« てんは風になって② | トップページ | 代表候補発表 »

2007/02/12

てんは風になって③

それは今のかみさんとサイパンへ旅行に行った帰りのこと。2004年の1月2日の夜でした。彼女を初めて両親に紹介するために、実家(当時はまだ実家住まいでした)に立ち寄ることになっていました。011231083 少し緊張もありましたが、自慢のてんに会わせてやるのが楽しみでもありました。ところがその日、てんは家に帰って来ませんでした。朝散歩に出かけたきりだそうです。たまにそういうこともあったし、私も両親も舞い上がっていたからでしょうか、てんの事に関しては楽観的に考えていました。私、彼女、両親の4人で軽い食事をしながら、冗談で「○○(私)が何日も家を空けるから探しに行ったのよ」とか「それか彼女が出来て忙しくてかまってもらえなくなったから、怒って家出したのかも」と母。ところが、結局その日も次の日になっても、いっこうにあの鈴の音が聞こえてくる気配がありません。心配になって、探しました。必死に探し続けて1ヶ月くらい経ったある日、母が泣きながら電話をしてきました。お正月頃、近所で三毛猫が倒れていたことがあったそうです。そこは、家からは目と鼻の先。住宅を2件すり抜けていけば、猫の足でも30秒とかからずにたどり着くところ。”バス通り”と呼ばれている、近所の中では少し交通量が多い大きな通り。その通りに面した並びの、あるお宅の前の車道と歩道の境目に三毛猫が死んでいたのを、保健所の人が連れて行ったことがあったそうです。その猫は多分てんだったのでしょう。怒って家出したわけでも、私を探しに旅に出たわけでもなくて、いつも通りの行動をしている途中で、運悪く事故にあってしまったのでしょうか。ショックでした。そんな目にあっていたなんて・・・。ひと月もの間、気づいてやることが出来なかったなんて・・・。その、前の道路脇に三毛猫が倒れていたというお宅の庭は、夕方になると西日がたっぷりと当たるところでした。そこでてんがのんびりと日向ぼっこしている姿が容易に想像出来る、いかにもてんが好きそうな場所でした。私たちは結局、てんの最後の姿を確認していません。その三毛猫はてんではなかったかも知れない。そんな可能性だってゼロではありません。でも私たちは、それ以降てんを探すことを止めました・・・。

私が結婚する人を初めて連れて行ったその日を境ににいなくなってしまうなんて、011231087 せつないというかいじらしいというか不思議な感じがします。こんなことを言ったら少しイタいと思われるかも知れないけど、てんはある意味私の彼女だったような気がしています。私がひとりの間は一緒にいてくれて、結婚するということを知ると、安心して、もう役目は終わったとばかりに姿を消してしまったのかも知れない、なんてことを思ったりもしました。

000805053

あの日から3年が経っています。風になった(かも知れない)てんは、今もあの涼しげな鈴の音を響かせながら、忙しそうにどこかを歩き回ったり、とびっきり気持ちのいい日溜りを見つけてはうたた寝したりしているんじゃないかな、と思うこのごろです。私は、またいつか猫を飼いたいと思います。

|

« てんは風になって② | トップページ | 代表候補発表 »

コメント

以前に三毛を飼われていたと言っていたのは、このてんちゃんのことだったんですね。賢そうなお顔です。
実は私も昔このお話と少し似た経験をしたことがあって、その子も、家族の中では何故か私に特に懐いてました(そういうのを、“パーソナルキャット”って言うそーです)。
いなくなっても、まだどこかで元気にしてるんじゃないかと思ってしまう。もう飼わないって思っても、また飼ってしまう。そんな魅力が猫にはありますよね。

投稿: a i | 2007/02/15 15:51

読みながら泣いてしまいました(;_;)ホロリ。

投稿: コリアンダー | 2007/02/15 23:21

a iさん
美人でしょ(笑)。てんと会うまでは、全く猫に興味なかったんですけどね。今では猫を見かけると、つい追いかけたくなったり、話しかけたりしてしまいます。だいたい逃げられてしまいますが。見てるだけでも癒されます。

コリアンダーさん
泣いちゃいましたか。私も久しぶりにてんのことをじっくりと思い浮かべていたら、目がうるんできてしまいました。ほんと、猫はかわいいですよー。

投稿: yamamo8 | 2007/02/16 00:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/31342/5278258

この記事へのトラックバック一覧です: てんは風になって③:

« てんは風になって② | トップページ | 代表候補発表 »