« 「ラッキーナンバー7」を観てきた | トップページ | デジタルオーディオプレーヤーデビュー »

2007/01/24

名古屋グランパス '07予想布陣

このオフの移籍シーン、プラス方向ではあまり目立った動きがなかった名古屋。セフ監督は現有勢力でも戦えるという手ごたえがあるのでしょう。ただ、パッと見で気になるのは、やはりCBの枚数が少ないんじゃないかということでしょうか。私なりに新シーズンの布陣を考えてみました。

予想布陣

        楢崎           櫛野

大森 スピラール 増川 本田    (角田、青山、筑城、片山)

  中村   藤田   キム      (吉村、山口、小川本田

  杉本  ヨンセン  玉田      (津田、中村

ケガなどがなければ、一応昨シーズンの終盤の布陣で戦うことが出来るということになります。これは、ある意味ではアドバンテージとも言えそうです。キムのところに山口が入れば、あの浦和戦と同じメンバーになります。本田が一列上がった3-4-3でスタートして、途中でフォーメーションを変更することも出来ます。本田、杉本には更なるバージョンアップ、玉田の復活にも期待したいところですが、個々の能力的な上積みだけではなく、システムを継続することにより連携がどの程度熟成してくるかに注目です。それをなくして昨年以上の成績を残すことはできないでしょう。また、清水の藤本みたいになれとは言わないけれど、青山、筑城、片山、小川吉田あたりのうち何人かは、レギュラーを脅かすような存在になって欲しいです。   

 

今週のサカマガに八千代GK植田選手の記事が載っていました。あの雨の準決勝以来気になっていたのですが、全然元気そうなので安心しました。精神が強いんですね。サッカーは高校で辞めるというようなことも言われていましたが、大学でも続けていくようです。頑張って欲しいです。いつの日か、米倉や山崎と同じピッチに立てたらいいですねー(って彼らもここからが勝負なんですが)。

その八千代は、県の新人戦3回戦で千葉明徳に7-1で勝利した後、準々決勝で習志野に0-4で完敗してしまったようです。先の選手権大会は3年生中心だったので、新チームは厳しいスタートを切らざるを得ないなと思っていたのですが、予想以上の負けっぷりですねー。これからどのくらい巻き返せるのか。夏(インハイの頃)や秋(選手権予選の頃)に、いい知らせが聞けるとうれしいんですけどね。

|

« 「ラッキーナンバー7」を観てきた | トップページ | デジタルオーディオプレーヤーデビュー »

コメント

こんにちは。
どこのチームも07シーズンの布陣や移籍選手なんかの情報が多くなって来ましたね。
アントラーズは監督も変わったし・・・深井が新潟に期限付き移籍だとか、ブラジルから新たに3人移籍するらしいとかは聞いています。
今シーズンはどんなアントラーズが見られるのか楽しみです。今年は10冠に到達出来るかな?

投稿: *aprile | 2007/01/26 14:52

*aprileさん
この時期はいろんな妄想がふくらんでしまい、一番楽しい時期でもありますね。鹿島は清水からマルキーニョスを獲得しましたね。実績はあるので、名古屋にとっては怖い存在になりそうです。

投稿: yamamo8 | 2007/01/27 01:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/31342/5059508

この記事へのトラックバック一覧です: 名古屋グランパス '07予想布陣:

« 「ラッキーナンバー7」を観てきた | トップページ | デジタルオーディオプレーヤーデビュー »