« 蹴り初め | トップページ | 名古屋のルーキー二人を見てきた »

2007/01/13

移籍

今週号のサッカーマガジン、名古屋の”07予想布陣”の中にいる「古賀正紘」(それと「阿部勇樹」)の名前がむなしく感じられる今日この頃。

保守的すぎるのか、日本的すぎるのか、私は移籍というものに対してはややネガティブなイメージを持ってしまうクチだ。特に、古賀や阿部のようにチームの中心的な存在である選手の移籍となると、なおさらそう思う。名古屋から出て行くからだとか来ないからだとかそういうことではなくて、単純に競技者としても生活においても安定している環境を飛び出して、何の保障もない新しいチームに移るのってやっぱりデメリットのほうが大きいのではないか思えてしまう。今まで一緒に戦ってきたチームメートやサポーター、フロントに対する恩義というか罪悪感のようなものだってあると思う。でも、もちろんそんなことは十分考えた上でのことなんだろうから、新しいチームを選んだ選手たちの決断は尊重するべきなんだろう。

明日は全日本大学サッカー選手権(インカレ)の決勝が行われる。名古屋に入る巻佑樹と筑城和人を見に行ってこよう。どんなプレーをするんだろう。新シーズンの名古屋に対して、ポジティブな妄想が止まらなくなってしまうようなビッグプレーを期待したい。

|

« 蹴り初め | トップページ | 名古屋のルーキー二人を見てきた »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。