« 28年振りに国立へ | トップページ | 最後の言葉~八千代・砂金監督編~ »

2007/01/07

雨の国立に散る

全国高校サッカー選手権準決勝。決勝戦進出をかけて盛岡商と対戦した八千代だったが、後半ロスタイムの不運な失点で敗戦。優勝という大きな目標を果たすことは出来なかった。

雨で水が溜まるほどのピッチコンディションは、両校にとって同条件とはいえ、ドリブル、パス主体のサッカーを持ち味とする八千代にとってはやりずらかったと思う。中盤でのショートパスやドリブルは思うように転がらず、山崎の足元に納まるはずの縦パスはスリップして流れてしまう。それでも前半は八千代のペースだった。いきなり米倉が右サイドを突破してゴール前に送ると藤井がシュート。その後も頑なに中盤をつなぎ、ディフェンスも高い位置をキープ。八千代のサッカーを押し通した。しかし、山崎、米倉、前田らがシュートシーンを作るものの、盛岡商の粘り強いディフェンスに阻まれてしまう。35分過ぎの山崎のドリブルシュートは惜しかった。欲を言えばGKの前でバウンドさせることが出来たら・・・(ちょっと要求が厳しすぎか)。

後半は風上になった盛岡商が盛り返す。八千代バックラインの裏を狙い何度かチャンスを作る。しかし、八千代GK植田の判断のいい飛び出しやCB宮川のカバーで防いだ。八千代も、相変わらずの丁寧なパスワーク、山崎、米倉のドリブルなどでゴールに迫るがなかなかシュートが打てない。高橋、原ら途中出場で結果を出した選手を投入しても盛岡商を崩せない。また、クロスボールに対して中の人数が足りていないことが多かった。今大会の八千代は、サイド攻撃自体あまり多くなかった気がする。後半35分ころの山崎のドリブルシュート、CKからの山崎のヘディングシュート(盛岡商GKがかぶってしまった場面)が決まっていたら・・・(タラレバばっかり)。それとシュートやゴールに向かうボール(クロスでもなんでも)が少なかった。そういうのは自分たちのやり方ではないのかも知れないけど、スリッピーなピッチコンディションを利用する意味で、また相手の目先を変える意味でも、たまにそういうボールを放り込んでみても良かったかも知れない。とはいえ、この日は前日の丸岡戦とは違い、最後まで人もボールも運動量が落ちずに攻撃的なプレーを続けたことは素晴らしかった。後半ロスタイムに起こったことは、砂金監督も言っていたように「あれがサッカーだ」としか言いようがない。失点後、下を向かずにすぐにキックオフをしようとしていた選手たちを見て、まだなにかあるんじゃないかとかすかに期待を持ったりもしたんだけど・・・。何を隠そう、私は28年前ベスト4に進出した姿を見て、八千代でサッカーをやりたいと思ったクチだ(年齢がバレる、ちなにベンチで砂金監督の隣にいたコーチはサッカー部時代の私の同期だ)。この日の戦いを見て、同じように思った少年が大勢いるんじゃないかと思う。いつの日か、国立で勝利し、優勝という喜びを味わえる日が来ることを待ちたいと思う。

盛岡商は2トップの一人東舘が出場停止だったにもかかわらず、前線のスピードが落ちずに八千代のDFを脅かしていた。また、粘り強いDFは山崎、米倉らに思うようなプレーをさせなかった。しかし、彼らもこの日は思うようなサッカーが出来なかっただろう。決勝戦の行われる1月8日は絶好のコンディションが予想される。作陽ともども、自分たちの意図するサッカーを思う存分プレーしてもらいたい。

|

« 28年振りに国立へ | トップページ | 最後の言葉~八千代・砂金監督編~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/31342/4826717

この記事へのトラックバック一覧です: 雨の国立に散る:

» 高校サッカーを見ました [Live And Direct]
高校サッカーも決勝を残すのみとなりました。作陽(岡山)vs盛岡商(岩手)の組み合 [続きを読む]

受信: 2007/01/07 08:44

» 千葉 八千代GK 植田選手 大会最優秀GKをあげたい [東方見聞人]
今回の全国高校サッカー。印象的だった試合は、、、 岩手 盛岡商業  対  千葉  [続きを読む]

受信: 2007/01/10 16:23

« 28年振りに国立へ | トップページ | 最後の言葉~八千代・砂金監督編~ »