと思うと、ルーキーのGK長谷川を先発させるなど、実験的なメンバーで臨んできた名古屋グランパス。藤田、本田、山口、杉本はベンチにも入らず完全に温存です。試合後のセフ監督の会見によると、選手たちのコンディションを重視して選んだメンバーということらしいです。片山がプロ入り初ゴール、玉田も意地の追加点を決め、名古屋盤石の必勝パターン”2-0”に持ち込み、ようやくナビスコ初勝利かと思いきや、そんなに甘くなかったです。エジミウソンのPKで1点差。サブに残している深井がいやらしいゾと思っていたら、残り20分を持ちこたえることが出来ずに、途中出場してきたその深井に同点ゴールを決められてしまい結局ドローに。それにしても、計ったように1試合2点以上取れないです。2-1で粘れないところは、今までの名古屋に逆戻りしてしまった感じです。まぁ、ナビスコ杯に関しては、モチベーションを維持するのが難しい状況なんでしょうけど、やるからには勝利して欲しいものです。特に、このゲームのようにリードしているのならなおさらです。一方で、長谷川、小川が公式戦デビュー、片山、須藤、吉田らとともに実戦経験を積ませることが出来たのは収穫といえば収穫でしょうか(無理矢理ではありますが・・・)。この後も、中2日で広島戦(J1第5節・ホーム)、中3日で鹿島戦(N杯予選・アウェイ)、中2日で大宮戦(J1第6節・アウェイ)と厳しい日程が続きますが、チーム全体でうまくカバーしていきながら乗り切っていって欲しいと思います。リーグのほうは、出来るだけ長く夢を見ていたい・・・。

いろいろ偉そうなことを言ってますけど、4月14日の大宮戦(駒場)が、ようやく今季初観戦になります。楽しみにしているのですが、よりによってその試合、本田が出場出来ないかもしれません。残念だけど、招集されてしまったら(されるでしょう)しょうがないですね。片山or阿部のチビッ子コンビのブレイクに期待です。

|

« 強さはホンモノ? | トップページ | 中村直志が? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/31342/5976222

この記事へのトラックバック一覧です: 過密日程に突入:

« 強さはホンモノ? | トップページ | 中村直志が? »