« デジタルオーディオプレーヤーデビュー | トップページ | 千葉県高校サッカー新人大会 »

2007/01/29

森本がセリエA初ゴール

セリエA・カターニアの森本が、リーグ初出場にして初ゴールを決めたとか。You Tubeでゴールシーンを見てみると、①右サイドからのクロスを相手DFの前に入り込むようにしてトラップ(このトラップが良かった)→寄せてきたDFのプレッシャーをしっかりブロックしながらボールをコントロール→右足でシュート!となかなかお見事なゴールでした。ベンチと一体になって喜びが爆発しているのを見ると、チームにもしっかりと解け込んでいる様子。これでまた、しばらくの間日本のマスコミが騒がしくなりそうです。そして、驚いたのがカターニアの順位。最近めっきり海外のサッカー情報に疎くて、まぁ、スポーツニュースなどでゴールシーンだけは見ることもあるんだけど、セリエAが今シーズンは例のスキャンダルの一件で特殊なケースだとはいえ、まさか4位につけているとは知りませんでした。インテルが抜けてしまっているけど、昇格してきたばかりのチームが、今のところ堂々カップ戦出場圏内です。

一方、ブンデスリーガ・フランクフルトの高原は、シャルケ04戦で今シーズン11ゴール目を決め(リーグでは7ゴール)、1シーズンの日本人最多得点の記録を更新したとか。得点ランキングでも8位につけています。でも、こちらのほうはあまり驚かなくなってきました。もちろんうれしいことではありますが、いちいち海外日本人選手のゴールに騒ぎ立てないように(一時期は、ゴールの”起点となった”だけでもニュースになったりしてましたからね)、それが当たり前とは言わなくても普通のことのようになっていくのは、それだけ日本の選手が海外でフィットしていることでもあり、いいことなのではないかと思います。森本も、1ゴール決めたくらいじゃなんとも思われないくらいに、ゴールが無いと不調だとか言われるくらいに、この先どんどん活躍して欲しいものです。

|

« デジタルオーディオプレーヤーデビュー | トップページ | 千葉県高校サッカー新人大会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/31342/5122169

この記事へのトラックバック一覧です: 森本がセリエA初ゴール:

« デジタルオーディオプレーヤーデビュー | トップページ | 千葉県高校サッカー新人大会 »