« ペルー戦感想 | トップページ | U-22シリア戦 »

2007/03/26

堂々の白旗宣言

名古屋 0 - 1 甲府

ナビスコ杯第2節、甲府とのリターンマッチは0-1で敗戦。アウェーでやられた時は、ピッコリ度70超というメンバーで臨んだツケだとあきらめもついたし、戦力の底上げ、強行日程回避という観点から納得も出来たけど、レギュラーを8人も揃えてのホームでのこの敗戦はどういうことでしょう。リーグ戦で3連勝しているベースのやり方があるのに、それが全く実践されなかったみたいです。携帯で速報見ていても少ないなぁと思っていたらシュート2本て・・・。原因は何なんでしょう。客観的に結論付けるのならば、ヨンセン(→巻)、本田(→片山)、キム(→須藤)の影響力の大きさということになりますね。レギュラーとサブの戦力としてのギャップの大きさが、改めて浮き彫りになってしまいました。ディフェンスはメンバーが欠けてもある程度格好はつけられるけど、オフェンスの連携は簡単には作れないですね。今後もこの3人が離脱することは十分にあり得ます。3人いっぺんにということはそうそうないと思いますが・・・。ナビスコカップ、セフ監督は早くも白旗を上げた模様です。こうなったら、選手層の充実をはかるために有効に活用してもらわないと困りますねー。ヨンセン、本田、キムにナビスコ初戦のメンバーを組ませたらどんな感じになるのかというのも少し興味があったりします。

|

« ペルー戦感想 | トップページ | U-22シリア戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/31342/5823961

この記事へのトラックバック一覧です: 堂々の白旗宣言:

« ペルー戦感想 | トップページ | U-22シリア戦 »