« 寒くなってきました | トップページ | アジア大会 決勝T進出ならず »

2006/12/06

スピラール!ヨンセン!

エルゴラ紙に、Jリーグの今シーズンの個人平均採点が載っていた。なんと、スピラールとヨンセンがポジション別の1位になってる!対象となるのは1530分(17試合に相当)以上出場した選手だ。以下、エルゴラから抜粋。

              平均採点/出場試合数/出場時間

GK①山岸(浦和)     6.083/24試合/2115分

  ②西川(大分)     6.052/29試合/2622分

  ③西部(清水)     6.000/34試合/3060分

DF①スピラール(名古屋)6.214/21試合/1859

  ②闘莉王(浦和)    6.197/33試合/2942分

  ③根本(大分)     6.074/34試合/3049分

MF①中村(川崎)     6.353/34試合/2998分

  ②ポンテ(浦和)    6.250/22試合/1725分

  ③兵働(清水)     6.238/21試合/1811分

  ⑥藤田(名古屋)    6.214/21試合/1684分

FW①ヨンセン(名古屋) 6.382/17試合/1530分

  ②ワシントン(浦和)   6.346/26試合/2282分

  ③播戸(G大阪)    6.292/24試合/1553分

  ⑬杉本(名古屋)    5.855/31試合/2097分

COACH

    ①関塚(川崎)      6.121

   ②ブッフバルト(浦和) 6.074

    ③長谷川(清水)    6.074

    ⑬フェルフォーセン(名古屋) 5.773

スピラールは闘莉王、ヨンセンはワシントンを押さえて堂々1位。ヨンセンは全選手中一番の高ポイント。出場時間が短いとはいえ、なんだか誇らしい気持ちになってくる。この2人が開幕当初から万全だったら・・・(言ってもしょうがないけどね)。FW部門で杉本が13位というのもなかなかのものだと思う。MFが少しウィークポイントだった。藤田が6位だけど、本田、中村、山口、キムといったメンツを考えると、もう少し上位を賑わせてもいい。シーズンを通じての安定したプレーが望まれる。あとはイエローを減らすこと。楢崎が行方不明です。GK部門の15位にもきていない(つまりワースト3ということ?)。出場時間は十分に満たしている。不調といわれている時期もあったけど、そんなに悪かったかな。フェルフォーセン、来シーズンもよろしくお願いします。

masamuneさんのブログで、J1の今シーズンを振り返って、シンプルだけど面白い分析をしている。お正月の箱根駅伝の成績(結果)みたい。浦和の安定感(往路復路完全制覇)と、けっこうすごいのでは?と思っていた名古屋の後半戦の戦績(結果)も、実はそれほど突出したものでもなかったことがわかる。

  

|

« 寒くなってきました | トップページ | アジア大会 決勝T進出ならず »

コメント

コメントありがとうございます。
紹介されるとなんか恥ずかしいですが、ありがとうございます。
ヨンセンとスピラールがトップなのはちょっとすごいですね。。。
今年のベストイレブンにグランパスから誰か選ばれたりして??

投稿: masamune | 2006/12/07 00:38

masamuneさん
マガジンやダイジェストの採点だと、名前出てきていないのは、多分規定の出場時間に足りていないからでしょう。スピラールなんかここ数試合ずっとベスト11でしたけどね。エルゴラのベスト11はモバイル投票の結果も加味されて決まるみたいです。浦和勢が有利かな。
アジア大会、残念ながら負けちゃいましたね。本田圭の右サイドは新鮮でした。彼が持つと、ボールが落ち着きますねー。

投稿: yamamo8 | 2006/12/07 12:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 寒くなってきました | トップページ | アジア大会 決勝T進出ならず »