« 堂々の白旗宣言 | トップページ | 強さはホンモノ? »

2007/03/28

U-22シリア戦

先日のA代表のペルー戦よりも面白かったです。サッカーの試合として、純粋に楽しめました。クロスの精度が今ひとつだったり、2点ほど取りこぼしがあったり、前半後半とも立ち上がりが悪かったり(判定にも救われました)と不満なところもありましたが、ボールと人が滑らかに動いていて、ストレスをあまり感じさせない内容でした。後半28分過ぎの、流れるようなパスワークからカレン→家長→平山とつながったシーンは素晴らしかったと思います。あの平山のボレーが決まっていたら、文句なしに私の選ぶベストゴールにノミネートしたんだけど・・・。シリアのプレスが少し緩かったということもあったのかな。もっと高いレベルのチームと対戦した時に同じように出来るように、さらに連携やプレーの精度を磨いていって欲しいと思います。本田圭は本当によく動くようになりました。好守に献身的な動きを見せていました。家長の先制ゴールの場面では、左タッチライン際を駆け上がり相手DFを引き付けていました。ディフェンスも相手と競り合いながらボールを奪うのはけっこううまいです。間合いが悪くて、簡単に縦パスを通されてしまうことが何回かあったのが課題ですね。今までよりも攻撃にも頻繁に絡んでいたのですが、クロスを含め仕上げのところでプレーがぶれてしまったのが残念でした。逆に肝心のフリーキックのほうはぶれなかったですが。「5アシストくらいしたかった」って相変わらずのビッグマウスです。

|

« 堂々の白旗宣言 | トップページ | 強さはホンモノ? »

コメント

こんにちは。
昨夜の試合、前の2試合と比べたら良かったと思いますが、あれでは最終予選が不安です。家長の先制点はいいゴールだったと思います。でも、平山は2点取りましたけど・・・まだまだって気がします。
後半は足が止まったのか動きが悪かった気がします。3点目を取るまではシリアに攻め込まれる場面も多くなってました。横パスやバックパスが多くなっていたし・・・もっと点を取る積極性があってもいいと思います。

投稿: *aprile | 2007/03/29 16:46

*aprileさん
確かに5-0くらいで勝てた試合でしたし、先を考えると決して満足をしてはいけないですね。前半飛ばしすぎて、後半は少し足が止まってしまったみたいでした。前半は少ないタッチでどんどんパスが廻ったのに、後半は運動量が減ったせいか、個人で打開しようとするプレーが目立った感じがします。

投稿: yamamo8 | 2007/03/30 00:59

試合終盤の流れのある攻撃は点が決まらなかったもののよかったですね~。あーいう攻めをいつでもどんな相手にでもできれば言うことないんですけどね~。チーム自体にまだまだムラがありますね。

投稿: ガッちゃん | 2007/03/30 21:07

ガッちゃん
ここまでU-22は、あまりパッとしない試合が続いていましたから、シリア戦はすごく良く見えました(相手の状態が悪かったとはいえ)。フィニッシュのところと、クロスの質をもっと磨いて欲しいと思います。

投稿: yamamo8 | 2007/03/31 16:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/31342/5891415

この記事へのトラックバック一覧です: U-22シリア戦:

« 堂々の白旗宣言 | トップページ | 強さはホンモノ? »