« アジアユース タジキスタン戦 | トップページ | 「木更津キャッツアイ ワールドシリーズ」を見てきた »

2006/11/04

ナビスコ杯決勝 鹿島-千葉

赤と黄色に染まった国立競技場で行われたナビスコカップ決勝。千葉が見事に連覇を果たした。緊張感を保ちつつ、互いに積極的に攻めあうとてもいい試合だったと思う。前半はやや千葉のペース。後半に入ると、鹿島が怒涛の攻めを見せるもゴールを奪うことが出来ないでいる。千葉は左サイドの狭い局面を細かいパスで打開すると、坂本がサイドを変える。そこにフリーで待っていた水野は、ワントラップしたボールの落ち際を思い切りよくシュート。逆サイドネットを揺らした。この日の水野は絶好調だった。対面のファビオ・サントスとはスピードが違った。ボールを持つと、前へ前へと仕掛けていき、見てて気持ちのいいプレーの連続だった。A3の時にも書いたけど、キックが素晴らしい。大きなサイドチェンジ、クロス・フリーキックの球質、思い切りのいいシュート。文句なしにこのゲームのMVPだった。それでも、ニューヒーロー賞に選ばれたのは川崎の谷口だったように、まだまだ試合によっていい時と悪い時があるようだ。コンスタントに力を発揮できるようになれば日本代表の右サイドになっても文句ないですよ。ハースと交代で入った坂本も良かった。左サイドで基点を作り、ゴール前へのクロスやサイドチェンジでチャンスを演出していた。彼のクロスも、水野同様速くていいところに入ってくる。右足でも左足でも蹴れるところがイイ。ディフェンス面でも持ち味を発揮できるところも頼もしい。顔が、うちのかみさんの弟のつよし君にそっくりなのがDFの中島。なんかフラフラしてて、ちょっと危なっかしいところもそっくりで(つよし君ゴメン)、出てくるとつい注目してしまう。この日も、抜かなくてもいいところでわざわざドリブルしてみたり(キックフェイント付き)、角度のないところから予想外のシュートを打ってみたり、後半35分頃の苦しい時間帯(先制ゴールのひとつ前の時間帯)にもかかわらず見事な(無茶な)オーバーラップを見せたりと、スリル満点のプレーぶりだった。ストヤノフ不在を違った形で見事にカバーしていたと思う。勝っても負けても、いつも泣きべそをかいているイメージが強いキャプテン阿部だが、この日の試合後は終始笑顔だったのが印象的だった。見ててとてもうらやましく感じた。

|

« アジアユース タジキスタン戦 | トップページ | 「木更津キャッツアイ ワールドシリーズ」を見てきた »

コメント

今日の水野君は手がつけられないくらいの調子の良さでしたね。
千葉のメンバーにとってこの優勝というのはすごく自信につながりますから、日本代表にもそれが反映されるとよいですね。

投稿: masamune | 2006/11/04 03:13

masamuneさん
水野もそうですが、千葉は全体的に良かったみたいですね。監督のハーフタイムのコメントも「この調子で行け」みたいなことだったし。鹿島も悪くなかっただけに選手交代が遅れてしまったようです。
やっぱり優勝はいいですね。本当にうらやましかったですよー。

投稿: yamamo8 | 2006/11/04 16:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アジアユース タジキスタン戦 | トップページ | 「木更津キャッツアイ ワールドシリーズ」を見てきた »