« オリオン座の見える季節 | トップページ | 渡邊、津田U-21日本代表選出! »

2006/11/09

柏木いいねぇ&FWの思考

ここまでアジアユースを見ていていい選手だなぁ、と思ったのが広島の柏木陽介だ(広島サポにしてみれば遅いよっ、といった感じかもしれないが)。中盤を縦横無尽に動き回り、攻守に素晴らしいプレーを見せている。印象的だったのが、タジキスタン戦の3点目のシーン。自陣右サイドの深い位置で内田がボールを奪う。フォローに寄ってきた柏木とのワンツーで相手を交わすとハーフウェーラインあたりにいた森島に縦パスを入れる。その時柏木はそこから一気に相手陣内、ペナルティエリアまでオーバーラップしていく。その間にボールは森島→梅崎と繋がり梅崎が思い切り良くミドルシュートを放つ。DFに当たったこぼれ球が左サイドにいた伊藤翔へ渡る。その瞬間エリア内でスピードを落としていた柏木は、再び短いダッシュでフリーになると伊藤翔からのパスをワンタッチでシュート。柏木のダイナミックな動き(70~80mは走っただろう)が引き金となった見事なカウンターだった。このように、労を厭わない汗かき的なプレーも出来るし、いわゆる司令塔的なプレーも見せる、FKでもいいボールを蹴れる。ここまでの活躍は見事だと思う。今週発売のサッカーマガジン、ダイジェストを立ち読みしていたら、柏木の写真が大きく載っていた。その表情、特に目つきが、なんとなくアトランタ五輪予選の頃の前園真聖にだぶって見えてきた。

サウジ戦で劇的なゴールを決めた千葉の青木孝太。エルゴラに載っていたインタビューによると、決勝ゴールのシーンでは①柏木がシュートを打つと思いそののこぼれ球を狙っていた②相手GKがニアを切っていたのでファーを狙っていた③DFが足を出してくる時にその股下を通せばシュートがファーに飛んでいくと考えていた、そうだ。①は点取り屋と呼ばれるタイプなら当たり前の予測だろう。これが出来ないと、今年の6月にドイツのニュンベルクで多くの日本人が目にしたようなことが起こってしまう。すごいなと思ったのは、②と③をあの状況で、あの一瞬のうちに考えていたことだ。なんてクールなんでしょう。そして、そのプレーを正確に行える技術も見事。最近は、サイドアタッカー的なプレーを求められていることも多かったらしいけど、やっぱり彼はストライカーなんですねー。

|

« オリオン座の見える季節 | トップページ | 渡邊、津田U-21日本代表選出! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オリオン座の見える季節 | トップページ | 渡邊、津田U-21日本代表選出! »